« ステラナビゲータ11届いたのですが | トップページ | 吊り橋と黄道光 »

2019年3月26日 (火)

春霞

春霞っていうんですかね、今日はとても透明度が悪い日でした。

Img_2887

まだ太陽は高いのに、まるで夕日のようです。黄砂とかPM2.5とは違うようです。小雨がぱらついていましたので、たぶん寒気が入って湿った空気に覆われていたのでしょう。今日は赤かったですが、たまに真っ白な太陽になることがあります。今日は塵が多かったのかもしれません
おとといの日曜日は雲が多いながらも透明度は良かったです。昨日と今日は晴れ予報だったのですが、こうも透明度が悪けりゃね。

ようやく仕事も落ち着いてきたし、新月期に向かってきているのにこの先は雪すら降る予報。なかなか巡り合わせがよくないです。

ココログは相変わらずだめです。改行ができるようになったとのことでしたが、今度は空きすぎます。以前の記事と同じ<p>タグですが、2回改行している感じ。過去記事を呼び出して保存し直すとなにも変えていないのに広がっちゃいます。なんでこんな簡単なことができないかな。どこかに移転しようかな・・・

|

« ステラナビゲータ11届いたのですが | トップページ | 吊り橋と黄道光 »

気象現象」カテゴリの記事

コメント

ココログ、あまり快適に使えませんね。
画像の挿入もなんだか一手間増えたような感じで便利になったようには思えません。以前アクセス解析がリニューアルした時も、何でこんなに不便にしたんだろうと思いましたが、今回もNiftyさんの思惑が理解できません。

実は利用者を減らしたいという事かもしれませんね。

投稿: tantan | 2019年3月27日 (水) 07時57分

実は私もこの太陽が見えた時間は外に居ました。
残念ながら車内には超広角ズームしか持ってきておらず撮れませんでした。
なるほど!近間の松をフレームに入れる技、頂戴いたします(笑)

昨日のGPVは夕刻以降、真っ黒予報で、月の出まで撮ろうかと思いましたが薄曇り・・・。
新月期に向けて晴れを期待していたのに、なんと、この先暫くイマイチの予報。
なかなか新潟の天気は星を撮らせてくれませんね。

投稿: ecl | 2019年3月27日 (水) 08時18分

tantanさん
いまだに記事を書くたびに新たな不具合が見つかります。
写真を開くと今までは「戻る」ボタンで戻ったのですが、新しいタブで開くようになっています。私はやたら新しいウィンドウやタブを開くのが嫌なのでシンプルな設定にしたのですが、困っちゃいます。
改行問題はかなり困りますね。サポートには改善されたと書いてありましたが、すぐに新たな不具合が見つかりました、と追加されていました。直したつもりで一回もテストしてないんじゃないかと疑りたくなります。
使いやすくてシンプルなレイアウトのブログがあれば引っ越したいです。

投稿: まるひ | 2019年3月27日 (水) 22時54分

eclさん
こういう霞フィルターがかかった太陽っていいですよね。黒点が出ていればおもしろいんですけどね。NDフィルターに換算すると何倍なんでしょう。ND100000相当でしょうか。その割には周りは10万分の1も暗くならないのってなぜか不思議です。
せっかくなんで通りすがりの神社に車を止めて松を入れてみました。狛犬も入れてみましたが構図的に面白くなかったのでボツにしました。
夜はGPVは黒かったですが、雲がなくてもこの透明度じゃ曇り同然なので外にも出ませんでした。夜半過ぎには下弦の月が見えましたが光が力なかったです。

投稿: まるひ | 2019年3月27日 (水) 23時03分

先輩お久し振りです。
お元気ですか?
私はマラソン大会にとりあえずエントリーだけはしておりますが、体重がなかなか減らず成績は下がる一方です。これも年のせいなのかな?と少し諦めかけております。
先輩の天体写真はいつも楽しみにしております。

投稿: うら | 2019年3月27日 (水) 23時47分

うらさん、こんにちは
ご無沙汰しております。
私は変わらず元気です。とうとう年金を貰える歳になってしまいました。でも仕事は相変わらずです。来週人間ドックします。だんだんと引っかかるものが出てきました。まあ、歳だからしょうがないですよね。
マラソンですか。私は足と心臓に自信がないので無理しないことにしています。同級生とか大学の先輩が東京マラソンに出た、なんて話も聞きますが、すごいと思います。
うらさんは私のかわりにマラソン、しっかり頑張ってください。
また時々近況聞かせてください。

投稿: まるひ | 2019年3月28日 (木) 18時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ステラナビゲータ11届いたのですが | トップページ | 吊り橋と黄道光 »