« AZ-GTi導入記~その4~ | トップページ | 銀河祭りはもう始まっている »

2019年2月22日 (金)

ちょっと寄り道

今日は晴れたといえば晴れましたが、星見的にはほぼ曇りと言っていいような天気でした。しかし夕方新潟市北区に用事があったので、あの星景写真の聖地、福島潟に行ってきました。仕事が終わったのが18時半頃、薄明もそろそろ終わりです。昼間はもやで覆われていましたが、結構いいオリオンが見えています。車には冬中は防寒着やらスコップ、長靴と、冬用グッズを常備しています。早速着込んで長靴に履き替えて出撃。う~ん、ちょっと薄雲が多くなってきました。

201902221

超広角でも縦位置にしないとオリオンが入りません。Sequatorでコンポジットしてみましたが、どうも地上部がきれいに止まりません。ブレてしまいます。地上部だけ別にコンポジットして合成しました。

対角魚眼でも撮ってみました。

201902222

やっぱり風景が流れてしまいます。こちらは面倒なのでそのままです。最初のときにもこんなふうになって、あとで処理の間違いに気づいてうまくいったのですが、今回もそれかもしれません。研究してみます。うまくいったら差し替えます。しかしダークは必ず取らないといけませんね。輝点ノイズが尾を引いてしまいます。スタンプツールで消しました。

ここ新潟は来週一週間連続で晴れマークが出ています。まだ2月だというのにそんなことがあったら奇跡です。ありえません。新月期に向かい、星見にはうれしいですが、ちょっと気味悪いくらいです。

2/23


設定が間違っていたことがわかりました。Freeze Groundにチェックを入れませんでした。デフォルトがAccumulationというのがよくわかりません。Freeze Groundをデフォルトにして欲しいです。せっかくなので比較のために両方貼っておきます。

201902224

|

« AZ-GTi導入記~その4~ | トップページ | 銀河祭りはもう始まっている »

星景写真」カテゴリの記事

コメント

昨日は期待した割りに雲が切れませんでした。
オリオン座は日没過ぎに南中ですかね。夜半には西に傾いて、もうすぐ春という感じがします。桜の頃には夕暮れに西の空ですね。

地上に点光源がなければ、PixInsightでも星景写真を星でアライメントしてくれますが、地上に街灯などがあると星と誤認してしまうようで上手く行きません。

Sequatorに興味深々です。

投稿: tantan | 2019年2月23日 (土) 08時27分

星地 福島潟へようこそ!・・・・なんちゃって、私の土地じゃありませんが(^^;
昨夜は用があり、帰り際に上って来たばかりの月と天空に浮かぶオリオンを眺めながら帰って来ました。

福島潟辺りは空と地上部の分離がしやすい風景だと思うのですが、確かにブレていますね。
Sequatorってその時その時の状況によって、結構設定が難しいのかも知れませんね。
私もまだまだ迷走状態で、これから使い込んで行かないと。

来週はかなり晴れ間が広がりそうですね~、ちょうど仕事も暇になって時間もたっぷりあるし・・・・(^^)

投稿: Tom | 2019年2月23日 (土) 08時53分

tantanさんも昨日は撮影されたんですね。
冬はちょっとでも星が出ていれば写したくなる気持ちはわかります。薄雲がちでしたが、それでもオリオンの姿を写せてよかったです。これからどんどん西に傾いていって、もう1か月ちょっとで桜、菜の花星景ですね。
Sequatorはまだあまり使っていませんが、赤道儀を持ち出すほどでもないチョイ撮りで役立ちます。まだ使いこなせていませんが重宝しそうです。

投稿: まるひ | 2019年2月23日 (土) 23時03分

Tomさん
もしかしたらTomさんがいらっしゃるのではないかと思って行ってみましたが、お会いできずに残念。ほかにも撮影している方はいらっしゃらなかったですね。独り占めでした。
北区は1~2か月に1度くらい仕事で来るのですが、晴れそうな日はカメラ積んできます。アポ時間もわざと夕方遅くにします。いつも自宅と職場の往復だけですのでこういう日は楽しみです。またいつか会えるでしょう。
Sequator使いこなせているようですが、結構気難しいのですね。キチンと決まると効果絶大なのでぜひとも使いこなしてみたいです。
明日も快晴のようですし、来週も晴れが多いみたいです。成果期待できそうですね。

投稿: まるひ | 2019年2月23日 (土) 23時11分

さすがです。
晴れを逃さないその姿勢。
私はスキーに行くために早起きなので諦めました。
このくらい薄雲が有った方が、星景としてはアジがあって良いのかもしれませんね。
とても良い雰囲気です。

投稿: ecl | 2019年2月24日 (日) 09時10分

いいですね、福島潟。ぼくはまだ夜の福島潟へ行ったことはないのですが、探せばまだまだこのように絵になるポイントがあるのですね。Sequatorはおそらく通常の天体写真のコンポ用のソフトとしても使えると思います。何よりRAWで使えるし、ダークを引きたいならNoise images、フラット補正をしたいならVignetting imagesで該当するコマを指定すればいいですし、速度が爆速なので(対ステライメージ比)個人的には神ソフトです。人工衛星や飛行機の光跡を消すRemove dinamic noisesのみオンにし、あとはオフにして使うことが多いです、最近は。これだとちょっと眠い仕上がりになりますが、コントラスを付けたり、カブリを補正したい場合はフォトショで調整するようにしています。

投稿: Toshihiko Sato | 2019年2月24日 (日) 11時21分

eclさん
せっかくの福島潟プチ出張で晴れとあれば行かないわけにはいかないでしょう。
雲はないほうがいいに決まっていますが、あってもそれなりにいいものですね。
今日はいい天気ですね。2月とは思えません。月が出るまで短い時間ですが、ただいま撮影中です。

投稿: まるひ | 2019年2月24日 (日) 22時19分

Satoさん
Satoさんが夜の福島潟にいらしたことがないとは、超ビックリです。そういえば暗いところがお好きですから福島型はちょっと明るいかもしれないですね。
なるほど、考えてみればSequatorはそういう使い方できますね。コンポジットも優秀みたいですし、ダークもフラットもできるとあればそのへんのコンポジットソフトよりよさそうですね。ぜひ試してみたいと思います。

投稿: まるひ | 2019年2月24日 (日) 22時27分

別世界のような福島潟ですね。昼間のんびり歩いていて猫柳の銀色の穂に感動したり川鵜の群れに圧倒されたりしてきたのですが、オリオンの美しい夜空の写真に思わず息をのみました。ありがとうございました。

投稿: 松 | 2019年2月25日 (月) 12時02分

松さん
コメントありがとうございます。
この日たまたま用事ができて、ついでに来てみました。松さんもこのあたり散歩されることがあるのですね。もうすぐ菜の花と桜もシーズンです。それと星を一緒に撮るのも楽しみです。
冬はオリオン、夏はサソリですが、まだここからサソリ座は撮ったことがありません。きっと夏に機会があると思います。

投稿: まるひ | 2019年2月25日 (月) 19時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« AZ-GTi導入記~その4~ | トップページ | 銀河祭りはもう始まっている »