« 次の新月は日食 | トップページ | 遠征を振り返る »

2018年12月 9日 (日)

46Pを追いかけて

ウィルタネン彗星(46P)を撮影できました。

miniBorg 60ED+0.85倍レデューサー(約298mm)、Astro 60D(約-24℃)、ISO1600、120秒×1枚、CG-4オートガイド、ガイド鏡ペンシルボーグ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、Rstacker、Photoshop CS6

尾が出ていれば、と思いこの構図にしましたが、残念ながら尾は見えません。

201812081

なぜ、この天気の新潟で?とお思いでしょう。これだけを撮るために県外遠征しました。群馬県沼田市です。彗星はさほど興味のある天体ではないのですが、きれいなものは好きです。この彗星の淡いグリーンが美しく、ぜひとも撮ってみたいと思いました。

初めは水上のあたりと思ったのですが、雲に覆われていて星が見えません。南に下がると晴れていそうな予報ですが、どこで撮影したらいいかわかりません。パソコンでグーグルマップを立ち上げ、探してみます。手っ取り早いのは河川敷でしょう。ちょうど良さそうなところがありました。19時半頃到着。当初は雲が多く北極星も見えませんでしたが、だんだん取れてきました。

70mmカメラレンズで撮影してみました。こんな感じでひっきりなしに雲が飛んできます。

201812082

結局10枚くらい撮ったものの、半分以上は薄雲がかかり使えません。さらにどういうわけか最初の1枚を除いて全部ピンぼけ。彗星基準でコンポジットしてみましたが、全然美しくなく、こちらは非公開です。

場所は片品川にかかる関越道の橋の下です。彗星はここにあります。双眼鏡でもすぐに見つかりました。

201812083

21時前には撤収。わざわざ県外遠征までしてそんな早く切り上げるなんてもったいない、と思うでしょうね。そこが私の私たる所以で、徹夜、半徹夜が苦手。所詮趣味なんで体に無理してまでやらなくても、と思っています。女房も帰りが明け方になる、といったらたぶん出してくれなかったと思います。

久々の長距離ドライブ楽しかったです。行きは長岡あたりはすごい雨でしたが、魚沼からは道路が乾いています。三国超えも積雪ゼロ。帰りも三国は降っていませんでしたが、小出あたりから小千谷まで猛吹雪です。積雪も10センチくらい。でも新雪って案外走りやすく、普通に飛ばして帰ってきました。吹雪だとハイビームが使えません。なので、ナビをちらちら見てカーブになっていないかとか常に確認しながら走ります。なかなか緊張感もあり、楽しいロングドライブでした。

|

« 次の新月は日食 | トップページ | 遠征を振り返る »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

ウィルタネン彗星、青緑色がきれいですね~!
それにしても、ものすごい弾丸速攻の県外遠征にビックリです!!

投稿: ちーすけ | 2018年12月 9日 (日) 16時20分

美しい彗星が撮れましたね。素晴らしいです。
>21時前には撤収
さすがはまるひさん、フットワークが素晴らしい。

投稿: けんちゃ | 2018年12月 9日 (日) 19時03分

46P美しいです。
約300mmでこの大きさだから、ここ最近ではけっこう大彗星の部類に入るのでしょうね。
それにしても、その行動力に感服です。
見習わなくては・・・。

投稿: ecl | 2018年12月 9日 (日) 22時08分

ちーすけさん
彗星が好きというよりはきれいなものが好きです。もっと暗いところだったらさらに透明感のある画像になったんでしょうね。
普段はこんなに無茶はしないのですが、どうしても撮りたくなりました。月と天気の関係でこの日を逃したらもう撮れないと思いました。

投稿: まるひ | 2018年12月 9日 (日) 22時50分

けんちゃさん
せっかく初めての県外遠征なのにピンボケという失態を晒してしまいました。やっぱりけんちゃさんのアドバイスに従い、SDカードでなくパソコンに直接保存して撮影中に確認したほうがいいですね。考えてみます。
フットワークが軽いというか、天気も最高ではなかったし、1枚でも撮れればいいや、と潔く撤収しました。途中雪もすごかったし、早めに切り上げて良かったです。

投稿: まるひ | 2018年12月 9日 (日) 23時00分

eclさん
そういえば4年前のラブジョイ彗星は大きかったですね。彗星撮ったのはあの時以来かも。ラブジョイ彗星は 70mmでも一杯に尾が伸びていましたが、今回は尾が見えていないのでちょっと寂しいです。でもこの透明感のある緑は美しいです。
片道4時間、高速は三国越えのみ使い、大部分は下道の強行軍でした。高速料金高いですからねー。オール高速なら片道2時間くらいでしょうか。でもお金かかるし、やっぱりちょくちょく行けるものでもありません。

投稿: まるひ | 2018年12月 9日 (日) 23時10分

彗星の旬をとらえるにはやっぱり遠征ですか。綺麗な発色で、苦労が報われる一枚ですね。さすがの機動力です。

しし座流星群の時、群馬まで遠征した事がありますが後にも先にもそれ1回きりです。まして雪の三国越えは私には出来そうにないです。

投稿: tantan | 2018年12月10日 (月) 08時37分

tantanさん
最も近づいている時期ですから移動も早いですね。最接近の時は月が大きいですし、天気もわからないし、この日しかないと思いました。たった1枚の写真だけにこんな労力かけて、この趣味のわからない人には理解できないでしょうね。
毎年県外遠征したいと思っていますが、雪の三国越えを考えるといつも躊躇してしまいます。この日は三国は雪がないと踏んでいたので決行しました。降っていたら行かなかったかもしれません。

投稿: まるひ | 2018年12月10日 (月) 22時23分

長岡通過するなら、声かけてください。長岡インターからご一緒出来たかも・・・?
みなさん、ウィルタネン彗星の写真がいっぱいアップされているので、あまのじゃくしな私は、何を撮ろうかな?と思案しています。

投稿: ともぞう | 2018年12月11日 (火) 23時26分

ともぞうさん
急に思い立って、どこに行くかわからない、という無計画さが私流です。
彗星にさほど興味のない私ですが、肉眼彗星となれば撮らずにはいられません。
やっぱり人の写真を見るよりも残念写真でも自分で撮ったものは何倍もいいです。
あまのじゃく、いいですよね。人と同じもの撮ってもつまらないです。私もいつもなにかしら人と違うもの撮ることだけ考えています。

投稿: まるひ | 2018年12月12日 (水) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 次の新月は日食 | トップページ | 遠征を振り返る »