« 日が短くなりました | トップページ | 晴れは続かない »

2018年9月18日 (火)

ライブ中

久しぶりに晴れました。しかし上弦過ぎの月があります。遠征には行けません。物星台で撮れるものだけ撮ってみることにしました。まず火星と月・・・凄いシーイングで撮る気になれません。早々に止めました。火星は遠く、低くなってきたのでもう私のような素人が撮るものでもないです。望遠鏡はそのままに、カメラだけ取り替えてM57を撮ってみました。

201809181

Celestron Edge HD800 20cm(約2000mm)、ASI1600MC-COOL(約-10℃)、GAIN約300、5秒×100枚、EQ6PROノータッチ、若干トリミング

フラットはどうしたものでしょう。簡単にスカイフラットを10枚撮ったのはいいのですが、ディベイヤーしてコンポジットするいい方法がありません。ステライメージに取り込んで一枚ずつRBG変換して自動処理でコンポジットしました。面倒です。一気にやってくれる事ってできないのでしょうか。それからホットピクセルも目立ちますが、ダーク引いた方がいいのでしょうか。ダーク引きながらキャプチャーすることもできるようですが、なんだか面倒みたいです。

今このブログ書きながらリモートの画面でM31のライブスタック見ています。

M31

枚数が重なっていく毎にじわじわと周辺が見えてくるのが面白いです。100枚くらいスタックしたら保存してみます。フラット撮ってちゃんと処理したら結構よくなるのかなあ。

|

« 日が短くなりました | トップページ | 晴れは続かない »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

電子観望は、本当に面白そうですね。ほぼリアルタイムの画像を部屋で見られるのはよいです。私は撮影したファイルを一旦転送して開くような状態なので観望と言う雰囲気にはなりません。
このM31はかなり淡い部分まで写っているように見えますが、出来上がりも楽しみです。

投稿: tantan | 2018年9月19日 (水) 11時37分

ライブスタックで見るのも楽しいですが、ノイズ混じりでも高感度設定でダイレクトに眺めるのもリアル感があって面白いです。まゆ星雲もかすかですが見えました。冬の季節風吹き荒れる天候でも、雲の間から見える星空を家の中から眺められたら楽しいでしょうね。
秋は撮りたい対象がたくさんありますが、なにせ光害地ですから。このシステム持って遠征はちょっと面倒な気がします。

投稿: まるひ | 2018年9月19日 (水) 22時29分

こんばんわ。

最近は電子観望の話題が色々と聞こえてきます。
ライブスタック? 重なるごとにじわじわと見えてくるんですね。
これはおもしろそうですね(^^)

眼視・撮影に加えて、色んな分野があるのは楽しみなことですね。

投稿: とも | 2018年9月19日 (水) 22時49分

ともさん、今晩は
電視観望、流行みたいですね。という割には積極的に他の方の情報を探しに行かないのでさっぱりやり方がわかりません。この方面、まだやっている方が少ないのかもしれません。やるたびにわからないことが出てきます。
逆にやり尽くされた感のある天体写真よりは考えることが多い分、面白いのかもしれません。

投稿: まるひ | 2018年9月19日 (水) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日が短くなりました | トップページ | 晴れは続かない »