« キャンプで星見 | トップページ | はずれの一日 »

2018年8月19日 (日)

上弦の楽しみ

土曜日は日没までは雲が多かったですが、予報ではたぶん晴れるだろうと撮影の準備をしました。予想通り21時頃から雲はなくまりました。上弦の月です。普通なら上弦頃になると撮影時間が遅くなるので遠征はまずしません。しかし自宅撮影なら関係ありません。月があるうちにゆっくり準備。沈むまで月や惑星撮ります。沈む頃には生活光も少なくなり、電車も通らなくなるので星雲撮影ができるようになります。

M27、亜鈴星雲

201808181

Celestron Edge HD800 20cm×0.7倍レデューサー(約1400mm)、Astro 60D(約-10℃)、ISO1600、8分×8枚、EQ6PROオートガイド、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、RStacker、Photoshop CS6で画像処理、若干トリミング

初めてスカイフラットなるものをやってみました。よくわかりませんが、筒先に白いレジ袋をかぶせ、同じ露出で撮影しました。2枚コンポジット。簡単にRStackerでフラット補正しました。効果は絶大です。RAP2より簡単ですし、センサーのゴミもきれいに消えてしまいました。もっと早くからやっておけばよかったです。

NGC7023、アイリス星雲

201808182

データは上と大体同じ

初めて撮りました。さすがに周辺のもくもくはこの程度の枚数では全然だめです。ボツにしようと思いましたが、記念なので載せておきます。まじめに撮るには冷却モノクロカメラかなにかで暗い場所で多数枚撮影しないとだめなんでしょうね。私には難しい対象のようです。

これらは無線LANでリモート撮影です。というか、ローカル撮影だと少しでも移動するとガイド星が外れてしまい、即失敗してしまいます。体重がかかっている間、床がたわんでいるからです。撮影中そこから離れられないのなら自宅撮影の意味がありません。リモート撮影は快適のためではなく必須条件です。

3時頃まで撮っていました。深夜過ぎるとイメージ的には5等星くらいまでは見えている気がします。天頂にM31が来ていましたがかすかに見えていました。ここもまんざらではない空です。

|

« キャンプで星見 | トップページ | はずれの一日 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

M27、見事に解像していますね、市内からの撮影なのに淡いところまで写っています。私も魚沼で撮った10枚ほどと自宅で撮った10枚ほどをスタックして処理していますが、なかなかイメージ通りには出来なくて四苦八苦しています。

投稿: けんちゃ | 2018年8月19日 (日) 23時28分

M27良いですね~。
はやり1000mmを越えると迫力が出てきます。
HD800の直焦点(2000mm)だともっと凄いのでしょうね。
アイリスも暗黒物質に覆われていて、何か怖い感じがして魅力を感じます。
暗~い空で枚数を重ねて炙り出すのも良いですけど、この枚数でも十分楽しめそう。
いつか私もチャレンジしてみます。
夜半過ぎはそこそこの空のようで、物星台、ますます羨ましく感じます。

投稿: ecl | 2018年8月20日 (月) 07時25分

M27、アイリスともに、解像度高くて美しいですね!
換算2000mm越えの長焦点はやはり威力があります。見応えがあります!
また、ご自宅からこれ程の画像を仕上げられる辺り、流石まるひさんですね。

投稿: ちーすけ | 2018年8月20日 (月) 20時08分

M27 良いですね~、惑星状星雲は大好きです。
これは試写のみで、本格的に撮っていないので次は頑張るつもりです。
俺もフラット撮影はスカイフラットばかりです。

投稿: njp | 2018年8月20日 (月) 21時13分

けんちゃさん
ありがとうございます。
実はM27はそれほど強調処理していません。普通にホワイトバランス取っただけでこの色が出てきました。今までも何度か撮りましたがこんなにきれいに色がついたのは初めてです。透明度とか重要なんですかね。
けんちゃさんもM27処理中ですか。ご謙遜されていますが、たぶんこれよりずっと素晴らしい画を出されるんでしょうね。楽しみにしています。

投稿: まるひ | 2018年8月20日 (月) 22時08分

eclさん
ありがとうございます。
意外と小さかったです。2000mmで撮るべきだったかもしれません。今回は明るさとガイド歩留まりを優先させてレデューサーをつけてみました。次は2000mmで撮ってみます。
アイリスはいままでどこにあるかすらわからず、物星台から撮りやすい位置にあるという理由だけで撮ってみました。結構構造が複雑で面白いですね。DSLRでも明るいレンズで短焦点ならもくもくも写るようです。次に遠征したらぜひ狙ってみたいです。それと物星台でも中心部の構造をじっくり撮ってみます。

投稿: まるひ | 2018年8月20日 (月) 22時19分

ちーすけさん
ありがとうございます。
自宅の光害地でも対象を選べばいろいろ楽しめます。アイリスは初めてでしたし。お試しなのでちょっと残念なできでしたが、次はきっちり撮りたいです。私にしては珍しく好きなフォルムの天体です。北にあるということも物星台からの撮影に重要なファクターなんですよね。カシオペア、ケフェウスのあたりは面白そうな対象がたくさんあるのでこの秋は楽しみです。

投稿: まるひ | 2018年8月20日 (月) 22時31分

njpさん
ありがとうございます。
この日はオフアキガイドもバッチリ決まりました。どちらも天の川に近いせいか、ガイド星を探すにも苦労しませんでした。
HD800に惑星状星雲は向いていますね。色も形も様々で撮っていて楽しいです。
今までスカイフラットは明け方の薄明の空で撮るものだと思っていて、私には無理だなーと思ってきました。夜のうちに撮ってもいいんですね。正式にはもっとちゃんとした撮り方があるのでしょうがゆっくり調べてみます。とりあえずは次回もこの方法でフラットやってみます。

投稿: まるひ | 2018年8月20日 (月) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キャンプで星見 | トップページ | はずれの一日 »