« はずれの一日 | トップページ | 史上最高 »

2018年8月22日 (水)

もうすぐ星まつり

24日から胎内星まつりが始まります。今年もたくさんの天文ファンが訪れるのでしょう。今回は満月期ですが、メジャー惑星が3つもあるので一般向けの観望にはちょうどいいでしょうね。ただちょっと台風が心配です。私も行きますが、今年はテント泊をどうしようかと悩んでいます。近年屋台の食べ物が充実しているので、それに釣られて女房や子供も行ってみたいと言っています。そうなった場合は日帰りでしょう。私は生ビール片手にブースを回るのが好きなので、そのために泊まるようなものです。今年は運転手がいるので日帰りでもそれは大丈夫なのですが。

この夏はなんだかんだと言いながら、去年の全く晴れなかったことを思えば星見は充実していました。ペルセウス座流星群やキャンプの時の写真がまだあったので載せておきます。

天蓋高原にて

201808133

ペルセウス座流星群を見て帰る間際に、西に傾く大三角形です。薄雲が多くカブリ気味でしたが、画像処理で少し軽減しています。それでもここの暗さがよくわかると思います。この角度の三角形は秋を感じます。

キャンプ場で

201808144

このあたりからの南はいつも黄色い灯りがあります。あっちはさして大きな都市はないのですが、どこの光なんでしょう。大湯温泉?

このところ日中はよく晴れます。しばらく火星を撮っていません。帰ると一応温度順応のためにHD800を外に出すのですが、どうもシーイングが悪そうで撮る気になれず止めてしまいます。市内の惑星撮影されているかたの記事を見てもやっぱり悪いとのこと。台風が過ぎるまでは休みます。来週になると大シルチスもこっちを向いてきます。

|

« はずれの一日 | トップページ | 史上最高 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

物星台も手伝って、充実した夏の星見ライフですね。
天蓋高原の西の空は、結構暗そう。
こちらからだと、どうしても南~西が明るいので、とても魅力的です。
遠いですけれど、いつか行ってみたいです。

胎内星祭、始まりますね。
今年はお会いすることになるのでしょうか?
それとも、またまたニアミスで終わってしまうのでしょうか?
楽しみです。

投稿: ecl | 2018年8月23日 (木) 08時40分

去年のことを思うと今年は晴天率いいと思います。去年はもう星空なんて二度とお目にかかれないのかも、とか思うほどでしたから。
天蓋高原は実はあまり行きません。距離的には樽口峠とほぼ同じなので、暗さを考えるとそっちに行ってしまいます。でも西から北の空はこっちもなかなかいいです。ここも案外南は村上の灯りが大きいです。
星まつり、土曜の夜は雨マーク付いてしまいましたね。家族と行くとブースをゆっくり見れないので、金曜日に先に一人で行ってみようかな、とも考えています。
お会いできたらいいのですが、お顔を存じません。参加者はハンドルネームを書いた名札を付ける、とかいう決まりを作ったら結構たくさんのかたと知り合えるかもしれませんね。

投稿: まるひ | 2018年8月23日 (木) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はずれの一日 | トップページ | 史上最高 »