« 物星台の天の川 | トップページ | 夏の惑星状星雲まつり・・・ »

2018年8月 9日 (木)

これもグリーンフラッシュ?

このところ透明度の良い日が続いています。今日も最高レベルの透明度。雲は多めですが、水平線当たりは雲がありません。佐渡を避けて海に沈む場所まで移動したかったのですが、こんな日に限りいつもヒマな私なのに18時過ぎまで仕事で捕まっていました。南も北も佐渡に沈まない所までは1時間くらいかかります。無理。しかしグリーンフラッシュは必ずしも太陽が海に沈む時でなくても見える、と言う記事を読んだ事があるので、ものは試しと見てみることにしました。場所は四ツ郷屋浜。10分くらいで着きます。佐渡に沈むまで5分前でした。そそくさと機材を出し撮影。

Img_9373

透明度が高い上に佐渡の分だけ高度があるので太陽が減光しません。ISO100で1/8000秒でも露出オーバーです。縁が既に緑色になっています。

Img_9374

沈む寸前です。クリアなグリーンの光です。もう0.5秒くらいシャッターを早く切ればよかったかも。これもグリーンフラッシュと読んでいいのでしょうかね。

たぶん海に沈む所だったらもっと素晴らしい光景が見れたのではないかと思います。それならば紛れもなく初グリーンフラッシュ認定だったでしょう。水平線を見ると北は雲がありますし、南もやや微妙。案外そっちまでいかなくても今日はここで良かったのかもしれません。この透明度が続くならば今度こそは水平線に輝くグリーンフラッシュを見てみたいです。

|

« 物星台の天の川 | トップページ | 夏の惑星状星雲まつり・・・ »

グリーンフラッシュ」カテゴリの記事

コメント

こちらでも見られましたか。2枚目の写真のグリーン、光が生きていますね。素晴らしいGFだと思います。山の稜線にせよ海の水平線にせよ、空と海とを分かつ線上に太陽が没する時、その上端がグリーンのまま沈んでいけばGFと呼んで差し支えないのではないでしょうか。これがぼくのGFの定義です。
昨年からGFを撮る時は、ぼくはライブビューモードで撮るようにしています。その方が露出の失敗が少ないので。GFが現れるような時は、ISO100、1/8000秒、そして3段分の露出補正をマイナス側にかけています。それだけ太陽がまぶしいということです。露出補正かけずに適正露出となるような時は、透明度がイマイチなのです、きっと。
今週土曜日あたり、夕方から良い天気に恵まれそうですね。流星群も撮り頃ですし、忙しい週末となりそうです。

投稿: Toshihiko Sato | 2018年8月10日 (金) 00時27分

補足です。絞りはF10-F14あたりを多用しています。
今日は夕方、加治川の河口にいました。珍しくスズキをルアーで狙っていました。佐渡の右端から粟島までは水平線上の低い所に雲がなかったので、8日よりもむしろいい条件だったのですが、カメラは持ってきていなかったのでそのまま釣りを続行しました。釣りをしている場所からは夕日が見えなかったのですが、やっぱり現れましたか。
ちなみに、釣果はボウズでした。ちょっと悔しい・・・

投稿: Toshihiko Sato | 2018年8月10日 (金) 00時51分

これは間違いなくグリーンフラッシュでしょう。
きのうは日没前に夕日がさして透明度もよかったので西の海岸ではグリーンフラッシュがみられたのではないかと思っていました。さすがまるひさんです。
佐渡の山影の上でも見えるというのは凄いです。
ここ2、3日フェーンが吹いて空気が乾燥し透明度の良い空が続きました。8、9日は亀田からも越後三山や巻機山がよく見えました。もちろん観測でも微光星がよく見えました。
只、台風が東に遠ざかっているので。風が西よりになって、透明度も落ちるかなー。

投稿: skame | 2018年8月10日 (金) 09時00分

Satoさん
Satoさんの写真は前日でしたね。8日もかなり良さそうに思えましたが見えなかったのですね。ちょっと仕事の都合で出れなかったのですが、こっちではどうだったか見たかったです。
グリーンフラッシュ認定、ありがとうございます。これを私の初グリーンフラッシュとしたいと思います。
いつもは露出を控えめにして、減光が思ったより大きく露出アンダーになることが多いのですが、今回のは最後まで減光しませんでした。それだけ大気も澄んでいて、低空の薄雲もなかったのだと思います。滅多にないチャンスでした。
私はminiBORG 45EDに1.4倍テレコンバータ+2倍テレプラスを常用にしています。焦点距離840mm、F18でしょうか。NDフィルターも持ち歩いていますが、使ったことはないです。
この日は釣りでしたか。Satoさんでもカメラを持たないことがあるのですね。
ペルセウス座流星群は天気ならばどこか暗いところに行こうと思っています。新月ですし、晴れて欲しいですね。

投稿: まるひ | 2018年8月10日 (金) 22時39分

skameさん
追加で認定していただきありがとうございます。紛れもないグリーンフラッシュと確信します。
今までもそれらしいものを見たことがありましたが、これほど鮮やかなのは初めてです。やっぱり透明度なんですね。ライブビューで眼視はできませんでしたが、次はこの目で見てみたいです。
この間まで霞んだ空ばかりで、永遠に透明度の高い空なんて現れないかと思いましたが、ようやくお目にかかれてほっとしています。こんな日は案外光害地の自宅でも暗い星まで見えます。最近機材が大きくなってきて遠征も大変になってきました。これからは自宅で狙える対象も探して行きたいと思っています。

投稿: まるひ | 2018年8月10日 (金) 22時52分

とっても綺麗です!!。
海に沈もうが山に沈もうが、紛れもなくグリーンフラッシュ!。
昔の、仏映画2004年「スパイ・バウンド」の中でグリーンフラッシュが写っていて驚いたことが有りました。
女優のモニカ・ベルッチさんが日没間際の海で泳いでいるシーンです。

投稿: njp | 2018年8月11日 (土) 17時48分

njpさん
さらに追加認定ありがとうございます。
追い続けて5年目、ようやく見ることができました。次は海に沈むところで見てみたいです。
映画のそんなシーンもあるんですね。それを見逃さないのが鋭いです。そういう風に観ると映画もまた違った楽しみがありますね。

投稿: まるひ | 2018年8月12日 (日) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 物星台の天の川 | トップページ | 夏の惑星状星雲まつり・・・ »