« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月26日 (日)

星まつりに行ってきました2018

今年も胎内星まつりに行ってきました。例年は土曜日に行きますが、どうも天気が怪しい。念のため初日の金曜日24日の夕方に行ってみました。仕事を終えてビジネス姿ですが、17時に中央区を出て、18時半頃に着きました。

到着頃はきれいな夕焼け。

Img_2617

ただ、火星や木星とか観望対象の惑星は雲にかかっていて見えません。金星はよくみえていましたのでみんな金星にレンズを向けていましたが、今の金星見てもねー。

タカハシブースの前です。

Img_2621

TOA130がありました。でかいです。150ってどんだけでかいのでしょう。

おぼろ月も顔を覗かせていました。

Img_2627

展示製品はというと、今回はハーモニックドライブの赤道儀が目を引きました。でもお高いんでしょうね。Sky Watcher EQM-35 Proを初めて見ました。丈夫そう。CG-4から買い換えたいですが、ちょっと我慢します。

これはなかなか面白そう。

Img_2626

Sky Watcher AZ-GTi 経緯台でありながらスマホでいろいろな対象を自動導入できます。Webで見たときは小さそうでしたが、案外大きく丈夫そうです。観望用でしょうがこれは便利ですね。将来歳取って機材整理をしたときでも最後まで取っておきたいアイテムです。まあ、買うかどうかわからないんですけどね。

初日なのであまり商品を出していないブースもありましたが、あるお店で、これは!というものを見つけたので思い切って衝動買いしてしまいました。興奮冷めやらぬ間にこの日は19時半頃に会場を後にしました。

翌日は子供と一緒に午後からもう一度出かけました、女房は気乗りしないようで付いてきませんでした。

いつもテントを張るエリアです。

Img_0767

毎年思うのですが、縄張りが決まっているかのごとくきれいに空いています。今年は車は多いにかかわらず、テントは少ないように感じます。しかし、いつもは青々としている芝生も枯れて見る影ありません。今年の夏は厳しかったですからね。会場は1時間も居なかったと思います。途中雨が降り出しました。楽しみにしていたオークションも始める様子がありません。帰ろうと思ったらブースに一番星さんの姿を見かけました。来年のカレンダーを既に販売中。早速買わせていただきました。しばしお話をして会場を後にしました。今26日の0時過ぎたところですが、会場あたりの天気はどうなのでしょう。先ほどあのあたりで大雨警報が発令されたそうです。星まつり開催中ににわか雨は良くありますが、一晩中降り続けるというのはあまりなかった気がします。ちょっと心配ですね。

さて、今回の戦利品ですが・・・

Img_0765

冷却カメラ、ASI1600MC-COOL(中古)でした。

急に冷却カメラが欲しくなり、来る当日にネットでいろいろ調べたところでした。万が一にでも1/2インチくらいのサイズでいい中古でもあれば、と思っていましたが、そんなうまい話はないだろうと全く期待していませんでした。しかし、ほんまかさんのところでまさかのフォーサーズの冷却カメラが!値段も手が届くくらい。30秒も考えずに衝動買いしてしまいました。もう数時間遅かったらたぶんなかったと思います。やっぱり初日に行くものですね。まあしかし、私には過ぎた機材ではないかと、ちょっと不安でもあります。使いこなせるのか。これは主に自宅の物星台での撮影と電視観望に使おうと思います。遠征に持って行くかはその後考えます。

今年の星まつりでの戦利品はこれのみ。予算を大幅にオーバーしたのであとは何も買いませんでした。数年に一度大きな買い物をします。まあ、リアルショップに行く機会がほとんどないのでそれが楽しみでもあるのですが。

| | コメント (14)

2018年8月23日 (木)

史上最高

今日は暑かったー。それもそのはず、新潟は観測史上最高の気温を記録したそうです。胎内市で40.8度。40度越えは北陸地方全体でも初とか。私のところの新潟市でもそれに近いくらいはいったはずです。職場はエアコンガンガン使っているので感じませんでしたが、14時頃出かけたときは風が熱風状態でした。日が沈んでも30度切りません。

Img_9577

暑そうな画像を載せようと思いましたが、夕方は曇ってしまいました。でも暑かったことには違いありません。

| | コメント (4)

2018年8月22日 (水)

もうすぐ星まつり

24日から胎内星まつりが始まります。今年もたくさんの天文ファンが訪れるのでしょう。今回は満月期ですが、メジャー惑星が3つもあるので一般向けの観望にはちょうどいいでしょうね。ただちょっと台風が心配です。私も行きますが、今年はテント泊をどうしようかと悩んでいます。近年屋台の食べ物が充実しているので、それに釣られて女房や子供も行ってみたいと言っています。そうなった場合は日帰りでしょう。私は生ビール片手にブースを回るのが好きなので、そのために泊まるようなものです。今年は運転手がいるので日帰りでもそれは大丈夫なのですが。

この夏はなんだかんだと言いながら、去年の全く晴れなかったことを思えば星見は充実していました。ペルセウス座流星群やキャンプの時の写真がまだあったので載せておきます。

天蓋高原にて

201808133

ペルセウス座流星群を見て帰る間際に、西に傾く大三角形です。薄雲が多くカブリ気味でしたが、画像処理で少し軽減しています。それでもここの暗さがよくわかると思います。この角度の三角形は秋を感じます。

キャンプ場で

201808144

このあたりからの南はいつも黄色い灯りがあります。あっちはさして大きな都市はないのですが、どこの光なんでしょう。大湯温泉?

このところ日中はよく晴れます。しばらく火星を撮っていません。帰ると一応温度順応のためにHD800を外に出すのですが、どうもシーイングが悪そうで撮る気になれず止めてしまいます。市内の惑星撮影されているかたの記事を見てもやっぱり悪いとのこと。台風が過ぎるまでは休みます。来週になると大シルチスもこっちを向いてきます。

| | コメント (2)

2018年8月21日 (火)

はずれの一日

夏バテかも。元気が出ません。いくら寝ても寝たりない感じです。朝は暑くても明るくてもいつまでも寝ていられます。仕事中にちょっとうたた寝したつもりがいつの間にか30分も寝ていました。だるいしテンション上がりません。なにかちょっと刺激が欲しいと、夕方天気が良かったので海のほうに行ってみました。今の時期は大河津分水の右岸で佐渡と海の境目に沈みます。しかしあのあたり、海に行くどの道も通行禁止になっています。「農道につき地権者以外通行禁止」とか。そんなのありでしょうか。農道といえど私道でない限り天下の公道です。誰が通行してもいいはず。農耕車優先という看板はよく見ますし、理解もできます。一般人はあのあたりの海に行くことが全くできません。ひどいです。法律には詳しくありませんが、こんなのって許されるんですかね。仕方ないので野積海水浴場の駐車場に駐めました。しかしだいぶ北に上がるので佐渡の陸地に沈んでしまいます。さらに残念なことに低空に雲があり夕日は拝めませんでした。

Img_9560

でも空はほぼ快晴なので取り忘れていた上堰潟のひまわり畑で星景でも、と行ってみました。連日メディアで報道されていましたが、先週が見頃で18日くらいまでは見られると言っていました。しかし行ってみたらほぼ終わっています。たった2~3日遅いくらい、と思ったのが甘かったです。ひまわりってはかないんですね。

Img_9561

去年まではいくつかのブロックで咲き時を調整して9月頃まで見られたのですが、今年は全部一緒のようです。それに中央のハートマークもいらん。インスタ映え狙ったんでしょうけど趣味悪いと思います。ここも有名観光地になったものですね。来年はもう来ないかも。

星はあまり瞬いていない様子なので火星でも撮影しようかなと家に帰って温度順応のために望遠鏡を外に出しました。しかし22時頃出てみると風も強いし、瞬きも盛んになってきたようです。機材の準備も面倒くさく中止しました。今日はすべてがはずれの日でした。ゆっくり休め、という天の思し召しということなのでしょう。

| | コメント (0)

2018年8月19日 (日)

上弦の楽しみ

土曜日は日没までは雲が多かったですが、予報ではたぶん晴れるだろうと撮影の準備をしました。予想通り21時頃から雲はなくまりました。上弦の月です。普通なら上弦頃になると撮影時間が遅くなるので遠征はまずしません。しかし自宅撮影なら関係ありません。月があるうちにゆっくり準備。沈むまで月や惑星撮ります。沈む頃には生活光も少なくなり、電車も通らなくなるので星雲撮影ができるようになります。

M27、亜鈴星雲

201808181

Celestron Edge HD800 20cm×0.7倍レデューサー(約1400mm)、Astro 60D(約-10℃)、ISO1600、8分×8枚、EQ6PROオートガイド、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、RStacker、Photoshop CS6で画像処理、若干トリミング

初めてスカイフラットなるものをやってみました。よくわかりませんが、筒先に白いレジ袋をかぶせ、同じ露出で撮影しました。2枚コンポジット。簡単にRStackerでフラット補正しました。効果は絶大です。RAP2より簡単ですし、センサーのゴミもきれいに消えてしまいました。もっと早くからやっておけばよかったです。

NGC7023、アイリス星雲

201808182

データは上と大体同じ

初めて撮りました。さすがに周辺のもくもくはこの程度の枚数では全然だめです。ボツにしようと思いましたが、記念なので載せておきます。まじめに撮るには冷却モノクロカメラかなにかで暗い場所で多数枚撮影しないとだめなんでしょうね。私には難しい対象のようです。

これらは無線LANでリモート撮影です。というか、ローカル撮影だと少しでも移動するとガイド星が外れてしまい、即失敗してしまいます。体重がかかっている間、床がたわんでいるからです。撮影中そこから離れられないのなら自宅撮影の意味がありません。リモート撮影は快適のためではなく必須条件です。

3時頃まで撮っていました。深夜過ぎるとイメージ的には5等星くらいまでは見えている気がします。天頂にM31が来ていましたがかすかに見えていました。ここもまんざらではない空です。

| | コメント (8)

2018年8月16日 (木)

キャンプで星見

お盆休みにキャンプに行ってきました。行き先は魚沼市の越後ハーブ香園。暗くて星がとてもよく見えるところです。3年前にも来てみました。その時はベタ曇りで全く見えませんでした。翌年は満月期なのでパス。去年は上弦の月だったので予約はしたのですが、前日に女房がぎっくり腰になりやむなくキャンセル。今年は三日月で絶好。晴れ傾向が続いていたので期待していました。しかし天気予報は曇り。だめかなあ、と思いましたが、このところ予報がいいほうに外れます。行ってみると薄雲がありますが星見には十分な空です。

夕方は入道雲がありました。南の視界が開けて星見キャンプには絶好のスポットです。

Img_2607

日が沈んでまもなく、天の川が見え始めました。遠雷がいい演出しています。光の線は飛行機です。

201808141

この後一旦雲に覆われてしまいますが、再び雲が晴れてさらにいい空に。夏から秋への天の川です。

201808143

肉眼ではあまりわからない薄雲が頻繁に流れていたみたいです。若干カブリ気味ですが空の暗さがよくわかると思います。家族みんなに星空解説しました。念願だった、家族に本当の天の川を見せることができ、満足です。長男が結構詳しいのに驚き。隠れ星好きだったみたいです。夏の大三角形はどれ、という話になりましたが、星が多いと一等星の区別が付きにくいと言われるのは本当でした。アルタイルとかデネブの場所を教えるのに苦労しました。

お酒飲むのもそこそこに、電視観望しようとしましたが、レンズのチョイスを間違えました。300mmだとASI290MCで1300mm相当になるので手動だと導入できません。結局M31だけしか見せることができませんでした。250万光年先の光だと説明してもどうもピンとこないようです。

ペルセウス座流星群は頻繁に飛んでいました。割と明るいのも飛んでいて、子供たちもいくつかは見たようです。

天頂付近にカメラを向けて放置していたら大きいのが入りました。

201808142

自分史上では一番よく写った流星です。

予報に反して最高の星空キャンプでした。明け方起きたら真夏のオリオンも上ってきました。機材を片付けてしまったので写真省略です。キャンプ場の管理人さんも、夕べは良く星が見えましたね、と言っていたので、こんないい空は案外少ないのかもしれません。今日は一転して豪雨。一日ずれていたら大変でした。天文現象は一日ずれて惜しかったことが多いですが、今回はずれたのが功を奏しました。また来てみたいですが、これからは子供たちも自分の生活を築き上げていくと思うのでこれが最後かもしれません。老夫婦二人というのもいいかも。来てくれるかですが・・・

| | コメント (10)

2018年8月13日 (月)

流星を観に北へ

ペルセウス座流星群は新潟市では微妙な天気。予報も芳しくありません。天気が良かろうが悪かろうがこの日は遠征すると決めていました。見えればラッキー、見えなくてもいいや、とイベントに参加する気分です。思えばペルセウス座流星群は8月13日明け方、お盆の日です。子供の頃からお盆は前日に親の実家に泊まることが恒例になっていましたから、見ることができません。大人になってからでも朝早い墓参りとか、いろいろ現世の事情で諦めていました。しかし、ここ数年はそういう決まった習慣もだんだん無くなっていき、割と12日深夜でも出かけられるようになりました。今回は新月と重なった絶好の観望日より。どうせ見るなら暗い所と決めていました。場所ですが、やっぱり北が開けてそっちの光害がないところ。そうなると県北のあそこしかありません。天蓋高原。天気予報でも北ほどいい感じ。ネットのウェザーサービスでもぎりぎりバッチリ見えるの境界です。22時に新潟を出ました。雲間から少し星が見えますが、流星観望には向きそうにありません。村上あたりで星はやや多くなりましたが、薄雲がちな感じです。しかし天蓋高原まで上がると若干の薄雲があるながらもほぼ快晴。広場には数台車が停まっていましたが、私はここでは見ません。この先の圃場の農道です。ここからだと北は開放感があり、低空まで360度視界はバッチリ。素晴らしい天の川です。準備の間でもいくつも飛んでいるのが見えました。

30秒固定撮影で放置してみました。

201808132

0時30分頃。2個飛んでいるの写りました。

数は飛びますが、なかなか写真に写る大物は飛びません。180枚撮って5コマくらいしかはっきり写っているものがありませんでした。

2分露光でガイド撮影もしてみました。

201808131

1時40分頃。椅子に座っていてのんびり眺めていたら大きいのが飛びました。

2時頃撤収。天頂の天の川は大変濃く、久しぶりの星空を堪能できました。流星は大きなものはあまり飛びませんでしたが、小さいものならそこそこ飛んで楽しめました。ちょっとした大人の一人夏休みです。

| | コメント (6)

2018年8月12日 (日)

夏の惑星状星雲まつり・・・

昨夜は日没直後には雲に覆われてしまいましたが、23時頃には快晴になりました。物星台から狙える明るい星雲星団でも撮ろうと準備していたのですが、なんと、セッティング途中でガイドカメラを忘れたことに気が付きました。せっかくの良い空なのに何も撮らないのももったいない。ガイドなしで撮れる明るい惑星状星雲に的を絞りました。

キャツアイ星雲

201808111

HD800+0.7倍レデューサー、ASI290MC、5秒露出で 約100枚をコンポジット、少しトリミング

SharpCap使いましたが、カラーバランスを間違え、色が緑になりました。Photoshopで無理やり青に調整しました。APS-C相当で約 6000mmだと思います。AutoStakkertを使ってコンポジットしましたが、惑星の設定でうまく行きます。Registaxも使ってみましたが、小さすぎてむしろ使わないほうがよさそうです。

こちらは青い雪だるま星雲

201808112

少し大きいので見栄えがします。ビニングはかけていません。かけると小さくなりますし、惑星状星雲は小さくても明るいので小型のものにかかけないほうがよさそうです。

こちらはM57

201808113

大きさは十分なのですが、面積あたりの光度が暗いので感度を上げています。そうするとノイズが多くなります。ステライメージでホットピクセル除去し、ステライメージでコンポジットしましたが、色がなくなっています。SharpCapはある露出時間より長くなると自動的に動画ではなく静止画で保存されます。その時のファイル形式がpngなのですが、どんなグラフィックソフトで開いても色がなくなってしまいます。唯一Autostakkertだと色が付きます。なぜでしょう。いろいろと研究しなければならないことがたくさんあります。

これ以外にもあれい星雲、土星状星雲。まばたき星雲など撮りましたが、ちょっとうまく処理できなかったのでボツです。夏の惑星状星雲まつりと呼ぶにはちょっとさみしいバリエーションです。しかしなかなか楽しめますのでまたいろいろ撮ってみたいと思います。

| | コメント (4)

2018年8月 9日 (木)

これもグリーンフラッシュ?

このところ透明度の良い日が続いています。今日も最高レベルの透明度。雲は多めですが、水平線当たりは雲がありません。佐渡を避けて海に沈む場所まで移動したかったのですが、こんな日に限りいつもヒマな私なのに18時過ぎまで仕事で捕まっていました。南も北も佐渡に沈まない所までは1時間くらいかかります。無理。しかしグリーンフラッシュは必ずしも太陽が海に沈む時でなくても見える、と言う記事を読んだ事があるので、ものは試しと見てみることにしました。場所は四ツ郷屋浜。10分くらいで着きます。佐渡に沈むまで5分前でした。そそくさと機材を出し撮影。

Img_9373

透明度が高い上に佐渡の分だけ高度があるので太陽が減光しません。ISO100で1/8000秒でも露出オーバーです。縁が既に緑色になっています。

Img_9374

沈む寸前です。クリアなグリーンの光です。もう0.5秒くらいシャッターを早く切ればよかったかも。これもグリーンフラッシュと読んでいいのでしょうかね。

たぶん海に沈む所だったらもっと素晴らしい光景が見れたのではないかと思います。それならば紛れもなく初グリーンフラッシュ認定だったでしょう。水平線を見ると北は雲がありますし、南もやや微妙。案外そっちまでいかなくても今日はここで良かったのかもしれません。この透明度が続くならば今度こそは水平線に輝くグリーンフラッシュを見てみたいです。

| | コメント (7)

2018年8月 7日 (火)

物星台の天の川

夕方までどん曇りで、全然晴れる感じがしませんでしたが、23時頃空を見ると快晴です。予報とGPVではちょっと晴れ間が出そうではありましたが、ここまでよく晴れるとか思いませんでした。透明度も最良です。ただ、風が強いのでシーイングは悪そうです。こんなんならプチ遠征でもするか、物星台から明るい星雲でも直焦点撮影すればよかったなあ、とちょっと残念でした。光害地ですがおぼろげに天頂付近の天の川が見えます。ケフェウス座あたりのも見えます。どれくらい写るのか試したくなりました。しかし今日に限ってデジ一ありません。コンパクトデジカメで撮ってみました。

20180807

Canon PowerShot G7X、マニュアルモード、20秒、F2.0、ISO1600、2枚コンポジット

さすがに画質はいまいちですが、光害地にもかかわらず、これだけ写ってくれました。広角での星野写真は望むべくもありませんが、画角の狭い直焦点撮影なら結構いろいろ撮れそうな気がします。最近なかなか遠征が億劫になってきました。帰る時間を気にすることもありませんし、案外撮影の範囲が広がりそうな感じです。光害カットフィルターに指がかかりかけています。

| | コメント (2)

2018年8月 6日 (月)

まるひ家夏休み

8月3~5日にかけて我が家では早々と夏休みを楽しんできました。

3日は長岡花火。去年までは有料枡席を取りましたが、今年は取らず、適当に歩いてどこかに座って観ようということになりました。市の施設の駐車場でみんな見物していたので、うちもその一角に。結構これがいいところ、メインの打ち上げ場所からは若干距離がありますが、三尺玉は目の前で上がります。大迫力。枡席みたいに狭苦しくないし、写真も自由に三脚立てて撮れます。なかなか楽しめました。

Img_2565

Img_2573_2

Img_2586

この日は息子のアパートに雑魚寝。翌日は上越市へ。高田公園で「上越オクトーバーフェスト2018 in 蓮まつり」というのをやっていました。多彩なドイツビールが楽しめるというイベント。ブースはいろいろあるので、入り口でいきなり注文するのではなく、まずは一回りして全部のお店を観てから注文するのが賢い飲み方。ちょうど新潟のご当地アイドルNegiccoがライブやっていましたので観ながらビールを楽しみました。

上越では娘のアパートでやっぱり雑魚寝。昼はあまりの暑さでバテてしまいました。娘のアパートでの宴会のほうが楽しかったかも。翌日はプチドライブ。津南方面へ。ひまわり広場と龍ヶ窪の池へ行ってきました。ひまわり広場も超暑い。早々に出て龍ヶ窪へ。この水不足だというのに満々の水をたたえています。なんでもどんな日照りにも枯れたことがないとか。

201808035

この後長岡まで行き、江口だんごという美味しい和菓子屋さんでお茶して、息子と娘はそれぞれのアパートに戻り、我々も新潟に帰りました。まるひ家の夏休み前半はこれで終わり。後半もあるかもです。

| | コメント (4)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »