« 好機を逃す | トップページ | このところの日課 »

2018年7月19日 (木)

とりあえずほっと

連日晴れています。しかし透明度は悪いです。なんでも大陸の高気圧が上からフタをかぶせている状態で熱が逃げないのだとか。そう言われれば空気が入れ替わらないので透明度が悪いのも納得できます。じゃ、シーイングはいいのかと思いきや、それはあまり良くない。その辺のしくみはよくわかりません。

雨が降る気配がないので、物星台にEQ6PROを出しっ放しです。まあ、三脚と架台以外は一応しまいますし、架台にもビニールをかぶせていますが。それでもいちいち設置して極軸合わせすることを考えるとずいぶん楽です。屋外といえどもうちの中と同じ感覚ですので落ち着いて撮影に専念できますし、稼働率も上がります。やっぱり作ってよかった。

久々に月をHD800で直焦点撮影してみました。

Img_9271

シーイング悪いですが、拡大しなければまあまあです。火星は波打っていて撮る気になれませんでした。しかし模様が見えません。ダストストームは大接近までに晴れてくれる様子はなさそうです。次の大接近までは生きてる自信がありません。

気になっていたガイドのエラーですが、チェックしてみました。問題なくキャリブレーションでき、ガイドグラフもちゃんと動いているようです。トラブルは一過性だったようで一安心です。じゃ、あのガリガリという異音は何だったのか。思うにケーブルが引っ張られて赤道儀が回らず、脱調したのかもしれません。まあ、そう思うようにします。

|

« 好機を逃す | トップページ | このところの日課 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

自分はキャリブレーションが不調な時、落して再度立ち上げています。
ケーブルの引っ掛かりも経験しています。
この趣味は毎回、何かしらのトラブルが発生しますね~。
前回の撮影では、ガイドカメラが不調で・・・帰って来てからは充電器がご臨終。
今度は何が壊れる?、変な楽しみ?です。

投稿: njp | 2018年7月20日 (金) 09時15分

njpさんほどの人でもそのような失敗するんですね。
一瞬のミスが大きな時間ロスに繋がるので、そんなときの絶望感は大きいです。くじけてそこで撮影を中止しちゃうこともあります。
ホントにトラブルがないほうが希ですね。なにもなく、無事に成果が上がったときはとても充実感があります。だからこの趣味って面白いんでしょうね。

投稿: まるひ | 2018年7月20日 (金) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 好機を逃す | トップページ | このところの日課 »