« ガイドのテスト | トップページ | ガリレオ衛星集合 »

2018年6月 4日 (月)

やっぱりバローか

このところ晴れが続いていますので毎日木星を撮っています。しかしどうにもうまくいきません。3倍バローレンズを付けるとてきめんに解像度が悪くなります。単純に3倍大きくはならず、ボケてコントラストが悪化します。とても20cmで撮ったものとは思えない。恥ずかしくてここに載せる気にもなりません。

バローを外すとそこそこ写ります。

201806021

これは2日に撮ったもの。ピクセル等倍ですが、これなら自慢はできなくても恥ずかしくはないレベルです。

これは4日、さっき撮ったばかりのもの。

201806041

きちんと大赤斑が写っていますし、ガニメデの影もしっかり写っています。

せっかく買ったバローレンズなのに、どうも納得がいきません。外れだったのか・・・せめて2倍くらいにしておけば良かったのかもしれません。う~ん、どうしよう。

|

« ガイドのテスト | トップページ | ガリレオ衛星集合 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

さすがHD800、直焦点でも素晴らしく奇麗に撮れていますね。
それにしてもバローレンズは気になります。
去年、アストロストリートの5倍を購入したのですが、更なる高解像を求めてパワーメイトか?なんて思っていました。
でもとても高いし、そんな時Explore Scientificが良いらしいとの情報で購入を検討していただけに。
もしかしたらセンサーからレンズまでの距離とか関係ないのでしょうか?
火星大接近までに何とかしたいところですよね。

投稿: ecl | 2018年6月 5日 (火) 08時11分

だんだんわかってきました。
まずウェーブレットの使い方が間違っていたみたいです。試行錯誤してたらまあまあ模様が浮き上がってきました。
それから撮影時のシャッター速度とゲインの関係でしょうか。シャッター速度を速くするためにゲインを上げすぎるとノイズまみれでいくらスタックしても模様が出なくなるようです。逆にシャッター速度を遅くしてゲインを下げるとシーイングの影響を受けやすくなるし、そこのバランスが難しいです。惑星屋さんがモノクロ高感度カメラを求めていることがよくわかりました。
2倍程度のバローがちょうどいいのかもしれません。もう少し試してみてダメだったら買い換えようかな・・・

投稿: まるひ | 2018年6月 5日 (火) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガイドのテスト | トップページ | ガリレオ衛星集合 »