« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月27日 (水)

EQDIRECT導入してみました

買い物はどんどん続きます。こんなものが届きました。

Img_0707

USBをTTLレベルのシリアル信号に変換するケーブルです。ここから買いました。変換用ICがモールド部に組み込まれていてすっきりしています。なんでこんなもの買ったかというと、リモート撮影で対象導入のために微調整したかったからです。ステラナビゲータでもできますが、ちょっと調子が悪い。それに惑星撮影のために立ち上げるのも面倒。パソコンからコントローラーを制御できないかと調べていたらEQDIRECTというものでできることがわかりました。コントローラーを操作するというより、パソコン自身がコントローラーになっちゃうんですね。そのためにコントローラーは取っ払ってこのケーブルでパソコンと赤道儀を直結します。CG-4(EQ3 GOTO)につなぐためにケーブルの片側をRJ45コネクタにしなければなりません。

Img_0708

職場にはこんなものがあるので簡単にできてしまいました。この圧着器結構高いんですよね。とても個人じゃ買えません(購入当時2万5千円、今ならホームセンターで2千円でした)。結線は3本だけです。RXとTXとGNDだけ。シンプルです。いろんなサイトに結線図ありますので参考になりました。

CG-4には直結できますが、EQ6PROはD-subなので差し込めません。しかし考えてみたらコントローラーのケーブルの片側はRJ45です。つまり延長アダプタを噛ませればOK。

Img_0709

もう1本作るか、変換コードを作らなければならないかと思いましたが助かりました。ドライバは購入先のサイトからダウンロードできました(Windows 10はドライバ不要でした)。さて、パソコンにASCOMプラットフォームとEQASCOMをダウンロードしてインストール。使い方はほとんどわかりません。そもそもEQASCOMとかEQMODとか、EQDIRECTとかいう言葉の意味すらわかりません。それでも優しく説明してあるサイトを参考にその通りにやってみました・・・動きません。接続はしていているようですがモーターが回りません。いろんなサイトを見て回りわかりました。まずはパークキングを外して、恒星時追尾を開始しないと動かないようです。動きました。パソコンからの操作でビュンビュン動きます。わかったことですが、キャリブレーションや導入はこれだけではできず、結局ASCOM対応の導入ソフトがいるんですね。私の場合はステラナビゲータです。ステラナビゲータを立ち上げ、ASCOMで接続するとステラナビゲータ上からマウスで選んで任意の星でキャリブレーションできます。これは便利です。コントローラーだとマイナーな星だとどれだかわからずキャリブレーションできませんでしたから。

しかし機能がたくさんあって使いこなすのに時間がかかりそうです。英語ですしゆっくり勉強していきます。これが導入できたあかつきには物星台に上がらなくてもすべてリモートで操作できそうです。カメラの回転とフォーカスもできればいいのですが、それだけは難しそうです。

※6月30日 誤記がたくさんありましたので修正しました。

| | コメント (2)

2018年6月26日 (火)

ホタルデー

今日は蒸し暑い日でした。満月近いですが曇っているし、ホタルが飛ぶには絶好の日と思い観に行くことにしました。たまには、と女房を誘ってみたら、行く、との返事。久しぶりに一人ではないホタル見物です。初めはじゅんさい池に行こうと思っていたのですが、女房が、あんな人を見に行くようなところはイヤだ、というので急遽目的地変更。そのまま真っ直ぐ行けば着く五頭山方面へ。去年行った松岡川にしました。明るいうちに着いたので一番奥まで行ってみました。Satoさん情報の通り、大工事中。去年までの美しい里山風景はどこにもありません。しばらくホタルが出るのを待ちましたが、一匹も観ることができずその場を離れました。女房は、残念だったね帰ろうか、と言いましたがいやいや、ここで何も見せないで帰る訳にいかないので別のポイントへ。そこは去年たくさん飛んでいたので必ず居るはず。着いた当初は数匹程度でしたがだんだん増えてきました。

201806264

乱舞とまでは行きませんが、結構飛んでいます。気温が高いせいか動きも激しいです。

201806265

20分くらいいたでしょうか。女房も満足げに見入っていました。やっぱり自然のホタルはいいですね。

帰り道、去年まで飛んでいたいくつかのポイントに立ち寄ってみましたが、全く見ることができませんでした。もう終わったのか、それとも住まなくなったのか。人工的に増やそうとしているところは増えていますが、自然のところはやっぱり減っているのかもしれません。

| | コメント (4)

2018年6月23日 (土)

電視観望ができる?

夕べはよく晴れたので電動フォーカサーのテストをすべく、物星台で撮影をしました。シーイングは「悪」です。木星はさっぱり模様が写らないのでパスです。とりあえず土星です。

201806221

訳あって今バローレンズがありません。HD800+ASI290MCの直焦点です。ピント合わせは非常に楽です。パソコン見ながら手を伸ばす必要がありません。不安定な姿勢だとぶれますし、土台も揺れて合わせにくいですが、離れたところから指先だけで合わせられるというのはとても楽。高かったですが、買って良かったかもしれません。しかしまだ火星撮っていないんですよね。隣の屋根が邪魔なのでもう一ヶ月くらいしないと私が起きていられる時間に姿を見せません。

月はありましたが透明度が良かったのでちょっとお遊びでM57に向けてみました。そうしたらちゃんとパソコンの画面に映るではないですか。それもカラーで。これが噂の電視観望ってやつでしょうか。ライブであんな小さなリングが見えるなんて、天文人生で体験した感動の一つです。撮影もしてみました。ちゃんと動画で記録されます。さすがに感度上げすぎたので荒れ荒れですが、それでも中心星まで見えます。ビニングするとさらに明るくなります。この状態で撮影したら静止画で記録されてしまいました。1枚1枚はノイズだらけですが全コマ120枚をスタックしてみました。

201806222

1枚あたり2秒で120枚です。オートガイドしていませんが2秒程度ならほぼ点像に写ります。ちなみにEQ6ROではなく、ひ弱なCG-4です。あちこち飛び回っていますが、AutoStakkert!でスタックできました。これは面白い。オートガイドしてまじめにやればもっと小さな惑星状星雲とか撮れるかもしれません。F10でこれですから、光学系を明るくして短いものにすれば星雲や銀河もいけるでしょうか。新たな楽しみができました。なんかこれでますます遠征から遠ざかっていく気がしないでもないです・・・

| | コメント (2)

2018年6月21日 (木)

ポチったもの~第二弾~

こんなものが海外から届きました。

Img_0687

HD800用の電動フォーカサーでした。送料合わせて250ドルでした。日本でも売られていますが、4万円くらい。1万円違うならと海外サイトでポチしてしまいました。

Img_0689

もっと面白いものかと思われていた方、すみません。期待を裏切りつまらないものでしたね。カメラやレンズとか、出てくる画像が変わるものなら楽しいんでしょうけど、補助的なもので、あってもなくてもいいっちゃいいものですからね。でも数千mmで惑星撮るとき、パソコンの画像見ながら手を伸ばしてフォーカスノブを回すのって結構つらいですし、ぶれて合わせにくいし、これは必須だと思い、思い切って買っちゃいました。土曜日に開封しようかと思っていましたが、週末晴れそうなので前倒しで今日開けてしまいました。

まずはこのフォーカスノブのゴムを外します。

Img_0691

外しかたがわかりません。しばし悩みましたがネットを検索したら同じものの取り付け方を紹介しているサイトがあったのでそれを参考にしました。無理矢理引っ張るのです。

Img_0692

取れました。素手では無理だったので定規でこじって少しずつ抜いていきました。しかし説明書がわかりにくい。汎用性があるのですが、HD800に準拠していません。まあ、構造はシンプルなので適当になんとか取り付きました。しかし動きません。モーターは回りますが。フォーカスが動きません。フォーカスノブを外すとき、なにか全体が抜けた感じがしたのでもしかしたら壊したのか・・・嫌な予感がします。1時間くらい悩みました。わかったこと、モーターを取り付ける治具をネジ留めする時、あのオレンジのフランジを取ってはいけないのです。説明書見ても書いてありませんし、参考にしたサイトでもそれは外していました。しかしこれを取ってしまうと回転しても突っ張りが効かなくてミラーが前後に動きません。オレンジのフランジはそれを抑える役目をしています。ですのでフランジと治具は共締めしなければなりません。

Img_0693

フランジは3本のネジで固定してあるのに治具は2本の理由がわかりました。1本は残しておいてフランジを固定しておく、ってことなのですね。

完成です。

Img_0695

動きました。モーターを固定するネジはイモネジのようですが、手回しできるビスも付いてきたのでそっちで固定しました。いざというとき簡単に取り外せて手動でもピント合わせできます。

週末テストできるでしょうか。しかしなんとなくシーイング悪そうです。最良のシーイングでないと威力発揮できないでしょうね。

| | コメント (4)

2018年6月19日 (火)

妖しの池

ホタルの時期ですね。しかし今年はあんまりモチベーションが上がりません。星さえ撮ってないのにホタルを撮りに行こうという気になれません。それでも今日は暑かったし、ホタルが出るには最良の日と見込んでちょっと出かけてみました。行き先は与板方面。去年行ってみて意外にたくさん飛んでいることがわかりました。

探しているときに見つけた池

201806190

逢魔が時ということも相まって妖しさ満点。何か池から出てきそうな雰囲気です。星景にもいいかも。ちょうど対岸が真南ですがあっちは長岡中心部なので天の川は難しそうです。

ホタルを探してさまよってみましたが、去年と同じところに飛んでいました。

201806191

去年ほどの乱舞ではありませんが、そこそこ飛んでいます。しかし道路すぐ脇のホタルというのも珍しいかも。

201806192

結構高く飛んでいい感じだったのですが、この頃からあまり飛ばなくなりました。木星を入れて撮りたかったのですが。

201806193

日が悪かったのかもしれません。たぶん最盛期はもっと飛ぶと思います。道路脇ですが、交通量は少ないです。10分の間1台も通らないこともあります。少し先にホタル見物らしい人がいました。降りてみてみましたが、数匹飛んでいただけ。棚田風でロケーションは良かったので乱舞してたら幻想的だったと思います。このあたり案外どこにでも飛んでいました。もう少し探せばいいところはありそうです。今シーズンもう一度くらい来てみたいです。

| | コメント (4)

2018年6月18日 (月)

ポチったもの~第一弾~

ポチったものの一つが届きました。ノートパソコン

Img_0683

期待を裏切ってつまらないものですみません。期待を裏切ったからにはなぜこんなものを買ったか、説明します。自宅用の惑星兼リモート撮影用PCはこの間直して使っていた富士通のがありましたが、やっぱり完全に直りきっておらず、画面の角度によってちらつきます。まあ、実害ないのですが、たぶん使っていくうちにだんだんひどくなっていくことが想像できます。それ以外にもThinkPadがありましたが。USB3.0カードが抜けやすい、SSDなのになぜか起動が遅い、そもそも海外製PCがどうも馴染めない、などの理由であれ以来眠ったままです。そこでちゃんとしたものが欲しくなりオークションを探していて見つけました。EPSON Direct Endeavor NY2400Sです。職業柄、パソコンに対する目は厳しく、自分でほしいと思うものってなかなかないのですが、これだけはお気に入りでした。シンプルすぎるくらいシンプル、大きすぎず小さすぎない14インチ、ドライバはEPSONのサイトよりダウンロード可能。コストパフォーマンスが高くとてもいいマシンです。強いて言えばキーボードがチャチなのが欠点ですが、文字書くわけでないので妥協します。思ったより安く落札できました。OSがついてなかったことが理由だと思いますが、余っていたWindows 7 Proのライセンスをインストールしました。もちろんSSDに換装して。まだ必要ソフト全部入れていませんが、非常に快適に動きます。考えてみればパソコンを自分でお金出して買ったのは初めてかもしれません。長く使おうと思います。

第二弾も今日海外から届きました。何かな、と期待されている方もいらっしゃると思いますが、開けてすぐ使えるものでないのでまだ開けてもいません。土曜日にじっくり開封の儀行います。

| | コメント (2)

2018年6月14日 (木)

今更のレンズヒーター

今日は新月。透明度が大変良く、天気予報も夜は晴れ。久しぶりに遠征する気で準備して職場に行きました。しかし夕方からだんだん薄雲が空を覆ってきました。衛星画像を見ても消える雲ではなさそう。結局新月期は晴れないという法則は今月も発動されてしまいました。週間予報ではしばらく晴れそうだったのですが、だんだん悪くなってきます。ホント、去年から今年にかけてどうなっているんでしょう。

こんな準備までしていたのに

Img_0674

今更ですが、レンズヒーターを買いました。今までは白金カイロを使っていましたが、やっぱり面倒。用意していっても曇られるとその分燃料が無駄になってしまいます。反射用とガイド鏡用はすでにヒーター化してありましたが、レンズ用はまだでした。ネット見ていたら意外に安いものがあるのでポチしてしまいました。電源はモバイルバッテリーを使います。説明を見ると10000mAhは必要とのことで数千円を覚悟していたのですが、こっちも安い。2千円しませんでした。前に5000mAh買った時は5千円くらいしたと思いました。結構熱くなります。ちょっと触ると低温やけど起こしそう。大丈夫かなー。

最近機材だけが無駄に増えてきている感じです。あるものを海外発注もしています。まだ届きません。星が見れないのにこんなのでいいのか・・・

| | コメント (4)

2018年6月 9日 (土)

内部公開

自宅のデスクトップパソコンは我が家のメインパソコン、家族も使いますし、私も画像処理したり、ブログ買いたりと、あらゆることに使っています。トラブルのないよう、常に気を配っています。Cドライブは500GBのSSD。容量が足りないので1TBのHDDを入れてドキュメント類はそっちに自動保存されるよう設定しています。これが昨日見たら容量グラフが赤くなっていてほとんど空きがない状態。このところ惑星を撮ることが多いので1回につき数十GBを保存するため、あっという間に一杯になってしまいました。今まで3TBとか4TBとかのHDD、まず使うことないだろうと思っていましたが、まさか必要になろうとは。ちょうど土曜日だったので職場に持っていって増設することにします。職場には使っていないHDDがゴロゴロしています。しかし 1TBはたくさんあるのにそれ以上のはありません。普通のオフィスワークでは1TBすら使うことってまずないんですよね。とりあえず1TBを付けて様子をみることにしました。

私のPCの中身初公開です。

Img_0659

いつもお客様用のPC組み立てていますが、自分のとなると中身はごちゃごちゃ。動けばいいです。ストレージベイは全部うまってしまいました。マザーボードのS-ATAコネクタもすべて使い切りました。いままでたくさんPC組み立ててきましたが、S-ATA使い切ったのは初めてです。内訳は、システム用の500GBのSSD、ユーザーフォルダの保存先にしてある1TBのHDD、その自動バックアップ用の1TBのHDD、音楽や動画を置いてある1TBのHDD、今回惑星動画を保存するために増設した1TBのHDD、です。ちなみにCPUはCore i7 3770K、メモリは16GB、グラボはGX560Ti、いまとなってはしょぼい仕様ですがまあ、不満ないです。これらはほとんど自分で買ったものはありません。お客様がパソコンを買い換えると古いものの処分を頼まれます。その中から使えそうなものがあるとそこだけ交換してちょっとづつアップグレードしていきます。完全に全部入れ替えることってまずないです。Windows 3.1の時代からそうやってきました。老舗の鰻のタレみたいなものです。

満月期に晴れて、新月期になると天気が悪くなるパターンが続いています。今年に入って半年間遠征なし、というのはこの10年で初めてかもしれません。

| | コメント (4)

2018年6月 6日 (水)

ガリレオ衛星集合

HD800の補正板を掃除してみました。買ってから2年、一度も触ったことがありません。しかしここにきて惑星を撮ることが多くなるとこれが汚れているせいでコントラストが悪いのかな、とも考えるようになりました。

掃除前です。

Img_0651

かなりスポット的な汚れがついています。

外すなんてとてもできないので表面だけを簡単に洗いました。エタノールとかクリーニング液って逆にムラになるので使いません。キムワイプにお湯をしみこませて拭きます。乾ききらないうちに乾いたキムワイプで拭き取ります。

ごく簡単ですが、きれいになりました。

Img_0654

神経質なほうでないのでこれで十分です。今後も自分では外す気はさらさらないです。

夜は晴れたので早速撮影してみました。

201806071

ガリレオ衛星がおんなじ方向に集まっています。珍しくもないのかもしれませんが、同一視野に全部入るのをみたのは初めてです。

心なしかはっきり写るようになったように感じます。気のせいかもしれませんが、精神衛生的にはよくなりました。

| | コメント (2)

2018年6月 4日 (月)

やっぱりバローか

このところ晴れが続いていますので毎日木星を撮っています。しかしどうにもうまくいきません。3倍バローレンズを付けるとてきめんに解像度が悪くなります。単純に3倍大きくはならず、ボケてコントラストが悪化します。とても20cmで撮ったものとは思えない。恥ずかしくてここに載せる気にもなりません。

バローを外すとそこそこ写ります。

201806021

これは2日に撮ったもの。ピクセル等倍ですが、これなら自慢はできなくても恥ずかしくはないレベルです。

これは4日、さっき撮ったばかりのもの。

201806041

きちんと大赤斑が写っていますし、ガニメデの影もしっかり写っています。

せっかく買ったバローレンズなのに、どうも納得がいきません。外れだったのか・・・せめて2倍くらいにしておけば良かったのかもしれません。う~ん、どうしよう。

| | コメント (2)

2018年6月 1日 (金)

ガイドのテスト

久々の快晴。しかし月はあるし、シーイングも悪そうだし、なにも撮るものがないので赤道儀のガイドテストをしてみました。ミニボーグや中望遠レンズなど、EQ6PROを出すまでもない短焦点レンズ用に考えていたCG-4です。前に調整してまあまあ大丈夫だろうと思っていますが、なんとなく心配になってもう一度チェックしてみようという気になりました。

Img_0003

miniBorg 60ED×0.85倍レデューサ(約297mm)、5分1枚です。レベル調整以外画像処理していません。ガイドは結構暴れますが、短焦点なので結構点像に写ってくれます。ピクセル等倍で見ると若干いびつですが、ガイドの暴れが少ないときはほぼ点像です。135mmとか200mm程度なら全く問題ないでしょう。しかし光害地で月がありますが、結構暗い星まで写るものですね。さすがに周辺減光処理をきちんとしなければですが、新潟市中心部でも対象によっては楽しめそうです。

こちらは黒目銀河

Img_0009

5分を4枚コンポジットしました。トリミングしています。こちらはほぼ点。問題ないです。

これらはリモート撮影しました。長焦点でないと導入も楽ですし、ガイド星が見つからないということもありません。透明度のいい夜は案外明るい散光星雲も撮れそうです。もう半年以上遠征には行っていません。なんか自宅撮影がメインになりつつあります。

| | コメント (2)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »