« なんとかω | トップページ | ガイドのテスト »

2018年5月27日 (日)

うまくいきません

晴れの日が続きますが、なんだかすっきりしません。透明度もいまいちだし、シーイングも悪い、満月期でもあります。

すっきりしないなか、薄明の東の空に月齢11の月がぼんやりと浮かんでいましたので家の窓から撮ってみました。

Img_9180

miniBorg 60ED+0.85倍レデューサー(約297mm)

晴れれば大体木星に望遠鏡を向けていますが、どうにもまともな写真が撮れません。シーイングが悪いのはそうなのですが、それにしても現代の画像処理ならもう少しよく写るはず。光学系か、ピントか、画像処理か、単にシーイングのせいなのか。最近最良のシーイングにお目にかかっていないので試しようもありません。

これは25日に撮ったもの

20180525

10cmだってもう少しよく写るでしょう。シーイングは最悪の22日よりはマシだったと思うのですが、この程度だとちょっとがっかりです。温度順応も2時間はやっています。ピントかなあ。シーイングが悪いとピント山もつかめません。とにかく最良のシーイングを待ち望むばかりです。

|

« なんとかω | トップページ | ガイドのテスト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

シーイングばかりはしょうがないですよね。
昨日、今日と、月の近くにあるようですが、影響って無いものなのでしょうか。
フイルム時代はけっこう撮っていましたが、天体撮影復帰後のデジタルは未知の領域です。
物星台があることですし、こまめに撮っていれば、いつかは凄い安定した夜に巡り合えるかもしれませんよ。

投稿: ecl | 2018年5月28日 (月) 19時28分

アストロアーツの投稿写真とか見ていると、結構みなさん普通にいい写真撮れていますよね。
いつもシーイングいい訳でもないと思うのですが、どうなんでしょう。
バローの効果も半信半疑です。いっそないほうがいいのかな、とか思い始めています。
夜はちょっと冷たい風が吹いていて、星も瞬いています。そんな日はだめなのかも。生ぬるい無風の日とかだといいのでしょうね。でも物星台のおかげで望遠鏡を出すという敷居が低くなりましたのでその点は助かっています。いつかはお見せ出来るような写真が撮れると思います。

投稿: まるひ | 2018年5月28日 (月) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なんとかω | トップページ | ガイドのテスト »