« 大接近に備えて | トップページ | 人生最悪のシーイング »

2018年5月21日 (月)

バローの効果

20日晴れたのでこの間届いたExplore Scientific社の 3X バローレンズを試してみました。

しかし薄雲が厚く、月は朧、スピカがやっと見える程度の眠い空です。まずは眼視してみましたが、案外良さそうです。少なくともボーグの2.2倍エクステンダーよりは遥かにクリアです。ちょうど大赤斑が出てきたところでした。写真を撮ってみました。さすがにF30、6000mmですので暗くなります。ゲインと露出も上げなければなりません。

とりあえずこんな感じ

20180520

左はバローなし、右がバローあり、ノートリミングです。惑星の模様を捉えるには十分な大きさです。この倍率がちょうど良かったかもしれません。

しかし20cmとは思えないできばえ。シーイングはそれほど悪くなかったと思うのですが、やはり薄雲でそうとうコントラストが良くなかったせいでしょうか。ピントも外れていそうです。本来ならボツ写真です。画像処理のやり方もよくわからない。AutoStakkertの使い方も適当ですし、Registax使うと点描画みたいになってしまうのですが、やっぱりどこか使い方が悪いのでしょうか。惑星の画像処理も意外に難しいです。惑星は月に関係なく写せますし、遠征する必要もありません。これから3大惑星の好機ですのでゆっくりやっていきたいと思います。火星大接近までには安定した写りになるようにしたいです。

|

« 大接近に備えて | トップページ | 人生最悪のシーイング »

機材」カテゴリの記事

コメント

月などを撮ると「このくらいの薄雲」と思って撮っても、意外と解像度の低い画像になったりしませんか。
その影響も大きいのでしょうね。
クリアな空で、安定したシーイングなら凄い画像が得られるかも。
期待しています。
わたし的には十分で、R200SSでこのくらいの解像度の木星を得ることが目標です。

投稿: ecl | 2018年5月22日 (火) 08時15分

シーイングの影響が大きいですね、最近あらためて実感しています。まるひさんの惑星写真、興味津々で待っています。
天狼星さんの木星は凄いですね。

投稿: けんちゃ | 2018年5月22日 (火) 18時33分

eclさん
そうなんですよね。シーイングのほかに薄雲もかなり影響すると思いました。透明度も意外にあると思っています。
なかなか最良の空にはお目にかかれないですね。まだ星の瞬きでシーイングを測るまでになっていません。
R200SSでも倍率を稼げれば結構いけると思います。私も土星とか良く撮っていました。なんと言っても自宅で撮れるのがいいです。

投稿: まるひ | 2018年5月22日 (火) 23時05分

けんちゃさん
まだベストのシーイングに出会っていないのでどんなに素晴らしいのか検討が付きません。そんな日には私でもいい写真が撮れるかもしれません。
案外月が難しいです。今まで一度でも自分で納得出来る写真が撮れたことがありません。天狼星さんやWさんの月や惑星は見事ですよね。お手本にさせていただいていますが、とても追いつける気がしません。

投稿: まるひ | 2018年5月22日 (火) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大接近に備えて | トップページ | 人生最悪のシーイング »