« バローの効果 | トップページ | なんとかω »

2018年5月22日 (火)

人生最悪のシーイング

今日は天気はマイナスのほうに向かう予報。晴れていましたが、空には所々雲が。透明度はそこそこなので今日がω狙いの最後の日かなと、最後まで迷ったのですが、夜には曇るという予報を信じ結局出かけませんでした。ところが日没以後雲は完全になくなってしまいました。これならでかければ良かったかなあ、と思いましたが時既に遅し、諦めて帰宅しました。それでも天気はいいので月惑星でもと思い、望遠鏡をセットしました。しかし月を覗いて愕然。すごくシーイングが悪い。低倍率でも月全体が揺れて見えるほどです。写真撮る気にもなりません。それでも木星を撮ってみようと先日買ったバローレンズを付けてキャプチャーしてみました。かなり酷いです。気流が右から左へと流れていくのが目に見えてわかるほどです。小川を通して覗いているよう。でも薄雲がない分、おとといよりはコントラストはあります。1万枚ほどキャプチャーしてみました。それでいい方から10%くらいを取り出してスタックしてみました。

22_20_33_g4_ap272_conv

まあ、決して満足いった訳ではありませんが、あれだけひどかったことを思えば今の画像処理技術はたいしたものだと言わざるをえません。最良のシーイングでなくても諦めないでとにかくたくさんフレームをキャプチャーしてみるものですね。

|

« バローの効果 | トップページ | なんとかω »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

しばらくは惑星撮影でしょうか。木星、土星、火星と好機が続きますね。しかも火星は大接近。自宅撮影の本領発揮ですね。
それにしても空が悪いです。昨夜は撮影しようか止めようかしばらくボーっと星を見ながら悩んでました。冷たい風と暖かい風が入り混じって吹いていた気がします。確かにシーイングは最低でしょう。梅雨入り前に成果が出ると良いですね。

投稿: tantan | 2018年5月23日 (水) 07時53分

惑星撮影は今までは自宅前でも職場前でも難しく、準備が大変な割には大した成果が得られなかったので避けていました。しかし物星台ができてからは準備も楽ですし、温度順応にも時間がかけられますし、とても楽になりました。こういうのは自宅撮影のメリット大きいですね。
昨日のシーイングは星の瞬きは小さかったようなのですが、揺れが大きかったです。あんまり今まで経験したことのない空でした。
明日は晴れるようですが黄砂の予報です。梅雨期は案外シーイングがいいといいますので期待しています。

投稿: まるひ | 2018年5月23日 (水) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バローの効果 | トップページ | なんとかω »