« 南天撮影絶好地 | トップページ | バローの効果 »

2018年5月18日 (金)

大接近に備えて

こんなものが届きました。

Img_0630

Explore Scientific社製 3X バローレンズ

Img_0632

バローレンズは正直なにを買ったらいいか、全然わかりません。とりあえず高いものなら間違いないと思いましたがテレビューのは3万円もします。さらにバローレンズとパワーメイトという2種類あってどう違うのかもわかりません。他にはショートバローという1万円以下のものもあります。製造は1社でいろいろなところにOEM供給しているもののようですが、値段からしてどんなものなのでしょう。ちゃんとしたのは大きいのに小さいというのもどこか無理しているに違いありません。中間のものはないかと思って探していたらこれが見つかりました。値段からいっても悪くはなさそうですし、大きくてずっしり感もあるので光学系もちゃんとしているのでしょう・・・と信じたいと思います。

さて、性能のほどですが、届いてからまだ晴れていません。まず木星を撮ってみたいです。3倍ですとASI 290MC等倍でこんな感じになると思います。先日直焦点で撮ったものを解像度を3倍にして合成してみました。

X3

迫力十分ですね。木星火星土星と立て続けに撮影好機になります。楽しみです。

|

« 南天撮影絶好地 | トップページ | バローの効果 »

機材」カテゴリの記事

コメント

カメラの新調に続き、バローを追加購入されて、もう、火星大接近の準備は完璧ですね。
今回の衝は7月と、低い位置にあるので、シーイングの良い日を選ばないと。
ステラナビで調べたら皆既月食のすぐ脇で衝を迎えるようです。
忙しい一晩になりそう。

投稿: ecl | 2018年5月19日 (土) 06時21分

これもイベントものでしょう。普段はあまり惑星は撮らないですが、お祭りみたいなものですから参加せねば。
そうですね。月と火星の赤い対決が見られるんですね。これも楽しみ。新潟は梅雨が明けていないかもしれないですが晴れるといいです。
次の大接近は15年後か17年後。生きてるかどうかわかりませんので今回はじっくり楽しみたいと思います。

投稿: まるひ | 2018年5月20日 (日) 01時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南天撮影絶好地 | トップページ | バローの効果 »