« 外科的修理 | トップページ | 大接近に備えて »

2018年5月15日 (火)

南天撮影絶好地

今日15日は新月。天気予報では晴れ。何を撮ろうか、いろいろ悩んだ結果、あるもの1点狙いで撮ろうと決め、久しぶりに遠征してみました。しかし現地に着いてみると薄雲です。おまけに風も強い。機材を出そうかどうか、しばし悩みましたが雲はなかなか動いてくれません。21時頃まで待ちましたが、平日だし長く居られないので諦めました。しかしせっかくなので1枚だけ。

Img_9146

ここは新発田の某所です。狙いはω星団。南が開けていて光害もあまりないところを探していたのですが、ここはベストな場所です。からす座あたりが南です。ω星団ももう1時間くらいで南中です。たぶんもう出ているのでしょう。実はここは3月の満月の日に来たところ。目を付けていたのですが、なかなかいい場所です。脇を通る道路は30分に1台くらい車が通りますが、奥まで入ってこない限り気づかれません。ライトも邪魔になりません。しかし前回もそうでしたがなぜか風が強い。地形的に谷筋を通ってくる南風が常時吹いているのかも。R200SSを持ってきましたが、出しても無駄になりそうなので止めました。今週いっぱいチャンスがなければ来月満月過ぎの数日、それでダメなら来年に持ち越しですね。

新潟に戻ってきたらよく晴れています。近くで銀河でも撮っていればよかったでしょうか。貴重な新月の快晴だったのにちょっと損した気分です。

|

« 外科的修理 | トップページ | 大接近に備えて »

星景写真」カテゴリの記事

コメント

いい感じですね。先日お知らせしたあの場所もステラ上ではオメガ星団が見えるのですが、ぎりぎりなので無理でしょう。林に隠れて見えないと思います。なので、新発田界隈ではやはりここが最も南の低空まで見渡せる場所だと思います。ぜひここからオメガ星団、ゲットして下さい!

投稿: Toshihiko Sato | 2018年5月16日 (水) 01時14分

撮影出来なくて残念でしたね。胎内でも昨夜低空の雲が最後までとれなかったみたいです。今年は特に低空の透明度が悪い気がします。
南が開けていて、アクセスが楽な場所は新潟では貴重です。撮影可能な期間が限られるω星団の撮影、成功をお祈ります。

投稿: tantan | 2018年5月16日 (水) 18時10分

Satoさん
この場所もSatoさんから教えていただいたおかげです。ありがとうございます。
あの場所もここから近いですね。帰りに下見に行こうかと思いましたが、なかなかあそこを突破するのは勇気がいりそうです。こういう時はつくづく小回りが利いて目立たない軽自動車ならいいなと思います。
南の明かりは津川でしょうか。透明度がよければあまり気にならないと思います。ぜひここでオメガをゲットします。

投稿: まるひ | 2018年5月16日 (水) 23時52分

tantanさん
新潟を出るときも新潟はあまり雲はなかったですが、新発田方面にかかっていましたので下越あたりだけだった気もします。なかなかすっきり晴れないですね。
新潟平野からだとひらけているところは多いですが、三条や長岡の明かりでだめですし、五泉方面は山に阻まれて低空が見えませんし、ここは本当に貴重な場所だと思います。そしてオメガは南中の前後1時間くらいしかチャンスがありませんからなかなか難しそうです。しかしそういうのを追うのがまた楽しいです。

投稿: まるひ | 2018年5月17日 (木) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 外科的修理 | トップページ | 大接近に備えて »