« まさにお気楽 | トップページ | 赤いカメラ届きました »

2018年4月22日 (日)

週末の成果

この週末、金土は一応晴れました。しかし月が夜半まで沈まないし、透明度も悪いしで遠征はせず、撮れるものをだけ撮ろうと、自宅撮影しました。しかし調子悪かったです。調子の悪さをあげつらっても面白くないですが、ガイドがうまくいかない。まるひ史上最低です。前回はまるひ史上最高だったのにどこが違っていたんでしょう。金曜日はオフアキに適当な明るさのガイド星がうまく見つからなかったせいの気がします。オフアキからガイド鏡に替えてみましたが、そっちもうまくいかない。やっぱり1000mm以上はオフアキ必須のようです。

土曜日はいいガイド星が見つかったのですが、やっぱりうまくいかない。星が飛びまくります。星が飛んでもPHDが追いかけてくれません。パラメーターが合っていないのか。ちょっといじったら少し良くなったのですが、やっぱり飛びます。やや風があったので足元の弱い物星台ではブレるのかもしれません。透明度が悪くてもまあまあ写る球状星団を狙ってみました。M3です。

201804211

Celestron Edge HD800 20cm 2000mm、Astro 60D(約-10℃)、ISO1600、5分×4枚、EQ6PROオートガイド、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、簡易フラット、ステライメージ、Flat Aide Pro、Photoshop CS6で画像処理、若干トリミング

10数枚撮ったのですが、ほとんどだめでした。そもそも球状星団はわずかでも星がいびつだと美しくないので、特にいいものだけを選んだからというのもあります。

このあとM101を撮りました。もう眠くなったので2枚だけうまくガイドしたのを確認して寝てしまいました。そうしたら3枚目からすべて失敗。何度も経験してますが、どうして目を離すとサボるのか。まるで中学生が自習を言い渡されて、先生が教室を出た瞬間騒ぎ出すような感じ。甘やかせないためにはどうすればいいのでしょうね。

|

« まさにお気楽 | トップページ | 赤いカメラ届きました »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

ん~、まるひ様が難儀するとは、やはり2000mmは手ごわいですね。
そちらのEQ6は『アタリ』でしょうから、こちらの『ハズレ』では無理なのかな?R200SSが限界かな?と感じてしまいます。
久しぶりに晴れましたね。
季節柄、黄砂やPM2.5が襲来し透明度はイマイチでしたが、楽しめました。
こちら魚沼では21日の明け方、とても良い空になりました。
次の新月期には、少しは黄砂も治まるでしょうか?
楽しみです。

投稿: ecl | 2018年4月23日 (月) 06時33分

まるひさん、やっぱり月夜は球状星団ですね。

寝ている間にサボるというのは困った現象ですね。起きている時に兆候が見られれば対策を講ずる事も出来るでしょうに。寝たふりをしてみるとか、監視カメラを置いてみるとか、まるひさんが寝静まると「何か」が出て来てバルコニーで騒いでいるのかもしれませんよ。

投稿: tantan | 2018年4月23日 (月) 18時01分

eclさん
結果にバラツキがあって悩んでいます。うまくいく時とそうでない時の違いがよくわかりません。PHDのパラメーターの意味すらわかっていません。安定していい結果が出せるようになるのはいつになるのでしょう。
春らしい霞んだ空が続きますね。光害地ですと透明度の影響が大きく出ます。そろそろ遠征地に繰り出そうと思っています。時間に余裕のある日に魚沼まで足を伸ばしてみたいです。

投稿: まるひ | 2018年4月23日 (月) 21時59分

tantanさん
tantanさんも球状星団でしたか。考えることは同じですね。月夜や光害地では球状星団や惑星状星団狙いになります。
ωにもカメラを向けてみました。存在のみ写った程度でとても載せられるものではありません。
そっかー、もしかしたら寝てしまうとこびとが物星台で運動会始めるのかもしれませんね。こっそり覗いてみます。

投稿: まるひ | 2018年4月23日 (月) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まさにお気楽 | トップページ | 赤いカメラ届きました »