« 菜の花星景も | トップページ | 週末の成果 »

2018年4月17日 (火)

まさにお気楽

昨日16日は晴れるかどうか疑問でした。予報では曇りだし、GPVも怪しい。しかし現に晴れているし、最近GPVは当てにならんなーと思っているので自分の勘を信じ撮影することにしました。とはいえ、遠征なしの自宅撮影です。新月ですので一晩中撮れます。自宅撮影のいいところはなんと言っても帰る時間を気にしなくてもいいこと。徹夜に弱い私は休日前であっても0時を回るともう変える準備をしてしまいます。自宅なら無制限。なんなら露光して寝てしまってもいいわけです。悪いところはもちろん光害地であること、障害物が多いこと。まあしかし、それでもDeep Skyは対象を選べばそこそこ楽しめます。帰宅後すぐに設置。終わったらお風呂入ってご飯を食べて、22時頃になると光害もいくらか弱くなりますから撮影開始です。といっても家の中からリモート撮影です。ピント合わせ以外は外に出る必要がないです。撮りやすいM81にしました。

20170416

Celestron Edge HD800 20cm 2000mm、Astro 60D(温度不明)、ISO1600、8分×12枚、EQ6PROオートガイド、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、簡易フラット、ステライメージ、Flat Aide Pro、Photoshop CS6で画像処理、若干トリミング

いろいろ残念な出来ですが、光害地ということを考えればそこそこかな、と思います。あんまり透明度はよくありませんでした。シーイングも悪い。しかし、ガイドだけはバッチリ決まりました。ほぼミスなし。前回は極軸合わせをいい加減にしたことと、オフアキのプリズム固定ネジが緩んでいたことが原因だったかなと思います。16枚撮るつもりでしたが、数枚は雪だるまでした。これはたぶん電車が通過した時だと思います。最後の1枚撮影中に物星台に上がったのですが、見事にブレました。抜き足差し足で歩いたつもりでしたがだめです。物星台での撮影はリモート必須です。このあとひまわり銀河を2時間位で仕掛けて寝たのですが、なぜかすべて失敗。どうも見ていないとサボるようです。

週の後半、再び晴れそうです。月も大きくなっていくし、遠征せずにやっぱりここで撮ろうと思います。月が沈むのが遅いときでも準備だけして家の中で待っていられるので楽です。ぃろいろ難点はありますが、このスタイルから抜け出せそうにありません。まさにお気楽撮影です。

|

« 菜の花星景も | トップページ | 週末の成果 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

とても良く写っていますね、周辺の淡い部分まで表現できて素晴らしいです。

私も12日に自宅でM5などを撮っていました。最近、SI8でデジタル現像の際エッジを立てすぎ、彩度あげ過ぎでみっともない画像処理になってきました。
このM81はとても素直で滑らかで美しく感じます。

投稿: けんちゃ | 2018年4月18日 (水) 08時01分

抜き足差し足、分かります!!私もいつもやってます。
でも駄目ですよね・・・バルコニー自体が大きな三脚(四脚?)

16日は透明度は全然駄目でしたがとりあえず晴れましたね。本当に最近のGPVは当てになりません。M81の解像度は素晴らしいですね。光害地でも淡い腕がしっかり写っているし、新潟市内の自宅撮影も十分楽しめそうですね。

投稿: tantan | 2018年4月18日 (水) 08時42分

すごいですね。ロマンを感じます。

投稿: Toshihiko Sato | 2018年4月18日 (水) 08時48分

ガイドもバッチリ決まり、迫力のあるM81ですね。
それも自宅で寛ぎながら撮ることができるなんて、とても羨ましい限りです。
まだまだ春の銀河撮影には適していますし、それらは思いのほか明るいので自宅でのHD800はもう少し活躍しそう。
次なる作品を楽しみにしています。

投稿: ecl | 2018年4月18日 (水) 20時04分

けんちゃさん
ありがとうございます。
ちょうど去年も同じ対象を撮っています。進歩が見られません。
最近マスクを使わずに任意のところを炙り出す方法を発見し使っています。あまりにも簡単で単純なので邪道なのかもしれません。その方法を使っているという作品を見たことないです。紹介してもいいのかどうか迷っています。知っているけど普通使わないよ、と言われるのが恥ずかしいので黙っていることにします。

投稿: まるひ | 2018年4月18日 (水) 23時08分

tantanさん
ありがとうございます。
これくらいの長焦点だといくら静かに歩いても星が飛んでしまいます。ベランダ撮影の宿命ですね。リモート撮影は楽して撮ろうと思ったのですが、こういう形で必須になるとは思いませんでした。
最近なのかどうなのか、GPVのご神託は参考程度にしかならないです。朝のNHKのお姉さんのいうことの方を信じることが多いです。
銀河は小さくてもそこそこ構造が写るので光害地でも楽しめます。しかしやっぱりコントラストが低いので画像処理も大変ですし、なんとなく美しくないです。やっぱり暗いとことろに遠征したいですが、おっくうになってきました。tantanさんの環境がうらやましいです。

投稿: まるひ | 2018年4月18日 (水) 23時25分

Satoさん
ありがとうございます。
M81は美しい腕で好きな対象です。Deep Skyでも好きなものとそうでもないものが私の場合はっきりしています。M101も均整が取れた形が好きです。好きでないのはM51。太くてゴツい腕が男性的であまり美しさを感じません。M33もそうですね。あまり幾何学的な美しさがありません。
しかし考えてみるとM81の直径は10万光年くらいあるのに、星のひとつひとつに物理作用が働いて、あの美しい構造を描いているのだと思うと本当に神秘的です。

投稿: まるひ | 2018年4月18日 (水) 23時44分

eclさん
ありがとうございます。
オフアキのおかげでガイドだけは今回バッチリ決まりました。毎回安定しないのが悩みのタネです。
ステラナビで導入していますが、追尾をしなくなることがあります。今回そうなる条件とそれを復活する方法がわかりました。もう少し調べてみてステラナビのバグだったらアストロアーツに改善を申し出てみようと思います。
6月頃までは春の銀河が楽しめそうです。そろそろ夏の対象も始まるので、それはここの光害地では難しいので、また遠征するようになるでしょう。筒も明るいR200SSの出番になると思います。

投稿: まるひ | 2018年4月18日 (水) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 菜の花星景も | トップページ | 週末の成果 »