« ばら星雲 | トップページ | 早々と水芭蕉 »

2018年3月18日 (日)

ふくろう星雲

17日はよく晴れました。しかしその日の昼に法事があって、その足で遠征に行くわけにも行かないので物星台から自宅撮影をしました。新月ですし、翌日は日曜日、思い切って撮影に専念できます。しかしうまく行きません。導入はうまく行くのですが、ガイドがことごとく失敗します。いままではここまでひどくなかったのですが、なんででしょう。思い当たるのは極軸合わせに手を抜いたこと、PHD2の露出時間を長めにしたことでしょうか。極軸が合っていないためにどんどんズレていき、修正信号もこまめに出さないのでガイド星を外してしまった、というところでしょうか。やっぱり長焦点は少しでも手を抜けないですね。

比較的うまくいった、ふくろう星雲です。

201803171

Celestron Edge HD800 20cm(2000mm)、Astro 60D(約-20℃)、ISO1600、8分×5枚、EQ6PROオートガイド、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、ステライメージ、Photoshop CS6で画像処理、トリミング

よく写ると言われていますが、なかなか淡いです。なんでも眼視はかなり難しいらしいですね。メシエカタログではM97ですが、一つ違ってM96だったらよかったのに。ついでにNGC296だったら最高なんですけどね。

|

« ばら星雲 | トップページ | 早々と水芭蕉 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

ふくろう星雲は輝度が低そう。やっぱり光害には負けてしまいますよね。私も自宅で沢山と思っていましたが、可能なら遠征地で撮り直したいです。

投稿: けんちゃ | 2018年3月19日 (月) 22時43分

淡いですねー
真夜中で天頂、透明度も良かったからまあまあ写ると思いましたがこの程度でした。光害地でなければもっと鮮やかな青に写ったかもしれません。
確かに遠征地での貴重な時間に撮るには勿体ないかもしれませんね。他にこのあたり面白い対象がたくさんあるので自宅撮影ならではの対象かもしれません。

投稿: まるひ | 2018年3月19日 (月) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ばら星雲 | トップページ | 早々と水芭蕉 »