« 里山徘徊 | トップページ | 強風が恐怖 »

2018年2月26日 (月)

はさ木星景~冬~

新潟には「はさ木」という観光資源があります。今でこそ絶滅危惧で観光でしか見ることができませんが、昔は新潟県内のどこにでもありました。田んぼのあぜ道に等間隔で植えられていて、ここに横に木を結び、そこに刈り取った稲を掛けて天日干しします。機械化されて不要になってからはどんどん切り倒され、僅かしか残っていません。ここは旧岩室村夏井。有名な保存地です。私の父方の実家が岩室村でした。子供の頃「はさ掛け」のまねごとしたような気がします。

201802263

弥彦山が正面に大きく見えます。越後平野の原風景ですね。

201802262

立ち上がる柄杓を見ると春が近いことを感じます。

201802261

県内の星景マニアのみならず、風景写真家の間でも有名撮影地です。意外にも星を撮りに来たのは初めてです。ずっと来たいと思っていたのですが、なかなか機会がありませんでした。まあしかし、やっぱり月のないときに来るべきでした。それと真夜中がいいです。結構交通量が多く、この時間帯は車が途切れることがありません。次は夏の葉っぱが生い茂っている時に来てみたいと思います。

|

« 里山徘徊 | トップページ | 強風が恐怖 »

星景写真」カテゴリの記事

コメント

月夜は魚眼に向いているような気がします。はさぎは神秘的だし、弥彦山が雄雄しいです。星もちゃんと写っていてよい感じです。それにしても折角晴れたのに月夜とはという感じです。めぐり合わせが悪いですね。
私も魚眼で撮影しましたが、ブログ用に処理すると殆ど星が見えません。月が明る過ぎました。

投稿: tantan | 2018年2月27日 (火) 08時57分

月夜の星景も良いものですね。
星よりも景色がメインという感じで、こういった風光明媚なところで撮るなら、むしろこちらの方が適しているよう。
私も機会が有ったら出掛けてみようと思います。

それにしてもやはり、積雪が少ないですね。
もう畦道が出ているとは。

投稿: ecl | 2018年2月27日 (火) 20時56分

tantanさん
tantanさんも昨夜は魚眼だったのですね。
南中近いオリオンは広角だと地面と一緒に入らないのでチョイスしてみました。案外月夜と相性がいいのかも。
でもやっぱり明る過ぎますね。星がほとんど見えません。
最近は結構明け方が晴れているみたいです。ぜひ胎内の雪原に昇る天の川を狙ってください。

投稿: まるひ | 2018年2月27日 (火) 23時24分

eclさん
案外対象によっては月夜でも様になります。昼間はここ、よく通りますが、星撮りで来たのは初めてでした。月がないとどれくらい星がよく写るのかまだわかりません。職場から20分程度なのでまた通ってみようと思います。
eclさんも割と近いと思いますのでぜひいらしてみてください。
意外にも雪は少なかったです。新潟市の中心部に近いほうが多かったかも。本当はもっと雪が多ければいいな、と期待していたのですが。

投稿: まるひ | 2018年2月27日 (火) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 里山徘徊 | トップページ | 強風が恐怖 »