« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月29日 (月)

あさっては月食

あさって31日はいよいよ皆既月食です。肝心の天気はといいますと、日本全般によろしくないようです。冬型の気圧配置で関東が晴れならば県外遠征も考えていましたが、その必要はなさそうです。どこに行っても同じなら新潟で運を天に任せようと思います。

晴れ間が少しでも出る可能性があるなら少し山のほうに行って、光害のないところでクリアな皆既の拡大撮影をまず第一に狙います。ブルーバンドを撮りたいです。全経過晴れる可能性はほぼなさそうなので、目標の一つだった地球の影は諦めます。

割と雲間が広がればこんなの撮りたいです。

135mm_2

135mmだとこんな感じでプレセペを同一視野に入れることができます。

さらに奇跡的に快晴になれば

Wide

冬の星座と天の川を入れてこんな感じ。

天気がどうしても思わしくなく、遠征しても仕方がなさそうなら物星台で少しでも覗くのを待ちます。大体こんな感じで見えそうです。

201801312230

この間少し晴れた時に撮ってみました。皆既の月はあのあたりです(合成しました)。ラッキーなことに皆既の全経過を屋根や電線に遮られることなく見られそうです。HD800で拡大撮影のみですね。リモートでライブビュー見ながら家の中から監視したいと思います。

今のところGPVでは新潟は雨や雪ではなく曇りなので、もしかしたら若干は見られるかもしれません。むしろ関東のほうが南岸低気圧で怪しそうです。県外遠征なしはほぼ確定。予報を見ながら県内をさまよってみようと思います。

| | コメント (2)

2018年1月27日 (土)

寒波襲来

近年まれにみる寒波が襲来しています。記憶では2010年以来8年ぶり。あの時の地吹雪はすごかった。車が一晩立ち往生したのがニュースになりました。その時の記憶があるので最悪の日は車を置いて電車で帰宅しました。幸いかどうか、立ち往生にはなりませんでしたが、結果論ですのでよしと思うことにします。

ようやく寒波も峠を超えました。日中の気温も久しぶりに0℃を超えました。そんななか、角田山麓の仁箇堤に行ってみました。

全面凍結、でもないですが半分は凍っています。こんなの見るのは初めてです。

Img_2257

よく見ると右の桜の木の上に何やら大きな鳥が止まっています。

近くによってみました。

Img_2259

逃げません。なにやら足に鑑札を付けています。人に管理されているのか。

さらに寄っても逃げません。見たことのない鳥です。サギでないし、朱鷺でももちろんありません。

Img_2263

そこに双眼鏡を持ったご婦人が雪をこざいて(かき分けて)やってきました。たぶんバードウォッチングです。挨拶がてら訊いてみました。

コウノトリです。なんでも数年前からこのあたりに飛んできて住み着いているようです。人馴れしていて近づいても逃げないそうです。私は鳥には詳しくないので、なんだかトンチンカンな質問もしてしまいましたが、帰ってネットで調べてみたら特別天然記念物なんですね。朱鷺と同じように一旦絶滅したものを人工繁殖してだんだん増えていき、屋外生息しているものは約100羽。そのうちの1羽がここに住み着いたようです。私はきっととても珍しいものを見たんですね。

話題が飛びますが、今日はアルデバランの星食でした。しかし新潟では隠れなくて南すれすれに通ります。雪雲でなかなか姿を見せませんでしたが、なんとか最接近に近い時間に撮ることができました。

201801271925

19時25分頃です。15分頃に最接近だったのでもう10分早く撮りたかったです。まあ、記念なのでよしとします。なかなか寒波が去りませんが、月食の日はどうなるでしょう。

| | コメント (4)

2018年1月22日 (月)

M82

M82も撮りました。

201801202

Celestron Edge HD800 20cm(2000mm)、Astro 60D(約-24℃)、LPS-P2/FF、ISO1600、8分×13枚、EQ6PROオートガイド、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、RAP2、FlatAide Pro、Photoshop CS6で画像処理、トリミング

かに星雲を撮った後、20枚にセットして寝ました。薄明が始まる頃ちょうど終わるように。このあたりは屋根の上に登ったあとは電線にかかることがありません。一晩中でも撮影できます。目覚ましかけておきましたが、鳴る少し前に自分で目が覚めました。PCのモニター画面見たらガイドしていません。星が線を引いています。しかし失敗したのは最後の2枚で、15枚くらいは撮れていました。何が原因で止まったのでしょう。歩留まりは途中雲が通ったような2枚を除いて13枚でした。まあ、よしとします。

ガイドミスはほぼないですが、やっぱり光害地なのでしょう、画像処理するとカブリが汚いです。こればかりはどうしようもないです。それとLPS-P2を付けるとカラーバランスがおかしくなり、調整してもなんか色が変です。やっぱり暗いところで撮るのが王道ですね。

背景を黒くしすぎました。わかっていますが、これ以上明るくすると背景のムラが出ます。赤いバーストをもっとはっきり出したいですが、デジ一だと難しいかもしれません。割りと好きな対象なのでまた狙ってみます。

| | コメント (2)

2018年1月20日 (土)

かに星雲

こういう拡大撮影の対象はつい、そのものズバリのタイトルを付けてしまいます。

M1、かに星雲です。

201801201_ge_fc

Celestron Edge HD800 20cm(2000mm)、Astro 60D(約-24℃)、LPS-P2/FF、ISO1600、8分×5枚、EQ6PROオートガイド、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、RAP2、FlatAide Pro、Photoshop CS6で画像処理、トリミング

19日は21時頃から晴れる予報でした。早めに晴れれば遠征するするつもりだったのですが、夕方の時点で晴れていないと気が失せてしまいます。でも深夜には晴れると確信していたので、休日前ですし物星台からゆっくり撮ろうと機材を持って帰りました。22時になっても晴れません。だめかなあ、と半分諦めていたのですが、23時にようやく快晴。そこからやっと機材設営です。久しぶりなのでまごつき、始めたのが0時半でした。もう傾き始めていましたが、ずっと撮ろうと思っていた、かに星雲に望遠鏡を向けました。光害地でもありますし、赤いフィラメント構造も出したいのでLPS-P2フィルターを付けました。オフアキでなかなか星が見つからないと思ったらバーティノフマスクが付いていました。とんでもない時間のロス、気をつけねば。準備ができれば後は楽です。家に入ってPCから遠隔操作できます。構図の微調整も簡単。開始後はコタツでぬくぬくしてました。しかし、十数枚撮ったうち、半分くらいは失敗。恐れていた電線横断がありました。しかしそこで全く見えなくなるわけではなく、白いカブリが横断していきます。ガイドも中断するわけではないので、一応最後まで継続できます。しかし使えそうなコマは5枚だけでした。まるで足りません。でも結構このスタイルで行けそうなのがわかりましたから、次は電線横断がない時間にたっぷり撮影しようと思います。

| | コメント (8)

2018年1月17日 (水)

今日は新月

今日は新月でした。この新月期も成果なし。冬だから仕方がないといえば仕方ありませんが、このまま冬物を撮らずに春を迎えると思うとちょっとさみしいです。

しかし次の満月は皆既月食です。これはぜひ見たい。県外遠征しても見たい。そろそろプランを練らなければなりません。まずは拡大撮影。これはHD800+レデューサーの1400mmで撮ろうと思っています。APS-Cなのでぎりぎりです。フルサイズなら少し余裕が出るのですが仕方ないです。こんな感じになると思います。

Img_0851

2014年の月食です。トリミングしてイメージしてみました。今回は迫力で行こうと思います。

それからまだ撮ったことのない地球の影を撮りたいです。結構合成が難しそうなので参考になりそうな今月号の星ナビ買ってきました。どの光学系で行くか、追尾はどうするか、考えます。後は皆既中の星野です。広角と中望遠でガイドする予定。これ以外は手が回りそうにないので止めようかと思います。

問題は天気ですね。新潟が晴れる可能性は限りなく低いのでいっそ冬型になって群馬あたりが晴れてくれれば、と願っています。場所は当日のGPVで決めるしかないですね。それから月食とはいえ、暗いところを狙っています。光害があるかないかで皆既中の透明感が違うのが前回の月食でわかりました。リアル光害マップも見ながら検討します。

女房に県外遠征打診したら意外にも快諾してくれました。案外特別なイベント物には日頃の星見ルールは適用されないみたいです。まあ、そうでなければこの趣味やってる意味ないですからね。2週間はあっと言う間でしょう。準備を怠らないようにせねば。

| | コメント (4)

2018年1月15日 (月)

楽しい雪いじり

こんなこと書くと不謹慎とか言われそうですし、ヘタすれば炎上しかねない発言ですが、私は雪いじり、案外好きです。雪いじりという言葉があるのかどうかわかりませんが、父親が豪雪地に住んでいた時、暇さえあれば玄関前とか雪下ろしの雪とかを処理していました。それを「雪をいじる」と言っていました。積雪量2~3mの地でしたが、案外つらそうにやっているようには見えませんでした。今は新潟市に住んでいますが、少しでも雪が積もると家の周りを完璧に除雪しています。そこまでやらなくても全く困らないんですが、ムダにきれいすぎるほどきれいにします。私もその血をたぶん受け継いでいるのでしょう。雪が降った後、晴れていればなにかしら雪をいじらないと落ち着かない気分になります。通行には全く困らないんですが、雪国育ちのDNAがそうさせているとしか思えません。なんというか、家の前がきれいになること、積み上げた雪でなにかを作り上げた気分になることで達成感があるんですよね。この日曜日も家の前の雪をムダに空き地に積み上げました。そうしてできた高さ1mくらいの山に登ると景色も違います。そうだ、夜ここで星を撮ろう。

201801141

にわか撮影台で撮った光害地での冬の大三角形です。せっかくの晴れ間に遠征できなかった鬱憤をここで晴らしました。赤道儀がなかったので、15秒で撮影した固定画像を12枚位置合わせしてコンポジットしました。地上部は別に撮って合成しました。

それからこんなものも。物星台からカノープスの南中時刻に合わせて100mm望遠レンズで撮ってみました。

201801142

カノープスが写るはずもないんですが、どの程度低空が写るか、滅多にないチャンスなので撮ってみました。しかし南を外しました。 100mmって案外狭いです。もっと西側に振るんでした。しかしこれでω星団は十分撮れることが確認されました。この構図の真ん中よりも上に見えるはずです。透明度のよい冬の真夜中に早めに撮っておきたいものです。

ちなみに私の車はまだ出せない状態です。今日は電車通勤しました。いくら雪いじりが好きだと言っても体力的に無理なものは無理です。除雪車がくるか、溶けるまで待ちます。

| | コメント (4)

2018年1月13日 (土)

太陽柱

珍しい現象を見ることができました。

Img_2222

太陽柱です。風のない寒い晴れた日に見られます。前日の大雪がウソのように晴れ渡り、そのかわり放射冷却現象で非常に寒かったです。新潟市内でもマイナス5℃、同じ新潟市で内陸の秋葉区ではマイナス10℃だったようです。

過去には1度だけ見たことがあります。小学生か中学生の時、当時住んでいた十日町市でやっぱり2月か3月の寒い夕方、太陽から伸びる光の柱を見ました。その時は知識がなかったのでこれが黄道光なのかと思いました。黄道光を知っていたと言うことは天文に興味を持った小学五年生より上だったということになります。

私は朝寝坊なので日の出前に起きることはまずないのですが、朝早く車で出た女房が、無事に着いた、というメールで起こされたからです。普通ならそのまま寝るところですが、天気が良かったのでなんとなくカメラ持って外に出たらこの光景に出会えました。実はこの写真は私の寝ている枕元の窓から。外だとJRの架線が邪魔なので家に戻って撮りました。しかし窓が凍って開きません。窓越しで本当はちょっとコントラスト悪いです。

早起きするといいこともありますね。ちょっと生活習慣見直そうかな。

| | コメント (2)

2018年1月12日 (金)

1.12豪雪の記録

勝手に名付けてしまいましたが、これは記録に残る豪雪となるでしょう。新潟市は11日、午前中は積雪0cmだったのですが、午後からみるみるうちに積もり始め、12日明け方には80cmという積雪を記録しました。6年前の大雪のときでもここまで一気に積もったわけではないのでその時の比ではありません。

11日午後の雲です。

201801111400

普段は佐渡にブロックされて新潟市はあまり降らないのですが、今回は能登半島のほうから攻めて来ているので佐渡ブロックが役に立っていないことが見て取れます。

こちらは24時間降雪量

201801120900

見事に新潟市周辺に降雪が集中しています。

前日から車で出勤は無理だろうと諦めて電車で行けるのなら電車で行こうと思っていましたが、朝起きたら・・・

Img_2184

昨夜よりもさらに倍積もっています。なんでも例年の10倍とか。しかしこういう時の何倍という表現には違和感あります。1cmが10cmでも10倍ですし、1mが10mでも10倍。あんまり意味ないと思います。

幹線道路は除雪はされていますが大渋滞。あちこちで道路脇に突っ込んだのか、立ち往生している車が渋滞に拍車をかけています。

Img_2191

除雪していない脇道は膝上まで潜ります。こんなのは小学校の時、当時十日町での通学以来です。

Img_2194

女房です。

倒れました。

Img_2195

私の車です。

Img_2199

昨夜は21時に帰宅してその時は積もっていませんでしたが、一晩でこのような有様です。80cmの雪を自力で除雪して幹線まで出すのはムリ。電車も全線運休です。仕事は休むことにしました。

コンビニはガッツありますね。一応駐車場は除雪してあります。しかし配送はどうなっているのでしょう。おにぎりとかなにも棚にありませんでした。

Img_2200

10時頃になると渋滞も解消しています。日も差してきました。歩道が狭いです。すれ違いができません。こういう時譲り合ってお礼を言い合うのも雪国ならではの習慣です。懐かしい。

Img_2203

こんな光景、新潟市で見れるとは思いませんでした。雪下ろしが必要なレベルです。

Img_2205

6年前を超えてすごいです。車出すなんて不可能です。町内の人たちも少し雪掻きして諦めたようです。

Img_2207

ようやく峠を超えて青空も見えてきました。

Img_2208

向こうは踏切ですが、1台の車が踏切の直前で立ち往生していました。踏切の向こうは除雪していなくて行くことができません。知らないで突っ込もうとしたようです。声をかけてお手伝いしました。前の家の人が雪掻きしていたので使っていなかったスコップをお借りして周りの雪をのけてみましたがどうにも手強い。最後の手段、ジャッキアップしました。ト○タ車の車載ジャッキって使いにくいです。なかなか苦労しました。結局片輪だけではだめで両輪をジャッキアップして抱いている雪を除いてようやく脱出成功。1時間位かかりました。途中で近所のおじさんがあれこれ口出ししてくるもので、かえって時間がかかりました。融雪剤とか撒いていましたが、こんなときには役に立たないんですけど。JAFを呼んでいたみたいですが、いつ来るかわからないとのことで感謝されました。なんでも県外からレンタカーで出張に来ていたそうです。

JR越後線は除雪していません。終日運休でした。明日のセンター試験はどうなるのでしょう。

Img_2209

物星台に上がる階段はこの通り。上がってみましたが腰まで埋まってしまいなかなか上がれません。しかし耐雪構造がウリなのでこれくらいではへっちゃらです。

Img_2211

物星台からの光景

Img_2212

夕方ようやく除雪車が来てくれました。女房の軽だけは出せるようになりました。しかし裏の私の駐車場はやってくれていません。このぶんだと明日も車は出せないでしょう。明日、あさっては休みだからいいとして、月曜日はどうやって出勤しましょう。頑張って土日で道を作るしかないのでしょうか。

追加

 


まさか自宅前で雪景色星景を撮れるとは

Img_2218

| | コメント (12)

2018年1月 9日 (火)

晴れ上がり

今日は大荒れの天気でした。大暴風雨。しかしあまりに風が強いので、大雨をもたらしていた雲もあっという間に吹き飛んでしまいます。

新潟市内のバイパスを走っていたらすごい黒雲で大嵐。まだ日没の時間でないのにライトを点けないと走れません。もう二度と太陽が顔を出すなんてことはないんじゃないかと思わせるほど真っ暗です。しかしそう思ったのもほんの一瞬。地平線に見えた僅かな光がみるみるうちに青空に変わっていきます。そのあまりのスピードに神々しさすら感じたので動画にしてみました。

約3分間の出来事でしたが、時間は2倍に縮めてあります。遥か向こうの僅かな雲間があっという間に空一面に広がる様が体感できると思います。

この青空ももう5分も走ったら車が揺れるほどの暴風雨に早変わり。新潟の冬は過酷です。

| | コメント (8)

2018年1月 8日 (月)

僅かな晴れ間

NHKテレビのメッシュ天気予報をよく参考にします。結構当たると思っています。7日は新潟地方のみ21時過ぎから晴れ。当たりました。0時を回るまで家族と家飲みしていたのですが、終わってから外を見上げたらほとんど快晴です。

Img_2180

1時頃から20分くらい露光しましたが、その間雲は通っていません。こんな星空は1ヶ月以上ぶりです。この後寝て、3時ころトイレに起きて見上げたらまだ晴れています。平日で、夜半前ならチョイ遠征できたのですが。ちょっと残念。

再び今日からまたしばらく荒れ模様の様子です。本当に関東遠征考えようかな。

| | コメント (4)

2018年1月 2日 (火)

早々とスーパームーン

正月気分も抜け切らない、というかまだ正月真っ只中の2日、スーパームーンでした。先月の満月もスーパームーンでしたので2ヶ月連続。そんなこともあるんですね。年をまたいだからどちらもスーパームーンであって、もし同じ年ならやや遠い今回のはスーパームーン認定はなかったのかも。

最近は2日の朝6時43分でしたので夕方過ぎよりも明け方ほど近い。しかしそのために早起きするのも辛いので、2日0時を回った早々に撮影しました。ちょうど雪雲の間からうまい具合に顔を覗かせていました。0時15分頃です。

Supermoon

先月12月3日のスーパームーンとの比較です。上が先月、下が今回。ほとんど違いはありませんがちょっと遠いのでわずかに小さいです。

これが今年の撮り初めになりました。幸先いいっちゃ幸先いいですね。今年は晴天が多い気がします。まあ、根拠のなくただそう思うだけですが。

| | コメント (4)

2018年1月 1日 (月)

ハッピイヌーイヤー

2018年が明けました。本年もよろしくお願いします。

さて、元旦はなるべく干支ネタにしています。戌年の星座は皆さんまず思いつくのがおおいぬ座でしょう。私もそれ以外思いつきません。しかし11月からずっと狙っていたのですが、とうとう撮れませんでした。結構真夜中にきれいに見えることはあったのですが、光害地からでは絵になるような写真は撮れませんし、かといって夜中からそれだけの撮影に出るのもなかなか難しい。ついに撮れませんでした。しかたがないので過去の写真を引っ張りだしてきました。

Oinu

中学生の頃に撮ったのだと思います。イラストは息子に頼みました。羊のときにも描いてもらい、思わぬ好評をいただきましたので今回も頼み込んで描いてもらいました。ヘタウマというのでしょう。オヤジよりもずっとセンスあります。

ブログの写真を遡ってみたらこれも撮っていましたのでこれにもイラスト描いてもらいました。

201702281

こいぬとおおいぬを引き連れるオリオン。神話とは全然関係ありませんが、おめでたそうなのでこういうのもアリではないでしょうか。

さて、今年は星的にはどんな年になるでしょう。去年は散々でしたので今年はぜひ晴れの日はたくさんあるように願うばかりです。

今年もみなさんにとって良い年でありますように。

| | コメント (12)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »