« オーロラ見えず | トップページ | 晴れないので調整 »

2017年9月10日 (日)

週末は物星台で

この週末は晴れる予報でした。でも満月過ぎたばかりの月があるし、遠征してもしょうがありません。そんなときは家の物星台で見られるものを見てます。

M57です。

201709091

惑星状星雲は月明かりや光害の影響あまり受けずにそこそこ写ります。

HD800 直焦点、Astro 60D(温度不明)、ISO3200、1×21枚、EQ6PROオートガイド、ガイド鏡ペンシルボーグ、ガイドカメラQHY5LⅡ

とはいえ、ピンぼけです。それでも過去の写真よりはずっとよく撮れています。やっぱり大口径長焦点の威力ですね。

キャッツアイ星雲

201709092

HD800 直焦点、Astro 60D(温度不明)、ISO1600、30秒×32枚、EQ6PROオートガイド、ガイド鏡ペンシルボーグ、ガイドカメラQHY5LⅡ

明るすぎます。1分では露出オーバー。でもちっちゃい。木星よりも小さい。これはピクセル等倍です。まさに惑星状星雲。月明かりや光害は全く関係ない、と言う感じ。短時間露光で写るので、不安定な物星台から撮るには絶好の対象です。これらはリモート撮影で家の中からコントロールしています。真ん中に導入するコツもつかんだので。ピントと回転以外は外にいく必要がありません。でも導入で子午線越えて反転するとケーブルが絡む心配があるので、その時は見に行かなければなりません。

夜半すぎには隣の家の屋根から月が昇ってきます。

201709093

予報に反し、薄雲が多かったです。まあ、それでもこれくらい楽しめるのですから物星台作って良かったです。しかし、晴れとはいっても毎回雲混じり。どうにも完全快晴という日がありません。今週末も晴れる予報で、月もなくなるので久々に遠征したいですがどうなることでしょう。今年は本当にだめです。

|

« オーロラ見えず | トップページ | 晴れないので調整 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

まるひさん、凄い。そのエネルギーが欲しい。

物星台活躍していますね。

投稿: けんちゃ | 2017年9月11日 (月) 00時13分

自宅撮影、良いですね。
忘れ物の心配もないし、セッティングさえしてしまえばほったらかしでも何とかなるので本当に楽です。
キャッツアイ星雲ですが、ラッキーイメージングとかドリズルとか解像度の限界に挑戦して遊んでみるのも楽しそうです。

投稿: tantan | 2017年9月11日 (月) 16時44分

けんちゃさん
自宅で観れるのっていいですね。
たとえ光害地であってもそれなりに見えるものありますし、普段暗い遠征地で撮るには勿体ない対象を撮れると思うと楽しいです。
けんちゃさんのような屋根付き観望台が理想です。でも無理だなー

投稿: まるひ | 2017年9月11日 (月) 22時22分

tantanさん
リモート撮影の便利さは止められないですね。家族とお茶している脇で撮影できます。でも家族はここから望遠鏡操作しているなんて思っていないみたいです。
土日と連続して晴れそうな日は極軸合わせたままで翌日まで放置しています。道路からは見えないですし、こんな重いもの持ってもいけないでしょうからまあ安心でしょう。でも一応ワイヤーで鍵かけました。
小さな惑星状星雲って遠征地とか新月期に撮るのは勿体ないですが、満月期の光害地でも写るので面白いです。意外に奥が深そうでこれからも楽しめそうです。

投稿: まるひ | 2017年9月11日 (月) 22時30分

ご自宅での撮影、イイですね。
月のある日のこんな晴れ間を逃さずに撮れますもんね。
また、仰る通りで、こういった対象を撮るには打ってつけかもしれません。
でも、次の新月期こそは遠征したくなるスッキリとした秋晴れを祈願ですね。

投稿: ちーすけ | 2017年9月12日 (火) 08時22分

ちーすけさん
自宅観望、撮影ができるようになって稼働日が多くなりました。晴れれば何かしら見えるのでストレスが溜まりません。
女房も遠征と違って自宅で見ている限りは生温かい目で見守っていてくれるようです。
でもやっぱり遠征にはかないませんね。もちろん新月期、晴れれば出撃します。ちょっと晴れそうな予報ですが、期待しています。

投稿: まるひ | 2017年9月12日 (火) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オーロラ見えず | トップページ | 晴れないので調整 »