« 梅雨明け間近? | トップページ | 高いところが好き »

2017年7月14日 (金)

大きな黒点?

結局14日と予想していた梅雨明けは外れました。それでも湿った空ながら今日は晴れて暑い一日でした。

久しぶりに大黒点が出現したとのことなので見てみました。

20170714

正面から2日過ぎてしまったのでちょっと小さめに見えます。

それにしてもこれで大黒点とはちょっと言えない。活発な時期ならこれくらいは毎日でも至る所に見えたと思います。それにしても太陽はどうなっちゃったのでしょう。過去の写真をみても4月の始めに少しあった以来5月6月は無黒点でした。我々地球上の生命は太陽に生殺与奪の権を握られているわけですから、わずかの変化でも心配になります。温暖化よりも寒冷化のほうが怖いです。ちょっとずつこれから黒点が増えていけばいいんですけどね。

|

« 梅雨明け間近? | トップページ | 高いところが好き »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

そうなんですよね。
ここ1年くらい、黒点の出現が極端に少ない気がします。
太陽撮影時は、これが無いとピントが合っているのか?いないのか?不安になります。
そんな事はどうでもよく、やはり地球上生命に直結する太陽活動。
とても気になります。

投稿: ecl | 2017年7月15日 (土) 09時00分

昔はどんな時でも黒点のいくつかは出ていたと思います。今は出ている方が珍しいくらい。なんか、出たことにほっとした気分です。日没時に肉眼で見えるくらいかと思いましたが、そこまで大きくなかったみたいです。
そうですね。黒点でピント合わせます。太陽面のブツブツは粒状斑でしょうか。それともただのノイズ?たまにわからなくなります。
温暖化対策と太陽活動の減少で寒冷化しないのでしょうか。むしろそっちの方が気になります。

投稿: まるひ | 2017年7月15日 (土) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨明け間近? | トップページ | 高いところが好き »