« M101 | トップページ | 極望を付けました »

2017年5月25日 (木)

M104

最も好きでない銀河の一つです。

201705205

Celestron Edge HD800 20cm 2000mm、Astro 60D(約-14℃)、ISO1600、5分×5枚+8分×3枚、EQ6PROオートガイド、ガイド鏡ペンシルボーグ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、RStackerにてフラットコンポジット、Photoshop CS6で画像処理、トリミング

書き出しの文は間違っていません。正直なところはこの対象はあまり好きでないです。明るいけどシンプル過ぎて小さい。撮るときは大抵春霞の低空なのであんまりきれいに撮れた試しがない、といったところです。ほかにはM51やM33も好きでないほうです。なんというか、腕の形が美しくないというか・・・個人の感想ですが(笑)そうは行っても撮影するんですけどね。

しかしM104は淡く広がったバルジが美しくて最近好きになってきました。撮りたいイメージがあるのですが、私の光学系では難しいでしょうね。これは全然イメージに近づいていません。もっとバルジは透き通るように淡くしたい。星もボテボテですね。光学系とかシンチレーションとかいろいろ要因はあると思います。ボツにしようと思ったのですが、記録のために載せておきます。あくまでも後で自分が見るため。

|

« M101 | トップページ | 極望を付けました »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

シンチレーションと、仰るようにオフアキと親子亀の違いもあるのでしょうね。

投稿: けんちゃ | 2017年5月26日 (金) 00時02分

2/3程度にトリミングでしょうか?
2000mmの迫力を感じます。
オフアキ使用と好シンチレーション時の更なる迫力画像に期待しています。

私も撮影した全ての対象をブログアップしています。
同じく、後々の楽しみとして。

投稿: ecl | 2017年5月26日 (金) 07時24分

ソンブレロ星雲は少年時代からの憧れ銀河の一つです。しかし「ボンヤリに横一線」以上に写った事がありません。そういう意味では私も嫌いかな・・・
いつか強拡大で、どの辺がソンブレロか分からない風に撮ってみたいです。低空なのに小さくて解像度が要求される対象なので難しいですね。

投稿: tantan | 2017年5月26日 (金) 13時12分

けんちゃさん
ピントは合っているように見えるんですよね。でも星が肥大。ちーすけさんのM104をイメージしていたのですが、遠く及ばないです。
ガイド星が見つからず、ガイド鏡方式にしました。やっぱりちょっとガイドミスしていましたね。逆にいえば、オフアキの効果は大きいということです。

投稿: まるひ | 2017年5月27日 (土) 00時20分

eclさん
はい、それくらいトリミングしてますでしょうか。対象確認アイピース使ってもど真ん中にいれるのは難しいです。真ん中に入れるのにこだわって時間を潰すのはやめることにしました。
そろそろ夏の対象に移ることにします。今度はR200SSを持ち出します。秋に再び登場してもらいます。
ブログには見せて恥ずかしい写真は載せたくないのですが、保存の意味もあるのでやっぱり載せてしまいますね。そういう時はすぐに次の記事を書いてトップから目立たないようにしちゃいます。

投稿: まるひ | 2017年5月27日 (土) 00時29分

tantanさん
昔はこの形、特異で好きだったのですが、自分で写真を撮るようになったら、小さすぎてたいして見栄えがしないなー、と感じていました。いつだったかハッブルが撮影したM104の透明感あるバルジに感動し、いつかこんな風に撮りたいとイメージしてきました。しかし甘いですね。程遠い。でもいろいろ工夫していつかはそれに近い作品にしてみたいです。

投稿: まるひ | 2017年5月27日 (土) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« M101 | トップページ | 極望を付けました »