« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月28日 (火)

こっそりと遠征

よく晴れましたねー。2月とは思えない。帯状移動性高気圧が来てそろそろ冬も終わりの気配です。

昨日は一応家族に出かける宣言をして撮影に行きました。しかしさすがに二晩連続は言い出せません。でもこのお天気のがしたらもったいないです。そういえばまだ冬景色のオリオン撮っていませんでした。なんとかいつもと同じ帰宅時間に帰れるように調整して遠征しようと決めました。

場所は阿賀町の奥、沼越峠。といっても冬季閉鎖中なので峠までは行けません。除雪してある一番奥に行ってみようと思いました。片道1時間くらい。20時に向こうを出ればいつもの帰宅時間21時には帰れます。星見に行ったことはバレません。18時半頃職場を出て、19時ちょっと前に着きました。49号線の五十島から入りました。よく除雪してあって走りやすいです。もちろん対向車はありません。峠を登り始める橋のところで除雪が終わっていました。視界もバッチリ。南がよく開けています。冬の星座が目の前に広がっています。真っ暗でこんなによく見える場所は初めてです。

201702281

2対象撮ったところで時間切れ。20時ちょうどに出発しました。21時5分に帰宅できました。なんとも慌ただしいですが、まあ、しかたがありません。平穏に家庭生活を送りながら趣味を楽しむのも一苦労です。だからこそ楽しいのかもしれませんが。

| | コメント (12)

2017年2月27日 (月)

晴れるはずが

今日は晴れるはずでした。しかし夜になってもなかなか雲が消えません。やめようかな、と思いましたが、今日は遅くなる宣言をしたのでやめるわけにもいきません。仮に今日やめて代わりに明日にしようにも2晩連続はいい顔しないに決まっています。まあ、オフアキで星が見つかるかのテストだけでもいいかと割り切ることにしました。

こんな感じで狙いのオリオンあたりに雲がかかってなかなかどいてくれません。

Img_1239

せめて極軸合わせだけでもしておこうかと思っても北極星のあたりも一面の雲です。

Img_1240

1時間くらい開店休業状態でした。それでも20時半頃からなんとか北極星が見えてきたので極軸合わせることができました。

さて、ガイド星は思いの外簡単に見つかりました。適当に望遠鏡を向けたら2~3個入っています。な~んだ、楽勝じゃん、と思ったのも束の間。ピントがなかなか合わせにくいし、合ったと思ったら撮影カメラがピンぼけだし、とかなかなか難しいです。まずM1を撮ってみたのですが、ピンぼけでした。ピント合わせてからカメラを取り外し、対象確認アダプターで中心に入れてカメラをつけ直したらずれていました。やっぱり一旦合わせてしまって外したら再現できないですね。

その後またM1は雲の中に。オリオンは相変わらず雲から出たり入ったり。しかしシリウスあたりだけは終始雲がかかりません。そこでマイナーな対象ですが、M41散開星団を撮りました。

M41

HD800に0.7倍レデューサーつけて5分露光です。あんまりブレていませんね。ガイドグラフはウィンドウの振幅くらい激しく動いていましたが、それほど影響ないみたいです。さすがオフアキです。しかしガイドの暴れはなんとかしたいです。ガイド星のピントをちゃんと合わせたり、PHDのパラメーターを工夫すればいいのでしょうか。まあ、ともあれオフアキがどんなものかという概念はつかめたみたいです。あとは慣れでしょうか。

撮影風景

Img_1241

ずっとこんな空だったので予定を早めて22時前に止めました。まあ、今日は本当にテストだけのつもりで、だいたい目的果たせたのでこれでいいです。満月期過ぎるまでおやすみにします。次は作品にしたい。

| | コメント (6)

2017年2月26日 (日)

調整完了

昨日の土曜日にOrionのオフアキTOAGを再調整しました。先週の調整ではバックフォーカスが63mmだったのをなんとか2mm縮めて61mmにしたい。まず、カメラの接続にビクセンのTリングをやめてTOAG付属の薄型マウントに交換します。Canonマウントが標準装備というのがすでに世界でも天体カメラはCanonという認識なんでしょうね。これで10mm稼げました。53mm。今度が逆に8mm増やさねば。今まで付いていたBORGの延長筒は12mm、これを20mmのものに取り替えました。まさにこれで61mmです。実測したら60.5mm。まあ、百均の安物ノギスなので誤差があるかもしれません。2インチスリーブ抜き差しで調整も可能でしょう。

次はガイドカメラ側を同焦点に。先週はここがうまく行かなくて63mmに甘んじたのですが、やってみれば灯台下暗しか、コロンブスの卵か(ちょっと違うか)、接眼スリーブを外せばちゃんとピントが出ます。なんで気が付かなかったのか?前後に若干の余裕もあるし、バッチリです。ここまですべてボーグパーツ。ボーグパーツ侮れません。

Img_0322

これで決まり。あとは晴れを待っての試写を待つのみです。週初めは晴れマークがあります。早々にファーストライトできるかもしれません。そういえばフラット取り直さなけばなりませんね。昨日のうちにやっておくんでした。

| | コメント (5)

2017年2月25日 (土)

冬の一日

朝起きたら雪が積もっていました。予報にもなかったし、いきなりの積雪で誰もが驚いていたみたいでした。でも昼間はいいお天気になり、その雪も全部溶けてしまいました。

土曜日ですが、一応出勤。誰もいません。メールの返事を書いたり、少し仕事をしますが、コーヒー飲んだり、ゆっくり過ごします。お昼は近所のスーパーに散歩がてら昼食を買いに行きます。無性にバターをたっぷり塗ったトーストが食べたくなり、ハーフ食パンとチューブ入りバター買ってきました。職場のオーブンレンジでカリカリにトーストして食べました。美味しかった。

忙しさのピークは過ぎたので、午後はちょっと機材いじりをしました。オフアキの再調整。なんとか思うようになりました。上空には雲が出てきました。でも県央方面の山々はきれいです。向こうは晴れているようです。

Img_5049

守門岳ですかね。mini BORG 60ED+1.4倍テレコンバータ+2倍テレプラス、実質焦点距離980mmです。このままずっとお天気が続いたら県央の方々は遠征かな、とか思っていたら結局向こうにも雲が広がって行きました。

そうしたら今度はこちらは西の方から少し晴れ間が広がってきました。1枚くらいは金星を撮っておかねば、と思っていたので機材をセット。でも面倒なので室内からです。初めはHD800で撮ろうと思ったのですが、EQ6PROを運ぼうとしたところでくじけました。やっぱりSEⅡの時よりは稼働率が低くなっていますね。結局さっきのmini BORGにしました。

20170225

初めはゆらぎが酷かったですが、後半落ち着いてきました。

撮影風景です。

Img_0324

階段途中に三脚セットしています。危なっかしですね。やっぱりここにEQ6PROは危険かも。精度は良くなくていいので10kgくらいを載せられる軽い赤道儀が欲しいです。

このあと本格的な曇り。帰宅するときは小雨も降ってきました。さっきは雷も鳴っていました。めまぐるしいお天気の一日でした。

| | コメント (2)

2017年2月20日 (月)

TOAG調整

Orionのオフアキ、TOAGを調整してみました。撮影カメラとガイドカメラを同焦点にするのに実際に望遠鏡に取り付けてしばし試行錯誤しましたが、この形で落ち着きました。付属の薄型EOSマウントは使わずにビクセンのTリングを使いました。ガイドカメラ側はBORGの接眼用リング。これでQHY5L-Ⅱがぎりぎりピント合います。

さて、HD800につなぐ側ですが、まずレデューサーを入れない場合。

Img_0317

やっぱりセレストロンのTアダプターと同じ長さにするんですよね。BORGのシュミカセ用アダプタに60mmの2インチホルダーをつけました。大体同じ長さになりました。

次は×0.7のレデューサーをつけたときですが、レデューサーからEOSのマウント面まで61mmにしなければならないとのこと。実はお恥ずかしながらわかっておらず、今までセレストロンのTアダプタをそのままで使っていました。なんでこれが2段式になっているか気にもしませんでしたが、外すことで61mmnになるようにできているんですね。ということは今まで撮った写真は全部失敗だったということです。

Img_0319

20mmの2インチホルダーに交換し、さらに10mmnの延長筒をつけることでだいたい同じくらいになりました。実は測ってみたら2mm長い、63mmでした。2mmの差がどう影響するのかわかりませんが、どうなんでしょう。皆さんここにこだわってリングを特注する人もいるようですが、私はとりあえずこれで行ってみます。たぶん私の目には気が付かない程度の差ではないかと思います。

次は実践ですが、うまくいくかなあ・・・しかし晴れる気配がありません。

| | コメント (4)

2017年2月19日 (日)

ぱっとしませんが

16日撮影のM42を普通に処理してみました。

201702161

R200SS+コマコレPH(760mm)、EOS 60D(ノーマル)、ISO1600、5分×8枚+2分×4枚+20秒×4枚、EQ6PROオートガイド ガイド鏡ペンシルボーグ ガイドカメラQHY5LⅡ PHD Guiding、RAP2にてダークフラット、Photoshop CS6、SI6.5で画像処理

冷却でもIR改造でもないドノーマルの60Dで撮ってみました。赤っぽさがなくクールな感じになるかと思いましたが、そうでもないですね。暗部のノイズも増えるし、やっぱりあまりいいことはないです。やっぱり天体写真は天体写真専用カメラです。

あえてちょっとだけSI6.5を使ってみましたが、さくさく動きます。SI8の重さはなんなんだろうと思いましたが、遅ればせながらSI8aにアップデートしてみました。そうしたらあの鈍重さがなくなり普通になりました。改善内容にそんなことは書いていなかったので放置しておいたのですが、こっそり直していたのですね。これならちょっとは使ってみようか、という気になってきました。

| | コメント (4)

2017年2月17日 (金)

こんなものも届きました

昨日はディープサイクルバッテリーと一緒にこんなものも届きました。

Img_0310

発送元はアメリカアマゾン

Orionのオフアキ、TAOGでした。

Img_0311

国内代理店から買おうと思いましたが、使ったことがないショップだったので一抹の不安が。ならいっそアマゾンからと思い探してみました。国内アマゾンは扱いがありません。アメリカにありました。OPTにもありましたが、送料を考えるとアマゾンがちょっと安い。

アメリカアマゾンは日本のアカウントが使えません。新規に作ることになります。以前にも買ったことがあるのでそれでログインしました。商品によっては国内代理店があるものだと日本に送ってもらえないことがあります。これはOKでした。本当にクリック数回だけで手続き完了。その日のレートで日本円に換算して表示してくれます。特急便と普通便と船便が選べましたが、安くて比較的早い普通便にしました。10日くらいで届いたと思います。しかし便利な世の中ですね。

さすがに届いた日には使えませんので、休日にゆっくり調整します。ちゃんとガイド星がみつかるかな。これで春物銀河を撮りたいです。

さて、昨日の近所撮影ではM42を撮りました。R200SSです。試しに届いたばかりのステライメージ8だけで画像処理してみました。

New1

途中でいやになって止めました。ストレスがたまるだけで一向にきれいになりません。これはかなり精神修養を要します。明日以降、SI8を使わないで画像処理をしてみます。どれくらいの違いが出るのでしょう。

| | コメント (6)

2017年2月16日 (木)

頑張らない星見

昨日あたりから予報が好天に転じてきました。晴れそうです。平日ですが、なにか撮りたい。バッテリーを充電せねば、と思ったところにこんなものが届きました。

ディープサイクルバッテリー

Img_0308

噂に違わず超重い。これだけでカラーレーザープリンタくらいの重さがあります。密度がすごい。さて、どうやって箱から出せばいいのだ、としばし悩んでしまいました。脇を持って持ち上げるのは不可能。逆さまにはできないし、箱を解体するしかないのか・・・付属の持ち手付きの紐をなんとか掛けてようやく取り出すことができました。しかし、結局またもとに箱に戻しました。若干でも保温になりそうなのでいいかなと。

充電器も新しく買いました。

Img_0309

同じメーカーでないですが、ネットによると販売元が違うだけで中身は同じとのこと。こちらがポイントが溜まっているヨドバシで扱っていたのでこれにしただけです。まあ、そんなことはどうでもいいのですが。

これもファーストライトというのか、早速これを引っさげて撮影に出かけました。平日ですし、山は積雪で設営が大変そうなので、職場に近い赤塚の畑です。女房もなぜか最近私が夜出かけるのを心配しているし、このブログのキャッチフレーズのように無理して頑張らないことにしました。

意外と暗いです。冬なのでいつも明るいゴルフ場や運動公園が休んでいるためのようです。子午線から西に限ればセカンド撮影地の、五泉の蛭野よりも暗いかもしれません。さすがに重量級バッテリーです。安定して動いています。これで電源問題は解決のようです。明日は仕事ですし、無理せず22時頃やめました。1対象しか撮れませんでしたがまあ、満足です。これは週末にでもゆっくり処理します。

Img_1235

| | コメント (8)

2017年2月15日 (水)

ISSを撮る

ネットをブラ見していたら、今日の夕方国際宇宙ステーション(ISS)が上空を通過することがわかりました。いい具合に晴れていてなにか撮りたいと思っていたのでちょうどいいです。

201702151

18時30分頃から35分頃まで。30秒×9枚、EOS 60D、Tokina AT-X 107 DX Fisheye 10-17mm F3.5(10mm F4)、ISO1600

画像処理はPhotoshop CS6でRAW現像、Sirius CompでTiffからダークを引いて比較明コンポジット、その後Photoshopで調整。

せっかくなのでSI8の自動処理モードでもやってみました。

201702152

RAW現像とダーク補正、比較明コンポジットまでを自動でやらせました。色の調整はPhotoshopで行いました。

やっぱり変ですね。微光星が消えています。色も乏しくなっています。調整しても上のようにはなりません。やっぱりどこか情報を欠落させているように見えます。まあ、これはこれでこっちのほうがきれいと思う人もいると思いますが、上の画像を下のようにはできても下の画像を上のようにすることはできません。欠落した情報を戻すことはできません。

やっぱりRAW現像はステライメージには任せられませんね。他のスターシャープとかカブリ補正などの最終調整で使おうと思います。しかしそれらもFlatAideProのほうがいい感じなのでますますSI8の出番がなくなりそうです。

| | コメント (0)

2017年2月14日 (火)

バレンタインデーのお届け物

今日はバレンタインデーでしたが、チョコでなくこんなものが届きました。

Img_0306

ステライメージ8

チョコでも同梱してあるかと思いましたが、そういうシャレはアストロアーツにはなかったようです。早速インストールしてみました。

う・・・う・・・使いにくい。自動モードというのが立ち上がったので8枚ほどコンポジットさせてみました。コンポジット自身はそこそこ正確なようですが、早いとは言えない。8枚だけでも5~10分かかってしまいます。画像調整パネルというのもやってみましたが、とにかく遅い。ちょっとスライダーを動かしただけでプレビューが上からタラタラと下がっていって書き換えるのに一服できそうです。詳細モードに移るとおなじみの画面になりますが、ここでもレベル調整やトーンカーブなどあらゆるところでのプレビューがこんな感じ。はっきり言って改悪です。苦行のために画像処理やるわけではありません。ベイヤーRGB変換の色のおかしさも変わっていません。なんのためのバージョンアップか・・・ちょっとトホホな感じです。

マイナス面だけ目についてしまいましたが、私のPCが非力なのか、使い方が悪いのか、他に使った方どうですか?まあ、届いて1日目なのでもうちょっといろいろやってみます。

| | コメント (10)

2017年2月10日 (金)

the moon rose over an open field

第一級寒波が日本を襲っています。新潟はさぞかし凄い雪・・・と思うでしょうが今日はほぼ晴れ。とはいえ、高気圧のお天気ではなく、風が強すぎて雲が飛ばされて空いた青空という感じ。

Img_1229

向こうの広い野原に月が昇ってきました。五頭山方面は晴れている感じ。月夜の雪景色の星景でも撮りたかったですが、もう数時間晴れる保証もありません。行きませんでした。

明日はこちらも大荒れの予報。でも新潟市内って新潟県全般の天気予報が当てにならないんですよね。区が違っただけで全く雪の量が違いますし、職場のある西蒲区から中央区に行くまでの間に天気がころころ変わります。今現在は星が出ています。明日はどうでしょう。私の予報ではやっぱり新潟市内は降らないと踏んでいます。まあ、わかりませんけどね。

| | コメント (2)

2017年2月 5日 (日)

FlatAideProの威力

12月にいろんなトラブルで中途半端だった遠征がありましたが、その時大失敗だったM42をちょっと処理してみました。

20161203m42

あくまでもテストです。これを、作品でござい、という気はまったくありません。とてもお見せできるものではなく、永久にお蔵入り予定だったものです。

FlatAideProのベータ版が公開されていました。その性能を試したく、最も酷い画像がどれくらいリカバリーできるかやってみました。旧版のメイン機能のカブリ、周辺減光補正はもちろん、スターシャープ、ガイドエラー補正、白飛び復元(いわゆる多段階露光)その他いくつかのかゆいところに手が届く機能があります。ステライメージにもこれらはありますが、こちらのほうが使いやすく、処理が良く出来ていると感じました。

このM42は赤道儀のバッテリーが低下して正しく追えなくなってかなり酷いガイドミスだったのですが、拡大しなければそこそこ見られるくらいに改善しています。どれだけ修正出来たかをご覧ください。

Error_correct

かなり改善していますね。ステライメージのはやったことないのですが、こちらのはプレビュー見ながらできるのでとてもやりやすいです。画像の劣化もほとんど感じません。ごくわずかに米粒になった程度のガイドミスならほぼ劣化なく真円になるのではないでしょうか。

いろいろ試しています。色むらのあるカブリとかも簡単に補正してくれます。旧版と比べて機能が多くなった分難しくなっていて、使いこなすには研究が必要ですが、有益な画像処理ツールになりそうです。このバージョンからは有料になるようですが私は買うと思います。もしかしたら今月届くステライメージ8よりも使うようになるかもしれません。

| | コメント (8)

2017年2月 3日 (金)

美しき新潟の星空2017

毎年恒例、新潟天文研究会(新天研)の写真展が今年も開催されます。

2017

画像は会場入り口に置いてあったポストカードを頂いてきてスキャンしました。会場はいつもの新潟市中央区の日本海東北自動車道・新潟亀田インター脇のムサシ2階です。今年は開催日がちょっと遅いですね。 3月2日~3月14日です。3月11~12日は新潟酒の陣と重なります。多くの人が来港(新潟は港町なのでこう呼ぶことがあるみたいです)するようですが、こっちへの集客効果はあるでしょうか。

まだ1ヶ月ありますね。ちょっとご紹介が早かったかもしれませんが、カレンダーにメモして忘れないでいらしてくださいね。またまた頼まれてもいないのに宣伝しちゃいました。

| | コメント (2)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »