« 沈みゆく天の川 | トップページ | 引き返しました »

2016年10月28日 (金)

おめでたいこと二つ

今日はおめでたいことが二つあります。一つはこのブログがちょうど今日で10年目に達したこと。もう一つは今日で還暦を迎えたこと。

思えば人生半世紀を迎えた日に立ち上げたブログですが、10年続くと思っていた、というかいなかったというか、遠い未来過ぎて考えませんでした。先の10年は長いですが、過去の10年って短いものですね。しかし。このココログが10年同じシステムを保ち続けているのがすごいです。しかし何事も永久ってのはありえないので、サービスを止める日がきたらどうしようかと心配です。

せっかくの節目です。私の天文人生を振り返ってみます。
天文に目覚めたのが小学校5年生の頃、動機はよく覚えていません。確か近所の上級生が科学の付録の望遠鏡を持っていて、それで月を見せてもらったのがきっかけだったと思います。
はじめに買った望遠鏡がエイコー光学のT150という卓上型反射望遠鏡。このころのエイコーは型番が値段でした。つまり1,500円。子供の小遣いでも買えました。反射は見やすかったです。おもちゃですが、結構いろいろ見ました。近所でT280という屈折を買った友達がいましたが、屈折は見づらかったことを覚えています。人生最初の天体望遠鏡で反射を買わなかったら今はなかったかもしれません。
次に買ったのがプリンス光学の屈折望遠鏡。あんまり覚えていないですが、一緒に撮った写真が残っています。
中学生になって買ったのがあの名機?エイコーSTH155。当時の15,500円はお小遣いでは厳しいので親から買ってもらったのだと思います。無理ない姿勢で見られるのでM天体とか随分観察しました。この頃に覚えた星雲星団の番号や位置は今でも忘れていません。これを買った機会にエイコー宇宙友の会というものに入りました。当時は天文ガイドも取っていましたが速報性のある現象は間に合いません。新彗星などの情報は友の会からのハガキが頼りで、ベネット彗星とか多胡佐藤小坂彗星など、随分これで情報を得ました。
この頃からガイド撮影をやりだし、自分でポタ赤を作りました。ベニヤ板と寸切りボルトでタンジェントスクリュー式の手動ガイドです。これでも標準レンズで5分程度の露光ができました。
高校生になったとき、憧れのタカハシTS50屈折赤道儀を買いました。今思えばオールインワンで28,000円は安かったです。月食や日食、望遠レンズのガイド撮影などによく使いました。大学卒業するまでは実家に帰る度に撮影などしていましたが、就職して新潟市に住むようになってからは、珍しい天文現象でもない限りは天文から離れることになります。

人生折り返し地点を過ぎた40台後半、再び天文熱が再燃しました。きっかけはよくわかりませんが、子供も大きくなって毎週どこかに連れて行かなくてもよくなり、女房ともそろそろ倦怠期を迎えはじめ、日々がつまらなくなり、なにか自分の好きなことをやろう、と思ったことかもしれません。十数年ぶりに胎内星まつりに行ってみました。そこでジャンクのマクストフカセグレンを買いました。しかし全然見えない。がっかりですぐ手放してしまいました。本格的な望遠鏡を買おう、と思いたち、いろいろ機材研究をした末、FS-60CかBORG 77EDかで迷い、77EDに決定。BORG沼にはまった瞬間です。そしてその少しあとにこのブログを開設しました。

月日は流れあれから10年・・・機材はだんだん充実してきましたが、未だに天体写真の技術は向上しません。でも楽しいです。10年もすれば飽きるかもと最初は思っていましたが、その気配は微塵もありません。生きてる充実感を感じるのは一人遠征地で撮影の合間、星空を見上げているとき、星景撮影で東奔西走しているときです。この気持をずっと持ち続けることができるようにと、この節目の日に思っています。

10年間この稚拙なブログを見捨てないで訪れていただいたみなさん、本当に心から感謝いたします。先のことはわかりません。星見スタイルもガラリと変わるかもしれません。でもこの趣味、体の動く限り、意欲の途絶えない限り続けていこうと思っています。これからもどうぞ、よろしくお願いいたします。

|

« 沈みゆく天の川 | トップページ | 引き返しました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

10年ですか!?凄いですね。
自分はまだまだヒヨッコですが、同じく星撮りをして多くの方と知り合う事ができ、この歳で良い趣味ができたとうれしく思っています。
毎晩、まるひさんのこのブログもチェックするのが楽しみで、またどこかの撮影地でもお会いすると思いますが、今後ともよろしくお願い致します。

投稿: 小太郎 | 2016年10月28日 (金) 00時32分

おめでとうございます。輝かしくも羨ましい天文人生ですね。

空が暗い所で星を見て成長するって、人間にとって理想的なような気がします。Borg沼は、まるひさんよりちょっと早かったかもしれませんが、近年天体写真は大人の趣味になってしまいましたね。お互い末永く楽しみましょう

私は高度成長期の新潟市のど真ん中で育ったので、全く活動できない少年期でした。今はその反動でしょうかね。

投稿: tantan | 2016年10月28日 (金) 08時30分

ふたつの10周年、おめでとうございます。ぼくがココログにブログを開設したのは2008年10月なので、まだ10年には届きません。おっしゃるように、その間ココログはずっと安定したサービスを提供してきており、考えてみるとすごいことだと思います。ぼくは天体写真を撮るようになったのは2007年頃からなのでほんとに素人です。以来、まるひさんをはじめ県内の先人の方々のHPやブログを参考に勉強を重ねてきました。それは今も現在進行形で続いています。PCを立ち上げ、真っ先にチェックするのがまるひさんのブログです。今後ともよろしくお願い致します。

投稿: Toshihiko Sato | 2016年10月28日 (金) 11時48分

まるひさん、おめでとうございます。
ココログに移動する前に二つのサービスを使っていました。いずれも終了や有料化でおしまい、そのほとんど全てのデータを移動できませんでした。まるひさんのココログを拝見してココログに移動した経緯があります。niftyはパソコン通信を始めた頃からありなじみやすかったです。やっぱnifty。

まるひさんのブログは毎日拝見しております。何か新しいことを発見することが楽しみです。

投稿: けんちゃ | 2016年10月28日 (金) 12時57分

まるひさん、おめでとうございます。
10年継続するとなると中々出来ない事だと思います。
まるひさんのブログを拝見させていただくようになってから、わたしの天文趣味の趣向もかわってきたような気がしています。たぶんにかなり影響を受けているのでしょう。いつも興味深く拝見しております。これからもおじゃまいたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: ちーすけ | 2016年10月28日 (金) 18時07分

ご無沙汰してます! わかりますか?「かず」です。  お互い還暦になってしまいましたね。いつもこのブログを楽しみにしています。今回のを読ませていただき天文に目覚めた頃のことを思い出してしまいました。いまだ天文人生を送られていることを羨ましく思います。自分もまたはじめたいなと思いつつ天ガは毎月読んでますよ。お互い身体に気をつけましょう!再会できる日が来ますようにと思っていますよ。ではまた!!

投稿: かず | 2016年10月28日 (金) 21時14分

小太郎さん
ありがとうございます。
我ながら10年よく続いたものです。私もネット上や遠征先とかでたくさんのお仲間の方と出会えたことを財産のように思っています。
小太郎さんともいろいろなところでお会いしましたね。結構同じ趣味同士だと行動パターンが似るのか、必然とも思えます。
またこれからもお会いする機会はあるでしょう。いつまでもこの趣味を楽しみましょう。

投稿: まるひ | 2016年10月28日 (金) 23時11分

tantanさん
ありがとうございます。
私が天文を始めた時は木星はレグルスと並んでいました。それからもう5公転しました。
やっぱり星がよく見えるところで育ったからこういう趣味に興味を持ったのでしょうね。玄関先から天の川なんてよく見えましたから。
あの頃は天文は子供の趣味でしたし、天文ガイドの常連も若き頃の、現在大御所の方々でした。
年寄りの趣味と言われますが、人目につかないでできるのが幸いです。これからもずっと楽しみたいですね。

投稿: まるひ | 2016年10月28日 (金) 23時37分

Satoさん
ありがとうございます。
毎日見ていただけているようでうれしいです。そういう声を聞くとネタ探しの励みになります。
Satoさんのブログを知ったのは少し後からだったと思うのですが、暗いところを探すのに情熱をかけている方と感じました。私の方こそ撮影地情報や機材情報などずいぶん参考にさせていただきました。平凡な対象ながらすごく美しい作品に出会うことがあり、感銘を受けることも多いです。冬は冬眠に入ってしまうようですが(笑)春先の活動開始を毎年心待ちにしています。これからもよろしくお願いします。

投稿: まるひ | 2016年10月28日 (金) 23時51分

おめでとうございます!!
ギリギリ当日にコメントできて良かったです。
天体写真も復帰組だったのですか。
だいたい皆さま、同じような道を通るようですね。
それにしては撮影や画像処理が上手いです。
お手本にさせてください。

投稿: ecl | 2016年10月28日 (金) 23時59分

けんちゃさん
ありがとうございます。
緻密な機材調整でいつも完璧な星像を追い求めているけんちゃさんに刺激を受けています。とても追いつける訳ではないのですが、その姿勢を見習なければと思っています。
ココログは操作がシンプルで好きなんですよね。この変化の早い時代において、ずっと変わらないのはすごいと思います。できればこのまま永久に変えないで欲しいです。
せっかく訪れていただくブログですので、日記だけだと申し訳なく、何かしら情報を持ち帰っていただけるような記事を心がけています。ネタ探しも大変ですが、それがまた楽しいです。
これからもよろしくお願いします。

投稿: まるひ | 2016年10月29日 (土) 00時04分

ちーすけさん
ありがとうございます。
惰性でやってきたところもありますが、よく10年続きました。次は20周年目指します。
そういう風に言っていただけるとうれしいです。でも影響を与えているなんて、そんな大それたことはつゆほども思ったことはありません。私こそちーすけさんの作品センスをいつも素晴らしいと思っています。新月になると機材と技術と感性が生み出す作品に出会うのが楽しみになっています。
これからもよろしくお願いします。

投稿: まるひ | 2016年10月29日 (土) 00時17分

かずさん(本当はかずちゃんと呼びたいところですが)
ありがとうございます。
この日にコメントいただいてとてもうれしいです。時々見ていただけていたんですね。
記事の追加になりそうですが、もう少し暴露させてください。記事にあるT280は確かお隣のK一君が持っていたんですよね。記憶に間違いがなければ。なんとずーずーしくもそれを大学生の時譲ってもらったんです。都会の星空が見たくなってアパートの窓から眺めていました。かずさんはTH380、114mm反射赤道儀でしたね。私のよりちょっと高級機。それから天ガに掲載されたのもかずさんが先でしたよね。私もそれに触発されて応募し、なんとか掲載されました。今思えばかずさんの後追いばかりでした。かずさんがいなければこの趣味を今やっていなかったと思います。
また同窓会があると思うのでそのときはぜひお会いしましょう!

投稿: まるひ | 2016年10月29日 (土) 00時33分

eclさん
ありがとうございます。
コメントは一週間絶賛受付中です(笑)
私たちのような熟年天文マニアはだいたい復帰組でしょうね。私も例に漏れません。撮影も画像処理も理詰めで行うのが苦手なので何年たっても上達した、という実感がありません。感性だけでやっているのでときどき変な作品が出来てしまいます。
私と機材が似通ったものをお持ちのeclさんにはずいぶん助けられています。こちらこそいつも参考にさせていただいています。
これからもよろしくお願いします。

投稿: まるひ | 2016年10月29日 (土) 00時46分

まるひさん、おめでとうございます。
ここのところ写真を撮っていないのでご無沙汰していますが、まるひさんのブログはほぼ毎日みています。

自宅の庭で赤道儀を出しっぱなしで観測中心の星見スタイル(嫁さんはよろこんでいます)になってしまいましたが、たまにはきれいな星空をみたいと思っています。

きれいな星空の写真これからも楽しみにしています。

投稿: skame | 2016年10月31日 (月) 21時53分

skameさん
ありがとうございます。
そうなんですか。最近は撮影に出かけられないのですね。
天文雑誌のフォトコンのページを開いて、skameさんの写真が載っているのを探すのが楽しみでしたが、このところお目にかかれないのでちょっと寂しいと思っていました。
でもいつでも庭先から観望できるのもいいですね。私の家からはほとんど空が見られません。何年か後に家をちょっとリフォームする話もあるのですが、そのときにささやかでいいので星見台を作ってくれるように今から根回しをしています。
うちも遠征の時はちょっとくらいは心配のようですが、今のところは諦めているようです。せっかく機材もそろったのでもうちょっと暗い空を楽しみたいです。
晴れればなにかしらの写真を撮ることを心がけていますが、最近はお天気が悪いので撮影もままならないです。これからも時々お立ち寄りください。

投稿: まるひ | 2016年11月 1日 (火) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沈みゆく天の川 | トップページ | 引き返しました »