« これがデビュー作 | トップページ | ピントテスト »

2016年9月 8日 (木)

上を目指す

9月3日はフードを忘れてどうなることかと思いましたが、終始全く露が付くことがありませんでした。車のボディも湿り気すらありません。長年ここに通っていますが、こんな夜は初めてです。露よけにカイロも点火してきましたが、まったく不要でした。

らせん星雲

201609034

R200SS+コマコレPH(760mm)、Astro 60D(約-6℃)、ISO1600、5分×14枚、SEⅡオートガイド ガイド鏡ペンシルボーグ ガイドカメラQHY5LⅡ PHD Guiding、RAP2にてフラット、Photoshop CS6で画像処理。若干トリミング。

ガイドは比較的うまくいきました。しかし失敗した物もあったので、それを除いて14枚になってしまいました。この対象はとにかくノイズっぽくなったら美しくない、との思いでなるべくたくさん枚数を撮ろうとしました。それでもややガイドミスしたコマも入れてあるので若干真円にはなっていないのが残念です。色は作者の意図でいかようにもなる対象ですが、中心は青っぽくしてみました。赤も派手にならないように。画像処理して気づきましたが、結構青い成分が多いです。やればどんな色にもなるようです。

網状星雲西側

201609032

R200SS+コマコレPH(760mm)、Astro 60D(約-6℃)、ISO1600、5分×4枚、SEⅡオートガイド ガイド鏡ペンシルボーグ ガイドカメラQHY5LⅡ PHD Guiding、RAP2にてフラット、Photoshop CS6 SI7で画像処理

この日最初に撮った対象ですが、16枚撮って比較的マシなコマがたった4枚。同じ頃に同じような光学系で撮影したeclさんの作品が参考になります。星像がどうしてこうも違うのか。シーイングのせいで片付けられない問題がありそうな気がします。本当は載せたくなかったですが、反省のために載せることにしました。

まあ、しかしちょっとだけ要領もわかった気がします。頑張ればもう少しマシな作品にはなるかもしれません。上を目指して頑張ります。とはいえ、HD800もまだろくに使っていないので、R200SSはちょっとお休みして次回はHD800を持ち出してみようと思います。

|

« これがデビュー作 | トップページ | ピントテスト »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

いやいや、さすがの作品ですよ。
仰るような差は無く、むしろまるひ様の画像の方がコントラストが高く、らせんも含め、素敵な仕上がりだと感じます。
後はバーティノフマスクがあれば、ピントを外すことは少なくなりますので、シーイングが悪かったのだと直ぐ分かります。
私の写真は何の参考にもなりません。
バーティノフマスクはこの大きさの樹脂製だと、1回落としただけで粉々になります。
できれば金属製か自作が良いかと。

投稿: ecl | 2016年9月 9日 (金) 08時48分

仰る様に確かに少し星像が大きくなりましたね。でもデビュー作としては良い画像だと思います。
ガイドには散々苦労してきましたからね。それが楽しかったんですが。

投稿: けんちゃ | 2016年9月 9日 (金) 17時29分

さすが、まるひさん。どちらの作品も良い色調ですね。特にらせんの中心部の僅かに緑を含んだ青緑、好みの色合いです。
星像の乱れの一番の原因は、3日の晩ですから、きっとシンチレーション等の条件が悪かったせいではないでしょうか。良い条件ではガイドも安定して、ググっと解像度上がると思いますよ。

投稿: ちーすけ | 2016年9月 9日 (金) 22時10分

eclさん
ありがとうございます。
望遠鏡もカメラも赤道儀の大体同じなのに明かな違いはなぜなのだろう、と考えてしまいます。やっぱり使い手の技量、経験が違うのでしょうね。逆にいえば私も頑張ればeclさんの作品に近づけると思うと励みになります。後を追わせていただきます。
バーティノフマスクはHD800にも使えるのでちょっと買ってみようかと思います。自作もできるんですか。作ろうかな。

投稿: まるひ | 2016年9月 9日 (金) 23時38分

けんちゃさん
ありがとうございます。
突いたような星像が憧れですが、どこまで迫れるのでしょう。けんちゃさんの作品を見て目標にしているのですが、機材のグレードが違いますしね。でもとことん星像を追い詰める工夫は見習いたいと思っています。
20cmメインなら赤道儀もグレードアップしたい。でもこれから体力が落ちる一方だと思うと考えてしまいます。

投稿: まるひ | 2016年9月 9日 (金) 23時49分

ちーすけさん
ありがとうございます。
こういうカラフルな対象は画像処理にこだわってしまいます。らせんの中心部は緑にしている作品もありますが、私は涼しげな青が好きです。周辺はちょっと地味でした。ちーすけさんの作品をお手本にもうちょっと直してみようと思います。
網状星雲西側も好きな対象ですが、本当に難しい。頭の中にイメージはあるのですが、なかなか具現化できないでいます。また来年じっくり狙ってみます。
大口径長焦点が生かせる夜って少ないですよね。惑星とか月以外でもシンチレーションに悩むとは思っていませんでした。空気が澄んでシンチレーションがいい夜なんてあるのでしょうか。

投稿: まるひ | 2016年9月 9日 (金) 23時58分

>長焦点を生かせる夜は・・・
撮る前から挫けては、いけませんよ~。
最初は皆さん初心者なんです、ガイドが・・・星が・・・
ノイズが・・・、それらの全てが画像データなんです。
それらの経験が肥やしになり、次の撮影に生きると思います。
偉そうなこと言って、済みません。ご容赦ください。

投稿: njp | 2016年9月10日 (土) 16時14分

njpさん
厳しいコメント、ありがとうございます。
そうですね、毎回経験を積んで研究することが大事ですね。
HD800の撮影に入ったらnjpさんにはもっとお世話になると思います。
まだまだ未知の世界ですが、これからもアドバイスよろしくお願いします。

投稿: まるひ | 2016年9月10日 (土) 17時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これがデビュー作 | トップページ | ピントテスト »