« 行く夏 | トップページ | 上を目指す »

2016年9月 6日 (火)

これがデビュー作

3日はようやくの快晴、新月期、週末とあってやっと待ち望んだR200SSの試写に遠征することができました。前回のような忘れ物はないだろうと念を入れたのですが、着いてから気がついた。フードを忘れました。この間星まつりで買ったばかりなのに。でも夜なのにとても暑い。風もあるし露は付かないかも、とフードなしで撮影しました。

これがデビュー作となるでしょうか。M33です。

201609033

R200SS+コマコレPH(760mm)、Astro 60D(約-6℃)、ISO1600、5分×8枚、SEⅡオートガイド ガイド鏡ペンシルボーグ ガイドカメラQHY5LⅡ PHD Guiding、RAP2にてフラット、Photoshop CS6 SI7で画像処理。若干トリミングしています。

良く見るとピントが合っていません。じゃスピンは難しいです。バーティノフマスクは持っていませんが、買ったほうがいいでしょうか。それとフォーカサーもいるんでしょうかね。う~ん、そこまでお金賭けるべきか悩んでいます。

星が肥大しているのはピント以外にもシーイングもあると思います。結構酷かったです。それとガイドもなかなか決まらない。どうしてもDEC側がうまく行きません。パラメーターで治るのか、それとも赤道儀の調整が必要なのか、こっち方面に入ると際限なく沼にはまり込んでいく気分です。

網状星雲も撮りました。偶然にもeclさんの作品とそっくり。しかし私のほうは恥ずかしい限りなので載せようか載せまいか悩んでいます。ちょっと考えさせてください。もうちょっといじくってみます。

|

« 行く夏 | トップページ | 上を目指す »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

これで星が肥大? 私には十分にみえます。ピントも回折光を見る限りじゃスピンに見えるし。

私がイプシロンで難儀したことがなんだったんだろう? と思うほど簡単に素晴らしい画像を得られたと思います。

投稿: けんちゃ | 2016年9月 7日 (水) 00時24分

素晴らしい作品じゃないですか!M33、ぼくも好きな銀河です。カメラの望遠レンズではここまで大きく撮れないので憧れてしまいます。ピント合わせ、ぼくも壁にぶちあたっています。マイクロフォーカサーを用意すべきか。それとも、"神の手"に磨きをかけるか(笑)やっぱりそちらでもシーイング、悪かったんですね。ぼくの撮った星像もイマイチだったんですが、シーイングのせいにしよう!

投稿: Toshihiko Sato | 2016年9月 7日 (水) 03時01分

 なるほど。こうなるんですか。よい見本を見せていただきました。
望遠レンズ系から一歩ぬきんでると一挙に難しくなり満足のいく作品にするには様々なハードルや装置を追加しなければならないみたいなので逆に気がひけてしまいそうです。

投稿: satelight57 | 2016年9月 7日 (水) 06時01分

M33、良い作品ですね~!美しい色合い、参考になります。そして、中心から周辺までの滑らかさ、流石、まるひさんですね。
ピントが心配ならバーティノフマスクが簡単で良いのではないでしょうか。F3.8のピントはとても敏感でしょうから。でも、この作品は見る限りピントピッタリに見えますよ。シンチレーションの良い晩にはさらにもっと解像度が出るんでしょうね。

投稿: ちーすけ | 2016年9月 7日 (水) 06時53分

おはようございます

R200SS+コマコレHPの性能が十分引き出されているM33ですね。こんなに周辺星像が改善するとは。この組み合わせは良いですね。秋物楽しみです。

ピントはライブビューでも厳しいですかね。パソコン上で星像を評価してくれるソフトを使えばバーティノフマスクは無くてもそこそこ追い込める気がします。私の経験ですが、ダイヤルゲージなどでドローチューブの繰り出し量を計測出来ないと最後の詰めが厳しいですね。デジカメで撮る時、カメラの三脚ネジにダイヤルゲージを取り付けて計測しています。ホームセンターの金具類でDIYできますよ。

投稿: tantan | 2016年9月 7日 (水) 08時54分

お世話になっています。まるひさん。橘です。
WEB上ではこのHNで通してます。
R200SSの試写おめでとうございます。
まるひさんの納得しておられないようですが、固定撮影の域から出れない私から見れば
行く先にこのような素晴らしい世界が待っているのだと感じる作品です。
次回作も楽しみにしております。

投稿: とも | 2016年9月 7日 (水) 21時51分

けんちゃさん
ありがとうございます。
妥協をしないけんちゃさんにそう言ってもらえるとうれしいですが、等倍で見るともうちょっと、という感じです。
自分的には70点くらいだと思っています。冷却にずいぶん助けられています。
けんちゃさんのM33も迫力あります。大口径で長焦点だと微細な構造が出ますね。

投稿: まるひ | 2016年9月 7日 (水) 22時36分

Satoさん
ありがとうございます。
カメラレンズで撮る銀河も好きなのですが、せっかくそろった機材なのでしばらくはこれを使ってみたいと思っています。ピントはほとんど勘に頼ることが多いです。カメラレンズだとついピントを適当に合わせてしまい、撮ってから後悔することも多いです。現にこの晩も全滅でした。なめていました。
フォーカサーも結構高いので私はもうちょっと神の手に磨きをかけます(笑)

投稿: まるひ | 2016年9月 7日 (水) 22時53分

satelight57さん
ありがとうございます。
大口径はほとんど初心者です。最後にこれを使ったのは7〜8年くらい前だったと思います。カメラレンズや60mm程度の屈折とは次元の違う難易度ですね。まともに使うには際限ない投資が必要です。赤道儀ですら買い替えたいところですが、お金と体力を考えると無理でしょうね。

投稿: まるひ | 2016年9月 7日 (水) 22時59分

ちーすけさん
ありがとうございます。
私のほうこそちーすけさんのような色が出ないかといつも意識しながら画像処理しています。これも結構色を決めるのに時間をかけています。そこだけは思いの通りになった気がします。あとは星像ですね。屈折のようにシャープにならないのは宿命かもしれませんが、最良のシーイングの時にどんな風に写るか試してみたいです。バーティノフマスクは安いので買ってもいいのですが、ネットを見るとジャスピンと少しずれているのの違いがわかりません。私の目で使えるのかが心配なのでちょっと二の足踏んでいます。

投稿: まるひ | 2016年9月 7日 (水) 23時04分

tantanさん
ありがとうございます。
せっかくお借りしているR200SSもようやく日の目を見た、という感じです。存分に使わせていただきます。
ライブビューで度の強い老眼鏡をかけて合わせています。でも時間が経つとずれるのですね。合わせた後でロックするときにもずれるので難しいです。
ダイヤルゲージは tantanさんよく使われていますよね。昔はノギスでしたっけ。使い方がよくわかりませんが、ちょっと研究してみます。

投稿: まるひ | 2016年9月 7日 (水) 23時12分

ともさん
ありがとうございます。
次はもうちょっと、とは思っていますが、ブログに載せる写真は本当はぜんぶ自分では気に入っているものばかりです。
ともさんも固定で満足したあとは赤道儀、次は望遠鏡となると思いますよ。はまり込むと沼は深いです(笑)
カシオペアとかオリオン、きれいですね。都市部でもなかなかよく写るものだと思いました。

投稿: まるひ | 2016年9月 7日 (水) 23時24分

素晴らしい写りですね。
シンチレーションによる星の肥大は仕方ないように思います。
私はバーティノフマスクを使っていますが、このくらいの焦点距離ですとカメラの液晶でも、とても良く分かりますし、マイクロフォーカサーまで必要ないと感じています。
結果、ピント?シーイング?と悩まなくて済むようになりました。
調整されたのでしょうか?心配されていた片ボケも無いように見えます。
これから更なる秀作を楽しみにしております。

投稿: ecl | 2016年9月 8日 (木) 00時48分

eclさん
ありがとうございます。
シンチレーションは仕方がないのですね。今まで短焦点しか撮っていないので、シャープに写るのが当たり前と思っていました。空の状態も気にしなければならないとか、やっぱり長焦点は難しいです。
バーティノフマスクは考えてみます。フォーカサーは高いから今は止めておきます。
eclさんの後追いをするようですが、これからも参考にさせていただきます。

投稿: まるひ | 2016年9月 8日 (木) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 行く夏 | トップページ | 上を目指す »