« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月31日 (水)

夏の終わりのハーモニー

台風一過と言えるのか、朝からとてもいい天気。仕事も調整して夕方からちょっと高いところに。標高500mくらいかな。残念ながらアレは見えませんでしたが素敵な光景に出会えました。

最接近からだいぶ離れてしまいましたが、金星と木星。

Img_4231

木星はずいぶん低くなってしまいました。火星も遠ざかってしまいましたし、土星も間もなく観望期はお終い。これからしばらくは惑星が寂しいシーズンですね。そんなことも今回惑星用カラーCCDに手を出さなかった理由です。あ、でも金星はこれからですね。

夜光雲ではないですが、それっぽい雲が出ていました。

Img_4234

星もいくつか見えていますが、雲もだんだん増えてきました。天の川が見えるまで居ようと思いましたがだめかなあ、と思ってこの後帰りました。赤い対決は撮らず終い。

こんなところです。

Img_4230

どこだかはおわかりですよね。夕日が佐渡にかからない北限がここだったので来てみました。計算通り、ぎりぎり佐渡をかすめて沈んでいきました。水平線付近は意外に透明度が悪かったです。

今日で夏もお終いです。今年はいろいろ行って結構楽しかったです。暑かったし。やっぱり夏は暑くないと気分がでません。涼しくなると体は楽ですが、やっぱりちょっと寂しくなりますね。

| | コメント (6)

2016年8月29日 (月)

超大接近

こういうの、速報性が大事ですが、昨日は星まつり帰りで疲れてアップする気になれなかったので1日遅れですが、まあ記録ということで。

Img_4214

金星と木星の大接近から約11時間後に写しました。28日18時50分頃です。かなり低空です。こんなに低いと思いませんでした。雲も出ていたのでなかなか見つけるのも苦労しましたが、なんとか1枚。ピンぼけとブレで酷いですが、まあ記念です。

最接近時には大体あの位置関係だったと思います。円は比較のため太陽を重ねてみたものです。いかに近づいたかわかりますね。ミザールとアルコルよりも近かったので肉眼で見えたとしたら、ちょっと見には1つの星に見えたかもしれません。胎内天文館屋上で、最接近の1時間後くらいにフジノンの双眼望遠鏡で眼視することができましたが、それだけでもラッキーなことなんでしょうね。

| | コメント (2)

2016年8月28日 (日)

星まつりに行ってきました2016

27~28日と胎内星まつりに行ってきました。曇りがちですが、前日までの雨は上がりまずまずの天気。でも星は難しそうです。今年は息子を一人お供に連れて来ました。

テント設営。右側のサイトはtantanさんです。

Img_0199_r

会場では小太郎さんとお会いしました。今回の展示販売の目玉だった五藤製21cm反射は小太郎さんのお知り合いが購入されていて、ちょっと見せていただきました。すごいです。なかなか使いこなすのが難しそう。

小太郎さんと別れたあとは恒例オークションに。

Img_0208_r

近年、出品物があまりパッとしませんが師匠の司会を聴くのが楽しいです。ちょっと欲しいと思ったのがアストロアーツ出品の木製経緯台。手を上げればよかったなあ。

夕方一瞬雲間から夕日が差しました。ちょっとは星空も見えるかも。

Img_0209_r

恒例、生ビール片手にブース散策のあとはtantanさんと宴会。その後またゆっくりブースを散策。やっぱり夜のほうが楽しいです。

Img_0215_r

戦利品は20cm反射用のヒーター付きフード、ちょっと高かったですが、R200SSとHD800兼用に使えるからいいかな、と。そのほかはカメラネジ数本と必ず買うアリガタ金具ジャンク。今年はちょっと欲しいボーグのジャンクパーツがたくさんありましたが、全部買うとそれなりの金額になるのでじっと我慢しました。狙っていたカラーCCDはいまいち決心が付かず見送ってしまいました。ポーラーマスターやM-GENが売っていました。星撮りもハイテク化しています。ポタ赤もブーム。ユニテックのブースにカメラやオートガイドのI/F、スマホやらなんでもかんでも同架して訳がわからない展示物がありました。ポタ赤である必要ないじゃん、とか思ってしまいました。写真撮れば伝わったでしょうが、撮るの忘れました。

テントに戻りうとうとしてたら外で星が見えている、みたいな話しが聞こえてきました。出てみると雲間から星空が。

M31が見えました。

Img_0929_r

こちらは天皇皇后両陛下お手植えの杉の木と大三角形

Img_0930_r

私が見たのはこれだけ。1時頃にも見えたそうですが、私は寝ていました。

夜中に一度だけ雨が降りましたが、朝はほぼ快晴。tantanさんとご一緒に天文館で木星と金星の大接近を観望に行きました。望遠鏡いくつかで見させていただきましたが、金星だけは見えても木星はどうしてもわかりません。フジノンの双眼望遠鏡でやっと見ることができました。

Img_0219_r

見ているのが私の息子。彼は見えなかったそうです。沼澤さんも真剣に撮影に取り組んでいました。やっぱりプロのオーラが漂っています。話しかけるのも躊躇してしまいますが、ちょっとだけカメラのファインダー覗かせてもらいました。金星しか見えませんでしたが、撮影には成功されたのでしょうか。

会場ではヒロノさんと初めてお会いすることができました。私のブログも見ていただいているとのこと。ありがとうございます。63cmドブはすごいですね。1枚目の写真の奥にあるのがそうです。今年はぜひ拝見したいものです。

今年もいろいろなかたとお会いでき、楽しい星まつりを過ごすことができました。来年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (10)

2016年8月26日 (金)

まるひの休日2016

夏休みの一日を使ってちょいドライブをするのも年中行事です。今年は娘も一緒に。夏休み中ですが、日帰りでバイトに行かなきゃならないとかで、ついでなので乗っけて行くことになりました。必然的に行き先は上越方面になります。まあ、そうでなくても今回はそっちにしようと思っていたのでちょうどいいです。

高柳町荻ノ島集落

Img_0890_r

かやぶき屋根のはNHKの天気予報のバックによく写っていましたのでご存じの方も多いと思います。特に目的にしていったわけではありませんが、偶然近くを通ったので寄ってみました。車に若葉マークが貼ってあります。この日の運転は娘に任せました。本当はまだ年齢制限で運転させられないのですが、1日限定500円で入れるという保険があることを知り、それをかけて運転させました。意外に山道でも平気で飛ばしていました。結構運転の素質があるのかも。

環状道を飄々と歩く娘

Img_0899_r_2

トノサマガエルがたくさんいました。虫は嫌いだけど蛙は大丈夫とのこと。

次に行ったところは星峠の棚田

Img_0905_r

立派な撮影台に駐車場、トイレ完備で至れり尽くせりです。シーズンにはものすごいカメラの放列になることが予想されます。しかしお金を落として行かないのですかね。こういうのを維持するためにもいくらか取ってもいいと思うんですが。

棚田を眺める娘

Img_0910_r

しかし、私的には見慣れた風景なので、どこがいいんだー、とか思ってしまいます。新潟県は杉の木が多いですが、そもそも杉の木ってあんまり写真的には美しくない気がします。私はむしろ関東の広葉樹の山のほうに魅力を感じるのですけど。

娘がバイトしている間、私は一人で上越の近くを巡っていました。ここは清里星のふるさと館

Img_0917_r

超土砂降りで車から出た瞬間全身ずぶ濡れになりそうで、写真も一瞬窓を開けて素早く撮りました。中を見学したかったのですが、玄関にたどり着けそうもないので諦めました。

山を下りたところにこんなところが

Img_0922_r

櫛池の隕石落下地点。星のふるさと館ではこの隕石を展示してあるそうです。ちょっと見たかった。まあ、いつでも来る機会はあります。

この後は上越近くのカノープスが見える・・・かもしれない、というところの下見。

Img_0924_r

シミュレーションではあの山の上から見えそうなんですけど、上がることは難しそう。現実に見るのは無理そうです。もう少し南の妙高あたりでも見えそうですが、ちょっと遠い。そこはまた機会があったら。

娘のバイトが終わったのが夜の8時頃。娘を拾って一路帰宅。帰りは高速を使いました。さすがに夜の雨の高速は彼女には難易度が高そうなので私が運転しました。いろいろ奢ったりで結構出費も多かったですが、楽しい夏の一日でした。

| | コメント (0)

2016年8月25日 (木)

明日から胎内星まつり2016

明日26日から28日まで胎内星まつりが開かれます。全国から大勢の天文ファンが集います。もう向かっているかたもいることでしょう。天候は先週までの晴れ続きとは打って変わり、曇りか雨の予報。星空を楽しみに来られるかたもいらっしゃるでしょうが、正直なところ、私はお天気はあまり気にしていません。晴れないことも多いですし、想定内です。でも雨が降るとブースの展示が寂しいのが残念です。雨だけは降らないで欲しいです。

私はというと、26日は諸事情により行きません。27日土曜日に行きます。テント泊の予定。いつものディープスカイエリアに設営します。去年までのテントが壊れたので新しく買いました。青い3人用の小さなテントがポツンとあったらたぶん私です。今年は息子も付いてくる予定です。星には興味ないですが、アウトドア好きで屋台回ってビール飲むのが楽しみなようです。でも去年も来ると言ってこなかったから、今年も雨だから行かない、となりかねないので確率50%でしょう。まあ、私は雨でも行きますが。

写真がないのも寂しいので全く関係のない土星の写真

194801993

ショボいです。コ・ボーグ36EDで撮りました。世界最小口径の土星写真かも。シーイングのいいときにもっと倍率上げればカシニの空隙も写るでしょうか。

| | コメント (4)

2016年8月23日 (火)

新・佐渡に横たふ天の川

オリオンひまわりを撮りに行った夜、途中で海岸に行ってみました。四ツ郷屋浜です。ペルセ群を見るときにも寄りましたが、その時の喧噪はなく、静かに海が広がっていました。

日本海の向こうに佐渡、その上に天の川がかすかに見えます。

201608204

夢の様な光景でした。謎の多い芭蕉の俳句ですが、もしかして芭蕉が見たのもこんな光景ではなかったかと、ふと思ってしまいました。

| | コメント (12)

2016年8月20日 (土)

真夏のオリオンひまわり

始めにタイトルが頭に浮かび、その光景をぜひ写真に撮ってみたくなりました。20日明け方は満月に近い月が西の空に、オリオンは東に、絶好の配置です。透明度もこれ以上無いくらい抜群でした。しかし雲が多い、オリオン左下にずっと雲がかかっていて全然取れません。2時間くらい動きません。じっと待っていましたけど諦めて撮り始めたらみるみる消え始め、本当に見ている間にほぼ無くなってしまいました。

201608202

冬の星座のオンパレードです。タイトルは誰でも付けそうで恥ずかしいですが、一度は付けたかった。まあ、2度は付けません。しかしひまわりはみんな向こうを向いています。なぜ東なんでしょうね。

振り向けばこっち側を向いているひまわりと沈み行く夏の大三角形

201608203

満月期ならではですね。案外半月とか中途半端な月光だとあんまりきれいに写らない気がします。

暑い夏の夜のちょっとした愉しみ。夜中に起きるのは苦手ですが、普段見ることの出来ない光景に出会えるのは新鮮です。

| | コメント (8)

2016年8月17日 (水)

夏空星景

台風一過ですが、なんとなくすっきりしない天気。透明度はいいですが、雲が多い。客先で仕事が終わった時間がちょうどいいと言うべきか、職場に戻るのも中途半端なので、そのまま例の緑光線が見れるかも、と車を走らせました。今の季節は海に日没を見るには寺泊の向こうまで行かなければなりません。走ること1時間、出雲崎あたりに到着しました。太陽のあたりには雲がありませんが、水平線近くに少し雲が。海と空の境目には雲がないことを願いましたが、残念なことに太陽の直径4分の1くらい雲がありました。見られませんでした。まあ、簡単に見られても面白くないのでまた次に期待します。

このまま家に帰るには早すぎるので、上堰潟に行ってみました。そろそろひまわりが咲く頃です。今年は3段階に開花時期をずらして植えたようで、早いものは咲いていました。でもまだ少し早いようです。他はまだ花が咲いていません。この分だと9月になっても楽しめそうです。

201608171

やっぱり花と星景は満月に限りますね。昼間のようですが、いい雰囲気出ています。

帰り際に北に入道雲が出ていたので撮ってみました。

201608173

一見すると真昼の風景。でも空には星が。シュールな光景ですね。

比較明合成してみました。

201608172

あの入道雲は新潟市中心部の上に出ていたようです。家に帰ったら、そっち雨降らなかった?と聞かれました。星撮っていた、とは言いづらいので、降らなかったよ、と適当に答えておきました。このあたりはほぼ快晴でしたからちょっとの距離でずいぶん違うものですね。次のひまわりが咲く頃にまた来てみたいです。満月期のうちに満開になってくれればいいのですが。

| | コメント (8)

2016年8月15日 (月)

新川ほたると夏の小三角形

新潟市西区の新川という川で、「新川ほたる」というイベントが開かれています。お盆休みの最中に家族と行ってみました。

良く晴れた日で、月と星も良く見えていました。過去3~4回来ましたがこんなに晴れたのは初めてです。

Img_0886

火星と土星とアンタレスが三角形を作っています。夏の小三角形と言われているそうですね。

川面に映えるLEDがきれいです。新潟の夏の風物詩としてすっかり定着した感があります。今のところ見物客はそれほど多くないですが、カメラマンは大勢いました。でもだんだん人が増えていくでしょうね。駐車場はどうするのだろうといらぬ心配をしています。

| | コメント (0)

2016年8月13日 (土)

人生初のペルセ群

12~13日にかけての夜、ペルセウス座流星群を見に行きました。極大日に合わせて見に行くのは人生初めてです。天文に興味を持った子供の頃、当時はお盆といえば新潟市中心部の母親の実家に行くのが恒例でしたので、見ることは不可能でした。どんなにか見たいと思ったことでしょう。でも絶対に見れないものと諦めていました。社会人になってからは実家にお盆の前の晩から行かなければならないという習慣はなくなりましたが、今度は女房の実家の墓参りが早朝ということでやはり前日の夜は出かけられないという年が続きます。その習慣もいつかなくなりましたが、流星群というものにあまり興味が湧かなくなり、わざわざ空を見上げるということもありませんでした。そして再び天文熱が再開したのですが、お盆の頃って結構晴れていることがなかったり、月の巡り合わせが悪かったりで、そうそうチャンスってないものです。で昨晩は天気も月もお盆の都合も最良の時に恵まれ、満を持してようやく人生初のペルセウス座流星群の極大を見ることができたというわけです。

初めは四ツ郷屋浜に行ってみました。しかしまるで昼間のような大勢の車。やっぱりみんな流星群を見に来ているんでしょうか。それに浜でキャンプファイヤーやっているグループのいたので、ここはやめて赤塚の畑に行きました。眼視では結構飛んでいるのが見えます。2~3分に1個は飛んでいる感じ。2台のカメラを赤道儀に載せ、違う方向をそれぞれ撮ってみました。

201608131

2分露光で35枚撮りましたが、写っていたのは2枚のみ。1時間の間に10~20個は見えたかと思います。視野に入った物も割とありましたが、案外写らないものですね。

201608132

こちらはペルセウス座を中心にして魚眼で撮ってみました。かすかに2個写っています。わかるでしょうか。新潟市中心部の光害がすごい。考えてみたら流星の撮影に露光時間って関係ないですね。もっと短時間にすればよかった。そうすれば光害に埋もれないでもっと写ったかもしれません。

しかし、夏の夜にただ空を眺めているのっていいものですね。今度行けるチャンスがあったらぜひ暗いところに行ってみたいです。

| | コメント (8)

2016年8月11日 (木)

予報当たらず

10日は予報では晴れ。天気図でも高気圧が上にあるし、ただGPVでは終始怪しい。夕方までずっと雲で覆われています。出撃しようか随分悩んだのですが、今日を逃すとR200SSの試写はしばらくおあずけになります。月が沈む頃には晴れるのではないかと根拠のない楽観的な予測だけででかけました。ただ、場所はいつもの早出より少し手前の村松慈光寺の手前。深夜頃は街の灯りも減って結構暗いはずです。どうせ月があるからとゆっくりでかけ、着いたのが22時頃。しかし自分予報に反し空には雲が。

Img_0856

これではファーストライトにふさわしい試写はできません。それでも夜中すぎには晴れるのではと淡い期待で機材をセットしました。今回は忘れ物はありません。抜かりないです。しかし肝心の空はなかなかよくなりません。でもなんとか薄雲を越しに数枚撮影しました。しかしとてもお見せできるようなものではありません。雲で星が滲んでいるのはもちろんですが、星像が決まりません。ガイドは悪くないようなのですが、すべて「ひよこ」みたいな形をしています。スパイダーの十字が二重なのでピンぼけなのだと思います。ただ、それ以上に周辺のボケが気になります。特に左上がひどい。スケアリング不良なのでしょうか。光軸はメンテナンスから返ってきたばかりなので信じることにします。そういう微調整はしたことがないのでどう手を付けていいかわかりません。う~ん、ちょっとがっかり。どうしてもデビューにふさわしい画像でないので載せたくないのですが、それでも見たい方はこちらをクリック。よろしければ忌憚のないアドバイスをいただけますでしょうか。

Img_0857

1時を回ってもなかなか空は良くなりません。失意の撤収です。次の遠征までにはR200SSの調整をしたいと思っています。

| | コメント (8)

2016年8月 6日 (土)

メインは失敗

5日の夜、久しぶりの快晴で新月期。新潟県内の星見ファンの皆さんは各自それぞれのスポットで星空を堪能されたようです。私はといえば、張り切ってR200SS+コマコレPHの試写をすべくでかけたのですが、とんでもないボケをかましてしまい、絶望の淵で星空を眺めていました。しかし遠征の時はこういうことを見越して必ず保険の機材を持って行きます。この日は70mmマクロでした。

201608051

SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG(F3.5) Astro 60D(約-7℃) ISO1600 3分×5枚、SEⅡノータッチガイド

オートガイドしようと思ったのですが、ここでガイドケーブルも忘れたことに気が付きました。しかたがないので露出は3分くらいが限界。本当はもっと露出かけたかったです。

201608052

SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG(F3.5) Astro 60D(約-7℃) ISO1600 3分×4枚、SEⅡノータッチガイド

この対象はさらに露出が必要で、元画像がかなり淡い。結構強く画像処理をかけ、これくらいになりました。大きい割には難しいです。

せっかくのチャンスを生かせず、本当に情けないです。今回は10日くらいまでがチャンス。晴れればリベンジしたい。それまでに機材の整理をちゃんとしておきます。

| | コメント (10)

2016年8月 5日 (金)

観望会になりました

もしかして、昨日の予告のR200SS+コマコレPHのファーストライトを期待されていた方がいたとしたら大変申し訳ありません、失敗しました。

大事な機材の1部を忘れました。着いてから気がつきましたが、カメラマウントとガイドケーブルを忘れました。最近機材が複数あって使い回しているため、別の機材に付けたままでついそのままにしておくことがよくあります。整理整頓が大変苦手です。

結局諦めてせめて観望することにしました。観望なんて滅多にすることがないのでこれはこれで良かったかもしれません。

Img_0838_2

M8とかM20、M27、M57、がよく見えました。網状星雲もかすかに見えた気がします。でもすぐ飽きました。遠征の時は失敗を見越してサブの機材も持ってきます。このあとそれでちょっとだけ撮影しました。それはまた後ほど。

| | コメント (0)

2016年8月 4日 (木)

五頭によこたふ天の川

やっと晴れるようになってきました。今日は夕方ほぼ快晴。不安定な天気も落ち着きつつあるようです。平日ですし、仕事が終わるのも遅かったので気軽に行ける五頭山へ。最近五頭山詣でが多いです。

201608041

冬に五頭オリオンを撮ったところです。ノーマル60Dで2分露光です。コンポジットなし。ダーク補正しましたがノイズっぽいですね。冷却60Dも持ってきたのですがめんどくさくて出しませんでした。でも真夏はやっぱり冷やすべきですね。

ここは熊も出そうで落ち着きません。もう1枚撮ったのはピントが合っていませんでした。時間もないし、20時40分には撤収。薄明終了後わずか10分です。時間かけて行った割にはほとんど成果なし。まあ気晴らしにドライブしたと思えばいいことにします。明日も晴れそう。いよいよR200SS+コマコレPHのファーストライトが出来そうです。

| | コメント (0)

2016年8月 3日 (水)

向日葵がない

相変わらずすっきりしない天気が続いています。上空の寒気がどこかに行かない限り天文晴れは難しそうです。しかし今日は夕方から急速に雲がなくなり透明度も上がってきました。夏中に一度撮りたかった上堰潟のひまわり畑に行ってみることにしました。ひまわり畑は潟を挟んで駐車場の対岸にあります。歩くのがしんどいです。15~20分くらい暗闇を歩きます。着いたところ、新月なので真っ暗で見えないのですが、どうもひまわりが咲いている気配がありません。畑に行くための橋も封鎖されています。写真を撮ってみました。

201608031

咲いていないですね。今ネットで見たら8月中旬~下旬が見頃だそうです。早すぎた。去年は7月末だったんですけど。またその頃来てみます。でもひまわり星景撮るなら新月期にくるものでないですね。真っ暗でなんにも写りません。禁断のLEDライトを照射してみました。こういうの蛇蝎のごとく攻撃する人がいますが、明らかに周りに誰も人がいませんし、これくらいはいいと思うのですけどね。この話題になると炎上しかねないのでこれくらいで止めます。

帰りながら柳と大三角形

201608032

かすかに天の川は写りますが、光害地なのでこれ以上は無理です。ソフトフィルター使って星を目立たせました。

さそりと角田山

201608033

上空寒気のせいでしょうか、角田山に雲がかかっています。遠くから長岡花火の音が聞こえてきます。去年は観に行きましたが、今年は平日ですし、長岡の息子たちも花火に関係した仕事があるそうで、誘ってもらえませんでした。私は花火もいいけどのんびり星を眺めるほうが性に合ってるみたいです。

| | コメント (6)

2016年8月 1日 (月)

絵画のような

今日は新潟市北区のほうに仕事で行っていました。晴れることを期待して一応機材を用意して出かけました。晴れたならば新発田のほうにでも出かけて天の川をちょっと撮影、と思ったのですが、あいにく天気予報通りの曇り空。でもこのまま帰るのも勿体ないので福島潟に行ってみました。

Img_3698

西空は結構晴れ間があります。昨日までの透明度の悪さはどこかに行ったのか、澄み切った夕空。まるでモネの絵のよう。な~んてホントはモネの絵がどんなものかは知りません。

雲間に大三角形が覗いていたのでカメラを向けてみました。

Img_3697

偶然にもこちらも絵のよう。星が目立たなかったのですが、Photoshopのフィルターで明るさの最大値をかけたらちょっと強調されます。使えるワザですね。

この後五頭まで行ってみましたが、ほとんどダメでした。晴れないうちにもう明日は新月ですね。週末は晴れそうな感じですが、土曜日は家族とのイベントが。金曜日に晴れないとまた1ヶ月先送りです。機材はそろえど、稼働率が低いです。

| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »