« 日の丸構図 | トップページ | ホタル終了宣言 »

2016年6月24日 (金)

返ってきました

こんなものが送られてきました。

Img_0144_r

オーバーホールに出していたR200SSが返ってきました。

Img_0145_r

旧タイプだったのでいろいろやってもらいました。送るときは手元にあったA3プリンタの箱に入れて送りましたが、専用箱に入って返ってきました。その分のお金も入って1万5千円くらいかかりました。

Img_0147_r_2

格好いいエンブレムが付いてきました。要するに、もう素人は調整するな、ってことですかね。

Img_0148_r

ベストな状態の光軸を見てみました。センターマークが付いています。若干ずれているように見えるのは安物アイピースだからだと思います。

Img_0150_r

レーザーコリメーターではばっちりです。ちゃんとレーザーが貫通しているので光が見えませんね。

Img_0151_r

大事に扱って私はもう光軸いじりません。

さて、撮影にあたってはどうガイド鏡を載せるかです。前に平行同架していたマルチプレートは売ってしまったのでピギーバックにしなければなりません。アイベルで売っているR200SS用のファインダー取り付けバンドか、アマゾンで見つけた三又ファインダー脚にするかを考えています。でもどっちも高いのでまず直接ファインダーアリミゾにアルカスイスクランプ付けてみます。ファインダーが載せられないのはちょっと困るかも。去年の星まつりで三又ファインダー脚がちょっと安く売っていたのでそれまで我慢しようと思います。

760mmにちょうどいい対象って何がありますかね。三裂星雲か干潟星雲でしょうか。北アメリカはデカすぎ。アンドロメダも入りきれない。M33やM42は入るんですね。夏から冬にかけてが楽しみです。でもますますHD800の出番がなくなって、ホントに惑星専用になりそうな予感です。

|

« 日の丸構図 | トップページ | ホタル終了宣言 »

機材」カテゴリの記事

コメント

 R200SSとHd800 2台体制ですか。羨ましい。
焦点距離も2倍近く離れているので同一対象を2本で撮り比べるのもありかと思いますが。
 新しい可能性を試す準備期間といったこの時期。旅行前のわくわく感と似ていますよね。
 冷却をお持ちなので視写は意外と早いかもしれないですし、これで一段と差がついてしまいそうです。

投稿: satelight57 | 2016年6月27日 (月) 22時06分

satelight57さん
300mmの次がいきなり1400mmだったので、その間を埋めるべく、ちょうどいい焦点距離がそろったのでよかったです。
明るいし、ちょっとこっちの撮影にはまりそうです。
とはいえ、前に使っていたときはガイドやら導入やら斜鏡の結露など、だいぶ苦労したことをすっかり忘れています。意外に手こずるかもしれません。
結局もてあまし、またしまい込むということがないようにしたいものです(笑)

投稿: まるひ | 2016年6月27日 (月) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日の丸構図 | トップページ | ホタル終了宣言 »