« リアル光害マップ(中部編) | トップページ | 臨戦態勢 »

2016年6月18日 (土)

黒点拡大

ここ一ヶ月くらい週末晴天が続いています。しかし今日は新月期。惑星撮影という手もありますが、今日は久々に家族が全員揃うのでおとなしく家に帰ることにします。それでも最近天体関係で更新がないのでこんなものでもアップします。

172647860

1個だけですが、ちょっと大きめの黒点が出ていました。一度撮って見たかった拡大撮影に挑戦しました。

mini Borg 60ED+1.4倍テレコンバータ+2倍テレプラス+QHY5L-Ⅱ、実質焦点距離980mmです。非常にシンチレーションが酷かったですが、Registax処理でこれくらいに。もっと大黒点でシンチレーションのよいときに微細構造撮るのが夢です。

梅雨入りしましたが、今のところほとんど降っていません。梅雨初期は新潟結構晴れるのですが、今年はどうなるでしょう。

|

« リアル光害マップ(中部編) | トップページ | 臨戦態勢 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

テレコン2つで1000mmですか。う~む。
昔のMC7(ケンコー)をPENTAX75SDHFで
使用していましたが どうもよくなかったので
MC7は手放しました。最新のNikon Canonのテレコンは
いいんでしょうかね。夏場は星野撮りが無理なので
太陽や月を気軽に撮りたいとは思ってます。
しかし、同じ価格で8~10cmクラスの長焦点アクロが買えるので そちらにするかな~とも。
自宅でしか撮影しませんし、軽量化小型化する必要もないので。それにかっこいいでしょ。いかにも「望遠鏡」という感じで。正直 短焦点アポは昼間見るとかっこ悪くないですか〔笑い)ずんぐりむっくりは好みでないんです(笑い)

投稿: satelight57 | 2016年6月19日 (日) 09時14分

手軽に太陽や月を撮るのにちょっと長焦点が欲しかったのですが、以外にテレプラスが役に立っています。もっと像が悪化すると思っていたのですがそんなに悪くないです。
純正はいいのでしょうが高いですね。
6cm短焦点だとポタ赤に十分乗るのでわざわざ重い赤道儀出さずにすみます。気が向いたら室内からでも撮れるので便利です。そういえば長い鏡筒って見なくなりましたね。いかにも望遠鏡っぽいですけど、観望向けで天体写真屋さんには人気ないのでしょうね。

投稿: まるひ | 2016年6月20日 (月) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リアル光害マップ(中部編) | トップページ | 臨戦態勢 »