« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月31日 (火)

スーパーマーズってなによ

今日は火星最接近の日。テレビとかネットでスーパーマーズとかって騒いでいます。は?何それ、と突っ込みたくなります。最近天体がデカけりゃなんでもスーパー付けるのが流行っているみたいで、なんだかなーという感じです。某公共放送ではニュースのタイトルに「大接近」と書いてありました。今日が大接近なら2018年の立場はどうなるのでしょう。それと、至るところで、今日限定見逃すな!みたいな書き方してますが、別にあと1ヶ月くらいは大して変わらんし、そういう誤った情報を吹聴するのってどうなのでしょうね。

一応騒ぎに乗って記念撮影してみました。

Img_3095

ちっちゃ

6cm屈折980mmで直焦点です。あんまりスーパースーパーいうので逆らってこんな写真にしてみました。とはいえ、天文ファンの端くれですのでこの1ヶ月くらいはまじめに火星撮影に取り組んでみたいと思っています。この数日は大シルチスがこっちを向いていますので撮影意欲も湧きます。シーイング良くなってくれないですかね。

| | コメント (12)

2016年5月29日 (日)

峠の天の川

28日は久しぶりの晴れの週末。家族との行事もないので大手を振って星見に行けます。何を撮ろうか、どこに行こうかぎりぎりまで悩み抜き、結局最も無難ないつもの早出に。しかしこれが大惨敗。それでも手ぶらでは帰れないと、沼越峠に向かいました。

201605281

峠からの天の川は今まで出会ったことのない、見下ろすような構図。天頂付近の透明度は悪くはないようなのですが、最高でもない。下界近くは霧のようです。それがまた雰囲気あります。この時間帯はもう月が出ているはず。3分4枚撮影したのですが、後半に行くほど東側のカブリが強くなっていき、使ったのは固定と追尾の最初のコマだけ。霧が上がってきて、三川方面の光害が反射していたのかもしれません。ここは何度か下見をして、この構図で天の川が撮れそうだとは思っていましたが、ベストな方向でした。よく霧が出るところですが、今度はもっといい条件の時に来てみたいです。

| | コメント (8)

2016年5月25日 (水)

買っちゃいました

こんなものを買っちゃいました。

Img_0114

Vixen コレクターPH

今所有している光学系の焦点距離は300mmの次がいきなり1400mm。あまりに間が空きすぎるので中間を埋めるものが欲しかった。760mmです。もう一つ購入の後押しをしたのが、R200SSのオーバーホールキャンペーン。いじりすぎて光軸がめちゃくちゃになってしまったのをなんとかしたかったからです。ミラーの洗浄やその他調整も含め5,000円でやってくれるのなら格安です。さらにもう一つの理由は、某掲示板で口の悪いネット民の「F4より暗い光学系は有名撮影地に来るな」という書き込みを見たこと。そんな勝手な言い分に耳を貸すこともないですし、そもそも有名撮影地には行かないので関係ないですが、ちょっと悔しいではないですか。まあ、最後の理由はどうでもいいんですけどね。

しかし、まだHD800の撮影もほとんどしていないのにこんなの買っていいんでしょうか。春秋ものはHD800、夏冬ものはR200SSというのが適しているみたいです。まあ、しばらくは実践に使われることはないと思います。とにかくキャンペーン中に買っておきたかった。R200SSは長期にお借りしているものですが、せっかくなので出来るだけ有効に使わせていただきます。ありがとうございます。

| | コメント (12)

2016年5月23日 (月)

屋根に放置

ここしばらく星空撮影から遠ざかっています。空の具合と自分の具合がマッチせず、ずっと撮影チャンスを逃しています。月と関係ない惑星撮影ですら撮れません。そろそろ火星も接近なのに。

あんまりなにも撮れないと残るは宅撮り。屋根にG7Xを放置して晩酌しながら2時間ほど撮影しました。

Img_0661

今年の木星はしし座にいます。そういえば私が天文に興味を持った時もしし座に木星がいました。レグルスと張り合うようにごく近くに接近していました。ステラナビゲータでシミュレーションしてみましたら1968年でした。私は11歳の春です。小学校6年かな。翌年がアポロ11が月着陸したんでしたっけ。授業中にテレビ見たような記憶もあります。木星は12年で1公転しますので、私が生まれた時にもしし座ですね。5回巡ってきたことになります。そう思うとなんだかしし座の木星って特別です。もう2回くらい巡ってきたところを見たいけど、無理かなー・・・

| | コメント (2)

2016年5月18日 (水)

テレプラス改造

けんちゃさんに教えていただき、早速テレプラスの改造をしてみました。マウントのネジを外すと基板が見えます。それを外して終わり。外観も変わらず、バッチリです。ボーグにつけて太陽を撮ってみました。

Img_3046

mini BORG 60ED+1.4倍テレコンバータ+2倍テレプラス。焦点距離980mm。小型軽量で気軽な月、太陽の撮影に使えそうです。

オートフォーカスや絞りを本体側から制御するレンズには使えませんが、マニュアルレンズには使えます。SAMYANG 135/2につけてみました。

Img_0111

さすがにバランスが悪いのでカメラ本体にネジ止めすると不安定です。前に買っておいたのですが、SIGMAの三脚座が役にたちました。ちょうどバランスが取れていい具合です。これ、純正でないのでベストじゃないんですが、内径とかよく測って各メーカーから使えそうなのを選びました。SIGMAのが最も安くてサイズもピッタリでした。しかし微妙にゆるいのでなにか調整するいい材料がないかと考えました。レンズに傷がつかず、硬いけれどなめらか、しかも貼れるもの・・・ありました。

Img_0112

ご存知、川口技研の敷居すべり。幅もベストサイズ。上下に貼るときつすぎるので下側だけに貼りました。まるで純正みたいにしっくり締め付けできます。

夕日を撮ってみました。

Img_3054

270mm F4の望遠レンズです。これで星は撮れるでしょうか。まあ、 mini BORG 60EDと大体おなじだし、星はそっちのほうがいいかも。一度比較してみたいです。

| | コメント (4)

2016年5月17日 (火)

大きな黒点が

今日は雨上がりの快晴が期待されました。しかし天気予報とは裏腹に午後になっても一向に雲は厚いままです。結構前線通過後の天気回復は予報より遅い気がします。それでも夕方は西から晴れ間が出てきました。雨上がり直後の透明度は残念ながら保たれませんでしたが、ある目的で海岸に向かいました。この間近所のカメラのキタムラで買った中古のテレプラスを試すこと。なんと2千円。Tポイントが貯まっていたのでタダで手に入りました。しかし、シャッターを切ると「カメラとレンズの通信不良です」のエラー発生。記録されません。つけているのは望遠鏡なので通信しなくてもいいんですが。そうこうしているうちにだんだん日が沈んでいきます。仕方がないのでテレプラスは外して撮影。

Img_3028

佐渡に沈む夕日です。大きな黒点が見えています。意外に夕日撮影で黒点が写ることってなぜかあまりありません。これはmini BORG 45ED+1.4倍テレコンバータです。実質焦点距離420mmです。ノートリミング。やっぱり迫力ないです。

通信不良ならいっそ中途半端に接点を接触させないほうがいいのでは、と思い絶縁してみようと考えました。でもテープがない。お客様訪問時、伝言に貼るための付箋があったので糊部分を切り取り貼り付けてみました。シャッター切れます。やったー!

Img_3039

月を撮ってみました。1.4倍テレコンバータとそれにテレプラスを重ねたもの。ノートリミング。右は420mm、左は840mmということになります。そんなに画質も落ちないようです。これなら使えそう。どのみち望遠鏡以外で使うつもりはないのでなんとか工夫して絶縁します。テープだと糊で故障の原因になりそうなので他の方法考えます。

明日から晴れが続きそうですが、満月期に入ります。満月なりのなにか面白いものでも撮ってみたいです。

| | コメント (2)

2016年5月14日 (土)

有名撮影地に

よく晴れた12日の夕方、この時期だけ写せる夕日のきれいなポイントに行ってみました。故A氏が撮影した西蒲区鎧潟の夕日。なんと、すでに数人のカメラマンがいるではありませんか。去年発見したのですが、ここに人がいるのは初めて見ました。私が知らなかっただけですでに有名撮影地だったのかもしれません。

Img_0657

もしかしたらここも超有名撮影地になりそうな予感。新潟県はここ以外に松代町の星峠の棚田とか、枝折峠の滝雲とかがあります。私は行ったことがありませんが、すごいカメラの砲列らしいですね。人が多く集まり過ぎるとマナーの問題が出てきます。そしてそのうち立ち入り禁止・・・そんなことにならなければいいのですが。

| | コメント (8)

2016年5月12日 (木)

透明度よし

今日の透明度はよかったです。というより澄み切った青空というほうがふさわしいかもしれません。こんな日は日本海に沈む緑の光線が見られる可能性があるのでそっちにしようか、と思ったのですが、久しぶりだし見るものがいろいろあるので望遠鏡担いでちょっと近くの郊外まで行ってみました。

大根畑のビニールハウスです。

Img_3000

アングルによっては月が反射して畑一面LED照明みたいに輝くのですが、満月近くにまたきてみたいです。

登る火星

Img_0659

今月末に再接近を迎えます。そろそろ撮りたいですが夜中にならないと高くならないし、シーイングに左右されるのでなかなかチャンスがありません。

HD800を持って行ったので月と木星を見てみました。まるで水底を見るようです。とても写真にはならないです。まあ、一応撮りましたが公開はしないかも。HD800の目的はもう一つ、ω星団を撮ること。過去数年のなかで最も透明度がいい日なので、きっとよく撮れる・・・と思いましたが甘かったです。低空であるということは何にもまして障害です。それに光害の上ですからや全然きれいには写りません。ボツかなーと思いましたが、記念として載せておきます。

Img_3014fl2

Celestron Edge HD800 20cm 2000mm(レデューサで1400mm)、EOS 60D(ノーマル)、ISO1600、1分×8枚、SEⅡノータッチガイド、ややトリミング

過去のいくつかの中では最も長焦点です。やっぱり透明度がいいだけはあって、カメラの液晶でも確認だけはできました。作品としては美しくないので私的には全然満足ではありません。まあ、ぶつぶつが撮れただけでよしとしたいと思います。

GWに出かけられなかった分、土曜日晴れてくれませんかね。月が沈むのが真夜中過ぎなので直焦点撮影はできませんが、皆さんに遅れを取っている天の川先撮りをしたいです。

| | コメント (6)

2016年5月 8日 (日)

風邪を引いちゃいました

別に川の流れを見ていたわけではありませんが、風邪を引いちゃいました。7日、土曜日がこのGW最後の撮影チャンスでしたが泣く泣く家で寝ていました。今回のGWは新月期でしたが、私的には休みの時は撮影に出にくいです。2日と4日もいいお天気でしたね。しかしどちらも家族の行事を優先。とうとうこの新月期はまったく撮影ができませんでした。

自宅前から7日に唯一撮ったものがこれ

Img_0656

火星と「火星に対抗するもの」、つまりアンタレス。最近この写真多く見ますね。私も遅ればせながら撮ってみました。PowerShot G7Xの星空モードです。基本的に家からは撮影にでないと決めているのでカメラなど機材関係はすべて職場に置きっぱなしです。今晩も快晴です。透明度も比較的いい。昔はこんな日に撮影に出られないのを恨めしく思ったものですが、最近は諦めもつき、慣れました。次の週末も晴れそうですが、月が大きくなります。火星撮影は月に関係ないので、そろそろそっちに取り掛かろうかとか思っています。

| | コメント (3)

2016年5月 2日 (月)

伝説・思い出・唱歌の旅

今日は連休の中日ですが、職場を休ませていただき、ちょっとプチ旅行へ。娘を上越まで迎えに行くついでですが。娘との待ち合わせは12時なのでそれまで一度行きたかったここへ。

Img_0619_r

旧板倉町の地すべり資料館。これはそこの隣にある人柱供養堂です。昔、地すべりを収めるために人柱を立てたという伝説があったのですが、昭和になって実際に瓶に入った人の骨が見つかりました。伝説は本当だったということでお堂を建てて供養されました。中にはガラスケースに入った実際の骨が祀ってあります。昔話とか伝説ってなにかしら元になる実話があるんでしょうね。

そこからさらに奥に行った山寺薬師

Img_0622

由緒あるお寺のようです。石段が長い。

石段を登り切ると百度石がありました。

Img_0623_r

初めて見ました。お百度参りのカウンターですね。しかしこの石段を百回昇るというのはかなり厳しいです。ご利益があったのだと思います。この近くに延命清水というのもあるそうですが、見つけられませんでした。まあ、この世の中、延命しなくてもいいのでパスです。

この後上越に戻り、娘を拾って向かったところはここ。飯山市のC56 129です。

Img_0626_r

公園の片隅に保存されています。数年前に化粧直ししたそうです。それまでは朽ちるに任せてかなり老朽していたようですが、こんなにきれいになっています。

Img_0637_r

童心に帰ってブランコ漕いでいるのは娘です。娘の年より若い中学生のころ、このC56 129を夢中で撮影したのが遠い思い出です。

飯山市内を歩いてみました。あれも娘。

Img_0643_r

なかなか風情のある街並みですが、あんまり人が歩いていません。観光地っぽい感じもありますが、観光資源はなんなのでしょう。どうもお寺巡りらしいです。いたるところにお寺があります。仏壇屋さんも。高橋まゆみ人形館も観光の目玉です。時間もなかったし入場料もかかるので入口だけ見て今回はパス。お土産を買おうとお菓子屋さんを探しました。数は多いのですが、観光客目当てに洒落た店構えにしているわけではなく、あんまり商売意欲がない感じ。それでも2件くらいよって柏餅とか豆大福を買いました。

この後は菜の花公園に。

Img_0645_r

ここは結構観光に力入れているみたいで人も多いし、屋台もあってにぎやかです。「朧月夜」の唱歌に歌われているところという触れ込みです。

Img_0650_r

う~ん、でもどうなんでしょう。私的には「朧月夜」の歌のイメージではありません。もっと里山的なところだといいのですが。そもそもあっちは西なので夕方の満月はこの方面には見えません。それに意外と菜の花畑の規模が小さいんですよね。それでも風光明媚なところなので平日にもかかわらずカメラマンが多い。ここでの星景はどんななのでしょうね。

この後、一路家に帰りました。信州は久しぶりでした。新潟と空気感が違いますね。実は信州大好き。今度は一泊くらいで星景とか撮ってみたいです。

| | コメント (4)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »