« 迷宮入り | トップページ | 菜の花大三角形 »

2016年4月 4日 (月)

ひまわり銀河

2日土曜日は撮影には全く適さない日でした。透明度は最悪、おまけに強風。やめようかと思ったのですが、来週の週末は予定があって晴れても行けないし、この日を逃したら次の新月期までないと思ったらダメでいいや、と出かけました。大したもの撮れないだろうと、近いところで村松にしようと思いました。しかしすごい風。とても望遠鏡出せません。谷間で奥まった早出なら少しは収まるかな、と思ってちょっと遠いですがそっちに行きました。予想は当たり、比較的風は弱いです。

この日はひまわり銀河M63狙い。よく写真では見ますが、意外に大きいくて明るいことは最近知りました。形も美しい。お気に入りの対象になりそうです。それにしても空が悪い。雲はないですが、透明度は最悪です。シンチレーションも大きい。長焦点で銀河撮影には全く適しませんが、やっとこんなものが撮れました。

M63

Celestron Edge HD800 20cm 2000mm(レデューサで1400mm)、EOS 60D(ノーマル)、ISO3200、5分×9枚、SEⅡオートガイド ガイド鏡ペンシルボーグ ガイドカメラQHY5LⅡ PHD Guiding、RAP2にてフラット、Photoshop CS6で画像処理

反省点
ISO3200はノイズがひどいので使えません。面倒で冷却でないノーマルの60Dにしましたがやっぱり冷却にすべきでした。
ガイドの歩留まりは半分くらい。DEC側が乱れることがあります。この辺なんとかして100%近くにしたい。
空の状態もよくないとだめ。カブリがひどくてコントラストが悪く、星も太っています。腕のディテールも出ていません。

こんなところでしょうか。SEⅡでもなんとかガイドできそうなので、一時赤道儀をEQ6PROにしようと本気で考えていましたが、ちょっと止めておきます。

それにしても小物銀河はやっぱり暗いです。露光10分で10枚以上は必要みたいです。いろんなことをクリアしなければなりませんが、今年はこれをメインにやっていきたいと思っています。

|

« 迷宮入り | トップページ | 菜の花大三角形 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

待ってました春の系外銀河!いよいよ長焦点鏡筒の本格稼働ですね。この辺、HD800なら撮りたくなる対象が沢山ありすぎでお困りのことでしょう。今年は晴れる日が多いとイイですね。

投稿: ちーすけ | 2016年4月 5日 (火) 08時12分

 作為的な星景から一転して小宇宙の撮影ですか。
HD800ですと焦点距離も十分で、これくらいだと
見ごたえがあります。
 しかし、自分にはとても手に負えないシステムですので
他の作品を参考にちょこっと撮影しようかなと思い 今 撮影中です。
 M63自体は明るいですけど手動導入ですとなかなか難物で
先日は失敗しました。
 うまくいけば明日あたりUpできると思います。

投稿: satelight57 | 2016年4月 5日 (火) 22時50分

ちーすけさん
ようやく待ちに待った季節です。どっちかというともやもやした散光星雲より幾何学的に美しい系外銀河が好きです。今までレンズを向けたことのなかった対象がたくさんあるのでわくわくしています。
しかし難しい。満足のいく作品ができるのはまだまだ先のようです。

投稿: まるひ | 2016年4月 6日 (水) 00時07分

satelight57さん
一応自分では星景写真屋ではなく、天体写真屋だと思っていますのでこういう大きな機材を扱っていると、仕事してるなー、という気分になります。
今までは最長600mmしか扱っていませんでしたから一気に2倍以上になった訳で、なかなか難儀をしています。
これくらいになるとパソコンの自動導入なしでは入れることができません。センターに持ってくるのは結構難しいです。こういうときステラショットがあると役立ちそうです。もうちょっと安くならないかなー
satelight57さんも最近よく銀河撮られていますね。500mmくらいの画角でたくさん銀河が写りこんでいるのを見るのも楽しいです。

投稿: まるひ | 2016年4月 6日 (水) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 迷宮入り | トップページ | 菜の花大三角形 »