« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月29日 (火)

大熊vs獅子

大熊座と獅子座って背中合わせなんですね。

201603265

普通は天頂を挟んで北の大熊、南の獅子と別々に目にするので意識したことがなかったですが、山の上に並んで昇る両者を見ると、なにかお互い張り合っているように見えて面白いですね。

ここはシーサイドラインの五ヶ浜の駐車場です。街灯が明るくて角田山の山肌を照らし、まるでライトアップのよう。海の星景や夕日をよく撮りにきますがちょっと邪魔かも。幸い?海に一番近い街灯が点いていなかったので黄道光の撮影にはあまり影響されませんでした。少し海岸沿いを行くと街灯の影響もなくなるのですが、海岸がゴミだらけでこれはこれで星景に影響します。海岸の撮影って意外と難しいものです。

| | コメント (0)

2016年3月27日 (日)

極楽浄土の光

私事ですが、つい最近大好きだった叔父が亡くなりました。あまりに突然だったので今でもちょっとぼーっとしています。こんなときって無性に星が見たくなります。葬儀も終わり、やっと晴れた土曜日の夕方、海に向かって車を走らせました。そこには佐渡から空に向かって立ち上る淡い光が。

201603264

西空の黄道光は極楽浄土を表す光だと言われています。毎年一度はここに見に来ますが、こんなに美しいのは初めて見ました。きっとあの向こうに行った叔父さんが見せてくれたのだろうなあ、と撮影中ぼやっと考えながら眺めていました。

| | コメント (6)

2016年3月26日 (土)

めぐる季節

久しぶりに晴れました。朝は雪が舞っていましたし、午後まで厚い雲に覆われていましたが夕方からだんだん雲がなくなっていきました。薄明終了から月の出まで1時間しかありませんが名残の冬の星座を撮るには十分です。

日本海に沈もうとしている冬の星座たち

201603261

こちらは北に近い星座です。M31も見えています。

201603263

秋から冬の星座が西に傾くと春を感じます。次に見るときは秋です。めぐる星座で季節を感じるのは星見ファンならではの楽しみです。

| | コメント (4)

2016年3月24日 (木)

秘湯に行ってきました

旅行記とかは滅多に書くことがないのですが、最近ネタもないので珍しく書いてみます。

この連休に松之山温泉に行ってきました。子供のころ10年くらい近くの十日町に住んでいたこともありますし、仕事やドライブなどで通りかかることも多かったのですが、実際に温泉目当てで泊まるのは初めて。

Img_0526

泊まったところは陵雲閣というところ。昭和13年建築の木造の由緒ある宿です。

Img_0528

日本秘湯を守る会に選ばれた宿の一つです。さらに有馬温泉、草津温泉と並ぶ日本三大薬湯の一つです。私たちが泊まったお部屋はもっともいいところだったようで、昭和30年代に高松宮殿下がスキーに訪れた時に泊まったところだったらしいです。

Img_0529

松之山温泉スキー場でスキーをしました。あいにくの雨でほぼ苦行。普段は晴天の春スキーしかしないお気楽スキーヤーです。子供は楽しんでいたみたいですが。

これで春のイベントはだいたい終わりました。もう年なので長距離運転は翌日いっぱいまで疲れが残ります。星見遠征の時は爽やかな疲労で気にならないんですけどね。ようやく新潟も星見シーズンです。

| | コメント (4)

2016年3月15日 (火)

少しお休み

ネタがしばらくなさそうなので、つなぎでこの間の雪原サソリで一番最後に撮ったものを出します。

201603054

天の川が昇りかけています。M8も見えています。透明度が悪かったですが、写真には写るものですね。

満月過ぎまで星ネタが出そうにないです。ここしばらくイベントが多く、桜が散るまで続きそうです。年のせいか、疲れが取れにくくなりました。桜星景のために休めるときに休んでおこうと思います。

| | コメント (8)

2016年3月 9日 (水)

目標107歳

今日3月9日の部分日食はほぼ日本全国だめだったようです。一応車に機材を用意して、少しでも晴れ間がありそうなら1枚くらいと思ったのですが、まったくそんな気配もなく完全にあきらめモードで仕事していました。まあ、前回はほぼ完ぺきに金環日食見れたのでいまさら部分日食では興味もわきません。でも皆既はぜひ見てみたい。インドネシア遠征に行かれたかたがうらやましいです。撮影成功したようですね。

2017年のアメリカ皆既日食がチャンスなのでしょうが、ものすごい混雑と高騰する旅費が想像できますのでほぼ無理でしょう。ビンボー人の私は2035年まで待つしかないようです。私は79歳。大病しなければ生きてる可能性は高いです。車の運転が怪しいかもしれないので今から息子たちに運転手の予約しています。

その次は2063年8月24日。ここまで未来だと知っているかたも少ないようですが、青森で皆既日食になります。

20630824

私は107歳。生きている可能性は限りなくゼロです。でも生物学的には全くゼロでないところが無駄に期待を掻き立てます。子供たちは全員80歳前ですので見られる可能性は高いです。一生に2回も日本から皆既日食が見られるなんてついている世代ですね。私は子供に夢を託して逝きます。

| | コメント (4)

2016年3月 8日 (火)

春霞のサソリ

先週末は晴天で新月期といういい条件でしたが、残念なのは春霞がすごかったこと。でも念願だった雪原サソリを撮るにはこの日しかチャンスがなかったので、とにかく行ってみようと場所探しをしました。グーグルマップを眺めてみるのですが、南東が開けていて、光害がなさそうで、比較的家から近いところってなかなかありません。そういえば三条のスノーピークってキャンプ場があった、と聞いていたのでストリートビューで見てみました。そうしたら結構開けていて、南東の方角も視界がよさそうです。ゴルフ場の奥までは見れませんでしたがイメージ通りの場所のようです。ダメもとでそこにしてみました。家からはちょうど1時間くらい。結構近いです。いつも行く五泉や新発田とあまり変わりません。着いてみたところ、まだ積雪があるのにテントが張られています。明かりも点いているので人がいるようです。よっぽどアウトドア好きなのでしょうか。それともスノーピークの製品テストかなにかなのでしょうか。向こうも驚いたと思いますが、静かに奥に向かいます。当然ゴルフ場は営業している気配はありません。でも昨今写真屋さんのマナーが問題視されていますのでコース内に入るのはやめました。雪ではっきりしませんが、キャンプ場とゴルフ場の間は道のようです。車は入れませんが、長靴に履き替えてカメラ担いで雪中行軍しました。ちょうどコースを見下ろす感じで広大な雪原の向こうにサソリが昇っています。

201603052

お決まりの「固定・追尾合成法」です。狙っていたイメージに近いです。でも春霞がすごくて天の川がほとんど写らないのが残念。去年もこの時期に一度撮りましたが、その時はいい透明度でした。ちょっと今年は霞の襲来が早いようです。

201603053

西のほうはこんな感じ。三条市の灯りが結構あります。木立がいい感じです。

帰ってから改めてグーグルマップ見てみたらやっぱりここは道路でした。ということはどこにも不法侵入しなかったことになります。あ、でも丘の上っぽいキャンプ場の炊事場までは昇ってみました。夜だし、これくらいはいいですよね。雪のない季節にも来てみたいですが、キャンパーの灯りやゴルフ場の営業で明るいかもしれないですね。

| | コメント (6)

2016年3月 6日 (日)

雪原サソリ

ようやく念願だった雪原サソリを撮ることができました。

201603051

ソフトフィルターつけています。ATX 11-20mmの20mm側、立ち上がる様を表したくて縦位置撮影、ややトリミングしました。人工物もちょっと消しています。火星と土星がいるのでずいぶんイメージが変わって見えますね。

場所は三条市の奥、スノーピーク本社脇。キャンプ場とゴルフ場があって広大で気持ちのいい風景です。まさに私が描いていた雪原サソリのイメージにぴったりでした。

1時間半くらいいましたが、このあと雲が出てきたので天の川が昇るのを待たずに中止でした。まあ、ずっと念願だった写真が撮れたので満足です。もう1枚は後ほど。透明度が悪かったのであまりいい作品にはならないと思いますが。

| | コメント (10)

2016年3月 4日 (金)

桜の前に

久々の快晴なのですが、空はどんより透明度が悪いです。せっかくの週末ですが仕事が忙しいのも相まって遠征する気にはなれませんでした。でも1枚くらいは、と帰宅途中に近くの仁箇堤に寄ってみました。

20160304

桜星景では訪れますが、それ以外の季節にくるのは珍しいです。来月はこの枝にも満開の桜が咲くのでしょうね。光害がなければいいのですけど、たぶん運動公園かゴルフ練習場です。夜中には消えると思うので桜の時は消えたころに来てみたい。

明日も晴れそうですが、透明度は悪そう。新月期なんですけどお休みかな。そろそろHD800の準備をします。今年はあまりいろいろ手を出さず、そっちメインでやろうかと考えています。

| | コメント (4)

2016年3月 3日 (木)

夕日信仰

ここ数日冬に逆戻りしたかのような天候でしたが、ようやく暖かさが戻ってきました。しかし新潟だけは空の状態がよくないです。ほぼ全国晴れているのに。でも夕方は雲赤フィルターを通して鮮やかな夕日が見られました。

Img_0522

やっぱりみんなこういうの写真に撮りたがるのですね。いたるところで車を停めて撮影している人を見かけました。ほぼすべての人が映像を撮る装置を持ち歩いているって、ちょっと前じゃ考えられなかったですよね。

なんで夕日ってこうも人をセンチメンタルにさせるのでしょう。毎日見られる光景なのに。なにかDNAに組み込まれているのでしょうか。心理学的に説明ってつくのかな、と思って調べてみたら、遠い昔から人類は生きるのが精一杯で、一日の終わりに夕日を眺めて、ああ今日も一日生き延びられた、と安堵の気持ちになるからだという説があって、なるほどと思いました。夜のほうが危ないだろ、という突っ込みもあるでしょうが。

週末は久々に晴れそうです。新月期ですし、絶好の撮影日和になりそうですね。しかし、土曜の明け方はまだ月が残っていて微妙。願わくば日曜日の朝まで天気が持って欲しい。2~3日前から風を引いていまして、やっと治りかけです。金曜日はおとなしくしていて土曜の夜中に出かけたいです。でも金曜日のほうがよく晴れそうなんですよね。

| | コメント (2)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »