« 雪のち晴れまた雪 | トップページ | 夕日信仰 »

2016年2月29日 (月)

日食仕様に組み替え

来週3月9日は部分日食の日です。前回の金環食ほどテンション上がりませんが、一応記念撮影くらいはしたいと思います。太陽は45EDに1.4倍テレコンバータつけて420mmで撮影することが多いのですが、やっぱり拡大率が低いです。今後の黒点撮影のためにも長焦点にしたくなりました。しかし、89EDはなくなってしまったし、HD800で太陽は撮れません。そこで60EDを使ってこんな感じにしてみました。

Img_0511

バーダープラネタリウム社のソーラーフィルターを付けました。焦点距離を伸ばすためにバローレンズの購入を考えていたのですが、何を買ったらいいかよくわかりません。そこでふと思いついたのが、ボーグの眼視用のコンパクトエクステンダー。エクステンダーもバローレンズも呼び名が違うだけで基本同じ。使えるはずだとこんな風にしてみました。

Img_0512

カメラアダプターに延長筒につけたエクステンダーを接眼レンズなしではめ込みました。実際に写真を撮ってみたら約3.5倍の拡大率のようです。約1200mmの計算になります。実際に雲フィルター越しに覗いてみたらちょうど視野いっぱいです。60Dではケラレもありません。

これは逆さまにつけてみたところ

Img_0515

これだと約2.8倍でした。レンズと撮像面の距離を変えると拡大率が変わるのですね。最適な位置があるのだと思いますが、今度いろいろ試してみます。週末に実際の太陽を撮影してみます。

問題は日食の日に晴れるかですね。今のところまだ週間予報が出ません。平日ですし、食分も小さいので本気モードになれませんが、仕事の合間に数枚くらいは撮ってみたいと思っています。

|

« 雪のち晴れまた雪 | トップページ | 夕日信仰 »

機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪のち晴れまた雪 | トップページ | 夕日信仰 »