« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月29日 (月)

日食仕様に組み替え

来週3月9日は部分日食の日です。前回の金環食ほどテンション上がりませんが、一応記念撮影くらいはしたいと思います。太陽は45EDに1.4倍テレコンバータつけて420mmで撮影することが多いのですが、やっぱり拡大率が低いです。今後の黒点撮影のためにも長焦点にしたくなりました。しかし、89EDはなくなってしまったし、HD800で太陽は撮れません。そこで60EDを使ってこんな感じにしてみました。

Img_0511

バーダープラネタリウム社のソーラーフィルターを付けました。焦点距離を伸ばすためにバローレンズの購入を考えていたのですが、何を買ったらいいかよくわかりません。そこでふと思いついたのが、ボーグの眼視用のコンパクトエクステンダー。エクステンダーもバローレンズも呼び名が違うだけで基本同じ。使えるはずだとこんな風にしてみました。

Img_0512

カメラアダプターに延長筒につけたエクステンダーを接眼レンズなしではめ込みました。実際に写真を撮ってみたら約3.5倍の拡大率のようです。約1200mmの計算になります。実際に雲フィルター越しに覗いてみたらちょうど視野いっぱいです。60Dではケラレもありません。

これは逆さまにつけてみたところ

Img_0515

これだと約2.8倍でした。レンズと撮像面の距離を変えると拡大率が変わるのですね。最適な位置があるのだと思いますが、今度いろいろ試してみます。週末に実際の太陽を撮影してみます。

問題は日食の日に晴れるかですね。今のところまだ週間予報が出ません。平日ですし、食分も小さいので本気モードになれませんが、仕事の合間に数枚くらいは撮ってみたいと思っています。

| | コメント (0)

2016年2月25日 (木)

雪のち晴れまた雪

夕方職場を出る頃は西のほうに晴れ間があり、なんとなく夜は晴れるかなあ、という気がしていました。仕事を済ませ、ちょっと時間が空いたので県立図書館へ。1時間ほど天ガのバックナンバーと都市星景の撮り方の本を読み図書館を出たところ、なんと大雪。

Img_0495

3cmくらいは積もっていそう。このまま降り続けたら明日の朝はすごいだろうなあ、と思っていたらあっという間に止んで空には星が。なんというめまぐるしさ。そうだ、ずっと撮りたかった新雪星景が撮れるではないか、と頭に浮かびました。しかしカメラがない。G7Xしか持っていません。でもないよりまし、とビッグスワン近くの公園へ。まだ晴れています。いい具合に木に雪が被っているのですが、写真に撮るとなかなかイメージ通りに写りません。至る所に街灯もあってあんまりロケーション的にはよくないです。やっぱり五頭山の方とかがいいですね。

Img_0505

これが一番雰囲気出ているかな。

この後西から雪雲が押し寄せてきて撮影は終わり。帰る道ではまた吹雪。夜は雷。春は近そうですが、もうちょっとかな。

| | コメント (2)

2016年2月22日 (月)

写真展に行ってきました2016

冬恒例の新天研(新潟天文研究会)の写真展「美しき新潟の星空2016」に行ってきました。

Img_0046

平日夜なので空いています。私以外には1組だけ。ゆっくり鑑賞することができました。会場に入ると目に留まる、巨大な下弦の月の作品に見入っていると話しかけてくる方が。撮影者のWさんでした。ぜひとも撮影のことを聞きたかったのでお会いできうれしかったです。私と同じHD800ですが、どうやったらこんなによく撮れるのか、機材のこと、シーイングのことなどいろいろお聞きでき大変参考になりました。ほかにお客さんはいないのでずーっと解説を聞きながら鑑賞できとても勉強になりました。帰り際にお土産までいただきどうもありがとうございました。平日夜は会員のかたがどなたもいらっしゃらないと思っていましたがラッキーでした。来場は休日と平日の2回がおすすめです。まだご覧になっていないかたはぜひどうぞ。3月1日までです。

追加です。


あの下弦の月は去年の8月7日に撮られたそうで、1年のうちでもまれに見る好シーイングの日だったそうです。そうだったのかーと私の過去の記事を見てみましたら、自分でも土星を撮っていてそんなことコメントしていました。やっぱり月、惑星はシーイングがものをいうのだとつくづく感じました。

| | コメント (4)

2016年2月21日 (日)

25年前の画像処理

MacBook ProのWindows環境は結局Parallelsを導入しました。初めはBootCampでしたが、64ビットOSしかサポートしていません。どうしてもオールドMac環境のBasilliskを走らせたかったのですが、これは32ビットでしか走りません。ParallelsならどんなOSでも走らせることができます。ちょっと投資になりましたがインストールしました。使ってみると結構快適です。いちいち再起動しなくてもいいですし、WindowsアプリがそのままMacの中で動くという感じで、OSを切り替えている気がしません。デスクトップとかドキュメントのフォルダも共通です。逆に元はどっちのOSにあったのかわからなのが不便でしょうか。

Photoshop 2.0が入っていました。1991年のソフトです。これで今の写真を画像処理できるのか試してみました。ファイルをどうやって持ってくるのか、最初悩みましたが、やってみると簡単。Windowsのドライブを丸ごとデスクトップにマウントできます。そこからドラッグしてコピーすればいいだけです。この仮想Macにはメモリが16MB入っていることになっています。今のデジ一の写真はJPEGでも10MBあります。読み込めるかちょっと心配。しかし、ファイルが開けません。当時はJPEGは一般的でなかったため、プラグインからインポートすることになります。なんとか開けました。

Mac

このクラシックなMacの中にフルカラーの天体写真があるというのはなんか新鮮です。しかしこの頃のPhotoshopって機能が超少ないです。レイヤーとかないですし、フィルターも少ないです。アルファチャンネルはあるみたいですが、どう使うのかわかりません。トーンカーブとカラーバランス使って調整しますが、いちいちスライダー動かしてはプレビューボタンを押さないと結果が見られないのでとても不便。CPU能力が当時は足りなかったのでしょうね。

こんな感じになりました。

Bara

もう少しなんとかなるのでしょうが時間もかかるし、ストレスもたまるし、現代ではとても使い物にならないですね。まあ、でも昔はこれでもすごいソフトだったんでしょうね。Photoshop 1.0ってどんなソフトだったんでしょうか。当時ちょっとさわった記憶がありますが、覚えていません。モノクロMacでもカラー編集ができたとか言われていたと思います。本体はモノクロでもカラーQuickDrawを備えていた先進的なOSでした。Photoshop1.0のパッケージはアドビ本社にも残っていなくて、提供してくれたかたには最新バージョンと交換します、みたいな捜索キャンペーンを何年か前にやっていましたが見つかったんでしょうか。職場のハードディスク内に1.07バージョンの体験版ならあった気がします。今度探してみます。

| | コメント (2)

2016年2月18日 (木)

さまよって成果なし

今日はいい天気でしたね。なぜいつも木曜日に晴れるのでしょう。誰にとってもあまり都合のいい日ではないように思います。月齢9の月がオリオンの上に輝いています。逆光になりますが、せっかくなので雪原とオリオンでも撮りたいと新発田のほうまで行ってみました。しかしいいロケーションがありせん。東なら二王子岳をバックに素晴らしい風景なのですが、南側ってどこも雑でいいところがありません。いろいろさまよったあげくとうとう2枚くらいしかシャッター押せませんでした。

201602181

この辺は送電線が避けられません。オリオンも高すぎて風景とのバランスが悪いです。AT-X 11-20は逆光耐性がよさそうです。これくらいのゴーストならレタッチで消せます。これがわかっただけでも収穫としたいと思います。月夜の星景もいいものなんですが、もろに視野に入ってしまうとなかなか難しいです。

せっかくの晴れなので1時間かけて遠征しましたが、近くでHD800使って月の撮影のほうがよかったかもしれません。もう満月過ぎまでは晴れないようです。

| | コメント (4)

2016年2月16日 (火)

美しき新潟の星空2016

今年も恒例新潟天文研究会(新天研)の写真展が開催されます。写真は天狼星さんのブログから拝借しました。例によって勝手に宣伝させていただきます。

2016_2
2月18日から3月1日まで。場所はいつものムサシの2階です。詳しくはポスターを拡大してご覧ください。
星を見る機会が少ない冬の新潟で、美しい星空に出会えるチャンスです。土曜日曜は研究会のかたもいらしていろいろなお話を聞けると思います(たぶん)。ベテランのかたから初心者のかたまで楽しめますのでぜひご覧になってはいかがでしょうか。

| | コメント (6)

2016年2月14日 (日)

もう一つの五頭オリオン

五頭シリーズが続きます。これは同じ場所で撮ったのですが、焦点距離を少し変えて、ノーマルの60Dで撮影してみました。

201602084

ガイドはしていますが、1分くらい。ソフトフィルター入れています。ノーマルなので赤い星雲も出ていませんが色も素直ですし、これはこれできれいだと思います。むしろ私が描いていたのはこんなイメージかもしれません。

菜の花オリオンも楽しみな対象です。これもイメージがあるのですが、去年は満足のいく写真が撮れませんでした。もうあと2ヶ月です。今年はいい天気に恵まれるといいのですが。

| | コメント (8)

2016年2月12日 (金)

五頭オリオン

8日月曜日に五頭山麓で撮影したものです。雪を冠った木立の間に輝く冬の勇者オリオンは、私がずっと描いていたイメージそのものです。

201602083

先週の6日、NHK総合で木曽オリオンというドラマが放映されました。2年前の再放送です。初回は地域ドラマ扱いで関東甲信越限定の放送でしたが、今回は全国版。観られたかたいらっしゃいますか。あらすじは・・・
やや家庭に退屈していた主婦がふとしたことから二週間限定で天文台の賄いにパートとして行くことになります。そこに勤務するイケメン研究員と、キャラの濃い電気担当、メカ担当、プログラム担当の3人の職員とのちょっとドキドキ感もある心温まる物語
といったところでしょうか。和久井映見演ずる、美しい賄いオバさんがとてもいいです。星空映像もたくさん出てきますし、ドーム内の大望遠鏡がウィンウィン動く様子もあるし、専門用語が飛び交う3人の技術者の会話もうなずけるし、天文ファンにはぜひ観てもらいたいドラマです。しかし、土曜日の昼間の放送で、あまり番宣もしていなかったので気づいた人は少なかったのではないでしょうか。再々放送もないみたいですし、オンデマンドでもやっていません。私が録画したのをアップしたいくらいですが、いけないことですね。DVD化でもされたらぜひご覧になることをお勧めします。

| | コメント (8)

2016年2月11日 (木)

見えるわけないんですが

今日は2月にはまれな好天に恵まれました。しかし、タイミングが悪すぎます。休日の夜は基本的に星見は禁止です。休日前ならいいので昨日でも明日でもあさってでもいいことになります。今日だけがだめなんです。明け方に夏物を凍み渡りしながら撮りたかったですがもうこんなチャンスは今後何年もないと思います。

晴れればどこにいても星を撮りたい性です。屋根の上にG7Xをセットして南側を撮影。

Img_0484

わずかですが真南が覗けます。もし条件さえ整えばカノープスが見えるかも、と淡い期待を抱いての撮影ですが、見えるわけありませんね。

わずかに地平上に出るのですが、南魚沼の山々に阻まれて見ることができません。でも上空まで登れば見えるんですよね。

Canopus

これは我が家の上空 1000mを想定してのシミュレーション。800mでもだめでしたね。弥彦山の634mは本当に貴重なスポットだと思います。

また明日から悪天続き。本当に今日は惜しかったなあ・・・

| | コメント (4)

2016年2月 8日 (月)

パウダースノー星景

8日の晴れは予想外でした。天気予報でも数日前は晴れる気配もありませんでしたが、前日の予報で晴れマーク。しかしこんなに快晴になるとは思いませんでした。明け方も素晴らしく晴れたのだと思います。日曜の朝なら雪原サソリを撮りに行きたかったです。夜まで持つかどうかは難しそうでしたが一応機材を持って仕事に。終わったのが17時半。晴れてます。向かったのは五頭山。雪景色のオリオン狙いです。いこいの森へ行く道をずーっと除雪してしてある限り昇って行きました。そして終点。

201602082

ずっと思い描いていたシチュエーションとほぼ同じ。うれしくなってしまいました。降雪直後ならさらにきれいだったのでしょうが、贅沢言いません。木の上に雪が残っているだけでもよしとします。

201602081

雪は50cmくらいでしょうか。例年なら1~2mくらいあると思います。それでも少雪になれた身には大雪に感じます。もふもふのパウダースノーも新鮮です。

平日なので長時間いられません。1時間くらい撮影したころ雲も出てきたのでちょうどいい頃合いです。ほんのつかの間の冬の楽しみでした。

| | コメント (12)

2016年2月 6日 (土)

フォト俳句・フォト短歌

だいぶ前のことですが、俳句や短歌を趣味にしている友だちから、写真とコラボしないか、と持ちかけられてやったことがありました。結構面白い作品になったのでブログで紹介したかったのですが、友人からなかなか許可がもらえませんでした。今回一部修正を条件に、ようやく許可をもらえたのでご紹介します。

Photohaikutanka

俳句、短歌、写真は今回のために特別に作ったものではなく、前から持っていたものをお互いに選んで、それぞれをイメージに合うもの同士で組み合わせたものです。妙にマッチしていることに驚きました。友人曰く、写真が説明的になり過ぎないのがいいんだとか。私はこっちの世界は門外漢ですが、こういうのも面白いものです。機会があったらまたやってみたいです。

| | コメント (4)

2016年2月 2日 (火)

海の雪山

荘厳な雪山・・・っぽい写真ですが、新潟市の海岸

Img_0472

新潟市では冬になると海岸にこういう雪捨て場ができます。今年は少雪ですが、それでもこんなに山になっています。豪雪の年は海からはみ出て手前の駐車場も一杯になります。新潟の風物詩・・・といえるのかなあ。

夜になると若干ですが、雲の切れ間から星が見えます。でも北風が強くてとても撮影する気分になれません。毎日毎日、今日こそは夜晴れたら撮影しよう、と期待はしているのですが、寒さに負けてそのまま帰宅してしまいます。やっぱり春まで冬眠のようです。

| | コメント (2)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »