« 25年前の画像処理 | トップページ | 雪のち晴れまた雪 »

2016年2月22日 (月)

写真展に行ってきました2016

冬恒例の新天研(新潟天文研究会)の写真展「美しき新潟の星空2016」に行ってきました。

Img_0046

平日夜なので空いています。私以外には1組だけ。ゆっくり鑑賞することができました。会場に入ると目に留まる、巨大な下弦の月の作品に見入っていると話しかけてくる方が。撮影者のWさんでした。ぜひとも撮影のことを聞きたかったのでお会いできうれしかったです。私と同じHD800ですが、どうやったらこんなによく撮れるのか、機材のこと、シーイングのことなどいろいろお聞きでき大変参考になりました。ほかにお客さんはいないのでずーっと解説を聞きながら鑑賞できとても勉強になりました。帰り際にお土産までいただきどうもありがとうございました。平日夜は会員のかたがどなたもいらっしゃらないと思っていましたがラッキーでした。来場は休日と平日の2回がおすすめです。まだご覧になっていないかたはぜひどうぞ。3月1日までです。

追加です。


あの下弦の月は去年の8月7日に撮られたそうで、1年のうちでもまれに見る好シーイングの日だったそうです。そうだったのかーと私の過去の記事を見てみましたら、自分でも土星を撮っていてそんなことコメントしていました。やっぱり月、惑星はシーイングがものをいうのだとつくづく感じました。

|

« 25年前の画像処理 | トップページ | 雪のち晴れまた雪 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私は日曜の夕方覧てきました。Wさんから詳しく解説して頂きました。

投稿: けんちゃ | 2016年2月23日 (火) 01時44分

そういえばWさんが、けんちゃさんが昨日いらっしゃいましたよ、と言っていました。毎年一番星さんから解説をしていただいたのですが、今年はお会いできませんでした。Wさんや天狼星さんの月や惑星の写真が目を引きましたね。私と同じHD800を使っている方が3人いらしたようでした。今年こそHD800を使いこなしてみたいです。

投稿: まるひ | 2016年2月23日 (火) 23時00分

こんばんは。
私は日曜日のお昼ころにいってきました。
運よく一番星さんとお話しすることができました。
妻といっしょでじっくりとみることができなかったので、また平日の夜に行ってみようと思います。
小学5年生の月のみちかけを追いかけた写真はすごいとおもいました。将来が楽しみです。

投稿: skame | 2016年2月23日 (火) 23時11分

skameさん
一番星さんとお話ができたのですね。今年はmitakaの上映もあったようで、そちらの解説でも忙しかったのだと察しました。
休日は会員のかたと交流、平日はじっくり鑑賞、というのがいいですね。
あの満ち欠けの写真は小学生の作品だったんですか。記念のカードをもらいましたが、本当に努力ですね。私が中学生の自由研究でやった黒点観測は一週間でした。がんばったで賞をあげたいです。

投稿: まるひ | 2016年2月24日 (水) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 25年前の画像処理 | トップページ | 雪のち晴れまた雪 »