« 冬が来る前に | トップページ | 大漁収穫 »

2015年12月11日 (金)

薄雲襲来

秋の天の川を撮ってみました。

201512093

TOKINA AT-X 11-20 PRO DX F2.8(11mm F3.2)、3分×8枚、CD-1でガイド、Astro 60D(約-21℃)、ISO1600

光害カブリとなんだかわからないカブリがひどいです。1枚ずつ見てもわかりにくいですが、連続してアニメのように見るとすべてのコマに薄雲がかかっています。そのせいのカブリもあるのでしょうか。少し補正したのですがこれ以上は私の技術で無理。でもこう言うの見事に消す人っているみたいですね。

昇る冬の星座

201512094

TOKINA AT-X 11-20 PRO DX F2.8(11mm F3.5)、3分×4枚、CD-1でガイド、Astro 60D(約-21℃)、ISO1600

もちろん風景と星は別撮りです。やっぱりせっかくのいい風景ですからこうしないと美しくないですね。悔しいけど。空の色をイメージのようにするのが難しいです。改造デジカメだとどうしても紫っぽくなってしまいます。あえて赤物は諦めてノーマルデジカメで撮るのもありかもしれないですね。

|

« 冬が来る前に | トップページ | 大漁収穫 »

星野写真」カテゴリの記事

コメント

薄雲残念ですね。しかも散光星雲と同じような色なので始末が悪いです。
2枚目の写真でも左側低空にピンクのカブリがありますが、なにか赤方の光を出している施設が有りますかね。

投稿: tantan | 2015年12月12日 (土) 08時37分

 自分ですが、もともとホワイトバランスがくずれているので薄雲があったりすると変な色合いによくなります。(広角の場合)
 11mmでしょうか かなり広角ですね。夏の銀河撮影に威力を発揮しそうです。
 2枚目はさらにバージョンアップしましたね。地上が綺麗で安定している。
 ポタ赤ですけど どれもにたりよったりでしょう。CD-1
でしたね。ドイツ式に変更すれば135mmも問題なく安定して使用できると思います。自分のポタ赤は全てアルカスイスでドイツ式にしています。それなりに出費はありますけど(笑い)
 

投稿: satelight57 | 2015年12月12日 (土) 09時16分

こんにちは
超広角の天の川が素敵です。オリオンからはくちょうでしょうか?
2枚目は冠雪した山の表現がカッコいいです。
”悔しいけど”に、ますます好感が持てる星景写真ですね。私も悔しいけど(笑。

投稿: 温泉日和 | 2015年12月12日 (土) 15時54分

tantanさん
見た目にはわからないくらいの薄雲だったのですが、結構影響あるものです。
ピンクのカブリありますね。1枚目の赤いのもそれでしょうか。何にもないと思うのですが。大気光?

投稿: まるひ | 2015年12月12日 (土) 17時37分

satelight57さん
改造機は光害地で撮るとカブリを調整するのが大変ですよね。ノーマルでもわずかに赤いものは写るので、星景の時は改造機にこだわらないようにしたいと思います。
ドイツ式にすると安定するんですか。構図の取りやすさがメリットかと思いましたが、そういう理由もあるんですね。CD-1は気に入っているので手放したくないのですが、ちょっと考えてみます。

投稿: まるひ | 2015年12月12日 (土) 17時43分

温泉日和さん、こんにちは
ありがとうございます。
風景合成しないとせっかくの風光明媚が何にも意味なさいのでやってみました。なんか流れに屈したようで不本意なのですが、作品の幅が広がったのでまあいいことにします(笑)

投稿: まるひ | 2015年12月12日 (土) 17時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬が来る前に | トップページ | 大漁収穫 »