« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月31日 (木)

今年のベストショット2015

今日で2015年も終わり。振り返れば比較的天候にも恵まれ成果は多かったような気がします。といっても直近の12月が珍しく晴れたのでそう感じるだけで夏や秋はあまり晴れなかったような気もします。

そんな中で今年のベストショットにはこれを選びたいと思います。

201505226

自分の心象的にはこのふるさとの原風景とも言える天の川を具現化できたことがうれしかったです。写真的にはいまいちなんでしょうけど、見るたびに心が癒やされます。まあ、自分だけなんですけどね。

他は新しく購入したSAMYANG 135mmで撮った作品がいくつかお気に入りですが、色にこだわって時間をかけたこれにしたいと思います。

201512123

直近すぎて目新しさはないですが、バラとクリスマスツリーのどちらにしようかと思い、メジャーなほうのこっちにしました。構図はいまいちでしたが、それは来年の課題にします。

今年は春の対象が少なかったです。来年はいよいよHD800を使った銀河撮影に挑戦したいと思います。あぶはち取らずにならないように春は星景はお休み。集中してなにか成果を出したいと思っています。

ブログにコメントをいただけるみなさん、ROMだけでもいつも訪れていただけるみなさん、撮影地でお会いしたみなさん、本当にお世話になりました。来年もまたよろしくお願いいたします。

| | コメント (14)

2015年12月29日 (火)

またもデジカメを

性懲りもせず、またまたこんなものを買ってしまいました。

Img_0401_r

Canon PowerShot S100

G7Xを買ったばかりなのに、と思いますよね。確かにG7Xはいいカメラですが、唯一の欠点はポケットに入らないこと。お散歩カメラにするにはちょっと気軽に持ち出すということができません。S120を売らなければよかったんですけどね。S95もなかなか良さそうだったのですが、調べていくうちにS100にはGPSが内蔵されていることがわかりました。中途半端なグリップのデザインは好きでありませんが、GPSの魅力に負けてポチしてしまいました。

通りすがりに見かけた星景向けの風景

Img_0008_r

場所は

37.716350, 138.861849

てな感じで星景スポット探しに役立ちそうです。

しかし測位するのに結構な時間がかかります。いつまでたっても衛星を捕捉しないこともあります。ちょっと誤算でした。アンテナの感度が低いようです。そんな理由からか、後継モデルからはGPSを廃止して、Wi-Fi経由でスマホから位置情報を取得するようにしたのかもしれません。まあ、GPSは使わなくてもお出かけデジカメとして便利に使っているのでよしとしたいと思います。

| | コメント (6)

2015年12月24日 (木)

メリークリスマスツリー星団

クリスマスに合わせてこのエリアをアップしてみました。

2015121262

SAMYANG 135mm F2.0 ED UMC(F2.8)、Astro 60D(約-20℃)、ISO1600、5分×8枚、SEⅡオートガイド ガイド鏡ペンシルボーグ ガイドカメラQHY5LⅡ PHD Guiding

しかし、なぜこれをクリスマスツリーと名付けたか、どうにも理解ができません。私もコーン星雲のことがそれだとずっと思ってきたクチです。まあ、逆さまにすればイルミネーションがキラキラしてそう見えないこともないですが。それにしてもきれいな領域ですね。初めて撮りました。私的にはアンタレス付近より好きです。バラとクリスマスツリーの光度差は結構あります。ツリーを強調するとバラが赤くなりすぎるのでマスクして抑えました。色をいじるだけで1~2時間くらいかけました。もうちょっとバラの中心を青っぽくしたかったですがきれいにできなかったのでこれくらいが限界でした。ちなみに処理は全部Photoshop。ステライメージはコンポジットでも使いませんでした。

12日の遠征の成果はこれでお終いです。小出しにしないとこの時期はネタ切れになりそうです。あ、もう一つありました。これは一週間くらい後に。

| | コメント (6)

2015年12月21日 (月)

これは失敗

なかなか難しい。エリダヌスバブル。

201512125

TOKINA AT-X 11-20 PRO DX F2.8(16mm F3.5)、5分×29枚、SmartEQ Proでノータッチガイド、EOS Kiss X2(SEO-SP2)、LPS-P2、ISO1600

ボツにしようと思いました。全然写ってないし、美しくない。しかし、次回へステップの参考にするために載せます。思ったよりずっと暗いです。エンゼルフィッシュがまばゆく見えます。LPS-P2は入らないかも。それに周辺がひどく流れているのもこのFFフィルターのせいだと思います。カブリがひどいです。広角で長時間露光だと時間によって光害カブリが変化します。この撮影地は子午線過ぎると光害の影響を受けます。フラットエイドで補正しましたがこれ以上出来ませんでした。線形カブリでないので私には難しい。教訓としては今度撮影するなら、明るいレンズでフィルターなしで感度を上げて多数枚コンポジット、暗いところで秋のうちに撮影、といったところでしょうか。できれば35mmくらいの明るいレンズで4枚モザイクくらいしたいです。樽口あたりでこれのために一晩費やすといった覚悟で臨まなければならないかもしれません。これのためにレンズ買おうか、などと考えています。でももう来年までチャンスないですね。

| | コメント (4)

2015年12月18日 (金)

勾玉付近

ぎょしゃ座の勾玉星雲付近です。

201512124

SAMYANG 135mm F2.0 ED UMC(F2.8)、Astro 60D(約-20℃)、ISO1600、8分×4枚、SEⅡオートガイド ガイド鏡ペンシルボーグ ガイドカメラQHY5LⅡ PHD Guiding

意外と暗いです。よくこれが真っ赤で鮮やかな写真を見ますが、相当画像処理しているのだと思います。露光が足りないのでとてもそんな風にできません。でも広く撮ると結構いろいろなものがあって賑やかなのですね。右下の黒い斑点はCMOSのゴミかと思いましたが、暗黒星雲みたいですね。左側もカブリかと思ったら天の川の暗黒部のようです。この画角は直焦点では写らない、広角でははっきりしない対象がいろいろ写り込むので面白いです。カブリと間違えて消さないようにしないといけません。

もういくつか写した物があるのですが、公開はたぶん先です。難物があって入念に画像処理しなければならないものがあります。うまく行かなかったらボツにする予定です。

| | コメント (0)

2015年12月16日 (水)

オリオン完成

今回の撮影で最も気合いを入れたのがM42周辺です。あれからずっといじっていましたがどうにもイメージの通りに仕上がりません。フラットはうまくいかないので諦めました。多段階露光したのでそれをうまく合成するのですがステライメージだときれいに行きません。ステライメージはコンポジット以外では使わないことにしました。ではPhotoshopでどうやったらできるのか、ずっと考えていましたが思いつきません。そんなとき、今日たまたま本屋さんに寄って手にした本を開いたら私の悩んでいたことがずばり書いてありました。速攻で買ってきてそれを見ながら処理したのがこれです。

201512123

SAMYANG 135mm F2.0 ED UMC(F2.8)、Astro 60D(約-20℃)、ISO1600、8分×4枚+5分×4枚+3分×2枚+30秒×2枚、SEⅡオートガイド ガイド鏡ペンシルボーグ ガイドカメラQHY5LⅡ PHD Guiding

ようやくイメージ通りに仕上がりました。画像処理でこんなに苦労したのは初めてかもしれません。しかし久しぶりにこういうの手がけましたが、手順を忘れていました。マスクってどうやって作るんだっけ、とか。まあ、これはマスク使いませんでしたが。構図はちょっといまいち。もう少し北側に振ってM78をきちんと入れるんでした。

買ったのはこの本

Img_0402_r

前から知っていましたが、Photoshop Elementsを使った・・・というのが初級者向けっぽくて(まあ、私も初級者レベルですが)買うのを躊躇していました。しかし月食の合成法とか移動する彗星のコンポジット法とか今までわからなかった技術がいろいろ書いてあります。もっと早く買っておけばよかったです。私の画像処理のバイブルになりそうです。

| | コメント (10)

2015年12月13日 (日)

大漁収穫

土曜日は思いもかけず晴れました。天気予報では夜は曇りだったのですが、帰宅した深夜2時までは一片の雲も出ませんでした。12月に3回も撮影に行けるなんて今までなかったかもしれません。早出ダム近くの撮影地へ。

秋の天の川

201512122

TOKINA AT-X 11-20 PRO DX F2.8(11mm F3.5)、3分×8枚、CD-1でガイド、EOS 60D(ノーマル)、ISO1600

あえて無改造機で撮ってみました。色は乏しいですが、変なカブリがなくてすっきりしています。それでも子午線より西側は五泉市の光害が届いていて真っ白です。画像処理で軽減はしていますが、ここまでも光害の波が押し寄せてきている、といった感じです。

こちらはコンデジでの撮影です。

201512121

Canon PowerShot G7X、マニュアル撮影、24mm、F2.8、30秒×15枚、ISO3200、RAW撮影、CD-1でガイド

RAWで撮影してPhotosopで現像、コンポジットしてみました。コンデジとは思えません、と言いたいところですが、やはり星像や色合いなどで一眼にはかないません。画像処理で消してはいますが熱カブリみたいなのもでていますし、緊急時の撮影ではいいですが、メインのカメラにはできないです。やっぱり星空モードで撮るのがいいのかも。

他にも大量に撮影できました。今回はすべて星野写真。処理に時間がかかりそうなのでゆっくりと1枚ずつやります。正月休みの暇つぶしになるかも。しかし12月の週末なら普通は忘年会でしょう。星見に行った人なんていないでしょうね。私は誰からも声がかからないのでこんなことしてます。

| | コメント (6)

2015年12月11日 (金)

薄雲襲来

秋の天の川を撮ってみました。

201512093

TOKINA AT-X 11-20 PRO DX F2.8(11mm F3.2)、3分×8枚、CD-1でガイド、Astro 60D(約-21℃)、ISO1600

光害カブリとなんだかわからないカブリがひどいです。1枚ずつ見てもわかりにくいですが、連続してアニメのように見るとすべてのコマに薄雲がかかっています。そのせいのカブリもあるのでしょうか。少し補正したのですがこれ以上は私の技術で無理。でもこう言うの見事に消す人っているみたいですね。

昇る冬の星座

201512094

TOKINA AT-X 11-20 PRO DX F2.8(11mm F3.5)、3分×4枚、CD-1でガイド、Astro 60D(約-21℃)、ISO1600

もちろん風景と星は別撮りです。やっぱりせっかくのいい風景ですからこうしないと美しくないですね。悔しいけど。空の色をイメージのようにするのが難しいです。改造デジカメだとどうしても紫っぽくなってしまいます。あえて赤物は諦めてノーマルデジカメで撮るのもありかもしれないですね。

| | コメント (6)

2015年12月 9日 (水)

冬が来る前に

天気予報もGPVも微妙な雲行きでしたが、この天気図で晴れないはずはない、と信じて今日は遠征しようと堅く誓って家を出ました。夕方は薄雲がかなりありましたが、目的地の新発田に着いたらだんだんと消えてゆきました。やったね。たぶんこの新月期、そして今年最後の晴天でしょう。撮影中、全く人家もない山の向こうから足音が。近所の人の散歩にしてもライトも持たずこんなところ歩くわけがない、と不思議に思ったら名前を呼ばれました。Satoさんでした。ずーっと向こう側に1台同業者っぽい車が停まっていのに気がついていましたが、Satoさんだったのですね。しばらくお話をしてまた再びそれぞれの撮影に戻りました。今日は望遠系は手抜きしました。時間もなかったのでガイドもしなかったら案の定1枚も成功しませんでした。オートガイドは休日前の時間のあるときにしかできませんね。

とりあえず画像処理にあまり手間のかからない1枚だけを即席でお見せします。二王子岳を昇るオリオンです。

201512091

TOKINA AT-X 11-20 PRO DX F2.8(15mm F3.5)、ケンコーPROソフトン(A)フィルター、60秒、CD-1で減速微動ガイド、Astro 60D(約-21℃)、ISO3200

残りは明日以降ゆっくり処理します。

| | コメント (6)

2015年12月 7日 (月)

雨の遠征

今日夕方頃空を見ると、東から南にかけては晴れています。しかし北側は黒雲。きれいな虹が出ています。虹が出ているということは雨ということ。そのあと中心部に出かけましたが、案の定10分も車を走らせると雨が降ってきました。新潟市中央区あたりはかなりの雨。水たまりを見ると相当降ったようです。用事を済ませたのが17時頃、まだ雨は降っています。しかし五泉方面が晴れていたのに賭けて遠征することにしました。雨が降っている中を撮影に出かけるのは長い星見生活で初めてかもしれません。それでも新津あたりから雨は上がりました。五泉に着きましたがわずかに雲に切れ間がある程度で撮影は出来そうにありません。でも勘を信じて少し南に下ってみることにしました。とにかく山のほうに向かいましたどこ走っているかわかりません。そのうちとんでもない山道に入ってしまいました。道は狭いわ、カーブ多いわ、昼でも通るのが怖いような道です。ナビがなければとても走れません。山を下ったあたりで視界が開けたので空を見ると一面の星。勘は当たりました。

さあ、TOKINA AT-X 11-20 PRO DXのファーストショットです。

201512071

TOKINA AT-X 11-20 PRO DX F2.8(11mm 開放)、20秒固定、EOS 60D(ノーマル)、ISO1600

素晴らしい!の一言です。私は開放で使うことはほとんどないのですが、これは開放でも十分実用になります。周辺に少し色収差がありますがそんなに多いとは思いません。周辺の伸びもAT-X 11-16に比べたらかなり軽減されています。

F3.5に絞ってみました。

201512072

シャープさが増し非常にいい星像です。AT-X 11-16も良かったですが、これはさらに上を行っています。いい買い物をしました。

オリオンが昇るのを待ちました。

201512073

TOKINA AT-X 11-20 PRO DX F2.8(20mm F3.5)、ケンコーPROソフトン(A)フィルター、60秒、CD-1でノータッチガイド、EOS 60D(ノーマル)、ISO1600

数枚撮る予定でしたがこの後雲に覆われてしまいました。晴れ間は短時間でした。まあ、しかし新レンズのファーストショットができてよかったです。これは本当に星景向けのレンズだと思います。私にしては当たりを引いた気分です。

| | コメント (8)

2015年12月 3日 (木)

新レンズ届く

こんなものが届きました。

Img_0342

TOKINA AT-X 11-20 PRO DX(ルーペオマケ付き)

ケンコー・トキナーオンラインショップで買いました。初めは近所のキタムラで買う予定でした。下取りあれば3,000円引きだったのでそれだと最安値でした。しかし、買おうと決心したときになぜか下取りがなくなっていました。ケンコー・トキナーオンラインショップは輸出専用棚ずれのアウトレット品でしたが、ショップの保証もあるし、10%引きでキタムラより安いし、こっちにしました。

なかなかかっこいいです。

Img_0345

星景にはソフトフィルターが必要。AT-X116 PRO DXの77mmがステップダウンリングで使えるかと思いましたが、どうもケラレる可能性が高いです。新しく82mmを買うしかないみたいですが、結構高いですね。

今回買うきっかけになったのはMacBook Proのジャンクを手に入れたところから。いろいろいじって治っちゃったことで持っていたiMacをお嫁に出しました。これが思いのほか高額になったので、ついでにAT-X116 PRO DXも出したところ、資金が確保できました。わらしべ長者みたいですね。瀕死のMacBook Proが治ったおかげ、というのも昔話みたいです。

AT-X116 PRO DXとあんまり変わりないみたいですが、旧レンズなのでやっぱり星景ではゴーストが気になるようになりました。それに周辺での星像の伸びも少なくなっているようです。来週は晴れマークが連続してあります。今年最後のチャンスかもしれません。ファーストショットが楽しみです。

| | コメント (4)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »