« 近づく冬 | トップページ | これはいったい何をするもの? »

2015年11月12日 (木)

工夫をしました

今日は新月です。天気予報は晴れ。しかし夕方から空を覆ってきた雲はなかなか取れません。20時頃までに取れれば帰りがけに1枚くらい撮ろうと思ったのですがどん曇りのまま。で、今外を見たら快晴です。まあ、どうせ平日は遠征できないのでいいのですがちょっと勿体ない。

SAMYANGの135mmは少しガタがあります。マウント接合部というより鏡筒の組み立て精度という感じ。これが写りに影響があるのかわかりませんが、精神衛生上よくないので販売元に点検に出してみました。結果は正常の範囲とのこと。何もせずに返ってきました。う~ん・・・やっぱりコリアン製というべきでしょうか。こういうのは日本メーカーならどう対処するのでしょうね。それと合わせてレンズが重いのにカメラ本体のネジでしか固定できないため、鏡筒を押すと結構たわみます。なんとか工夫しようとこんな風にしてみました。

Img_0205

ホームセンターで防振ゴムを買ってきてK-ASTECのレボルビング装置に貼り付けました。これでレンズ鏡筒を支えます。ないよりも幾分強度が増した気がします。本当なら鏡筒バンドか治具を作るのでしょうが、自分で作る技術もないし、作ってもらう財力もないのでとりあえずこれでやってみます。

それから、このレボルビング装置は60Dを付けると360度回転しません。いつも構図で苦労し、ストレスでした。それでこんな工夫をしました。

Img_0204

余っていたアルミ無垢のアリガタを噛ませてかさ上げしました。穴の位置もちょうどいいです。これだけだとわずかに足りないので、元々付いていた台座を逆に付けてもう数ミリかさ上げしてようやく360度回転できるようになりました。こんなの作ってもらえばスマートなんでしょうけど、安くはないと思うのでなかなか頼めません。でも強度も十分で実用になるのでこれでいいです。

明日は待望の週末。昼間は晴れても夜はちょっと怪しい感じ。今のところ北ほど晴れそうです。せっかくだし遠征したいです。県北でもいきたいですが、どうでしょう。

|

« 近づく冬 | トップページ | これはいったい何をするもの? »

機材」カテゴリの記事

コメント

実践してみて不都合がはじめてわかりますね。防振マット
ですか。なるほど。
 冬は来るべき春のための機材メンテですね。
 自分も350mmF4を使い倒すにはもう少し丈夫な赤道儀がいるなと思いGPを探していたら間違って2台購入してしまい 1台処分。冷や汗。R200SSの導入も考えましたが、今年はやめておきます。反射はどうも苦手です。

投稿: satelight57 | 2015年11月13日 (金) 19時28分

いまさらにして剛性が大事なことに気がついています。なんでみんなあれほど神経質になるのか、よくわかりました。お恥ずかしいです。
子供の工作のような稚拙さですが、材料加工が大の苦手です。半田付けは得意なんですけどね。
GPも少し使ったことがありますが、軽くていい赤道儀ですよね。また欲しいと思ったこともありましたがオプションつけてフル装備にすると結構高くなるので諦めました。
R200SSも借り物ですがあります。この間光軸合わせに挑戦しましたが全然だめです。前はこれで直焦点撮っていましたがなかなかうまく行きませんでした。私もニュートンは苦手です。

投稿: まるひ | 2015年11月13日 (金) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 近づく冬 | トップページ | これはいったい何をするもの? »