« 卓上観望 | トップページ | 眼視もいいもの »

2015年10月 6日 (火)

すべてが初めて

今日ようやくHD800の撮影ができました。しかし結果は惨憺たるもの。

初めての1400mm長焦点ガイド、初めてのドリフトアライメントなどすべてが初めてでした。なんとかガイドはしてくれたようですが、すべてのコマで流れています。3分ガイドとかなり敷居を下げたのですがそれでもまともなコマがありません。すべて同じ方向に流れているのでどこかの強度不足なのでしょう。やっぱりSEⅡに1000mmオーバーは無謀なのかなーとか思い始めてきました。もうちょっと工夫してみてだめなら惑星と月専用にしようかとも思っています。オフアキにすればうまく行くのなら導入したい。でも投資しても成功しないときのことを考えるといまいち踏み込めません。もう少し悩んでみようかと思います。

失敗作を

201510051

3分×2枚。8枚撮りましたが、他はもっとひどい。数年前に撮ったもののほうがずっといいです。もしかして踏み入れてはいけない沼の足を踏み入れたのかもしれません。

|

« 卓上観望 | トップページ | 眼視もいいもの »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

いよいよ始まりましたね。
赤道儀のギヤ、PHDのパラメータ、ガイド鏡など全てが相関関係にあるので試行錯誤が楽しいですね、一つずつ確認しましょう。

投稿: けんちゃ | 2015年10月 6日 (火) 01時14分

全てが初めてで、この焦点距離をこれだけの作品に仕上げられれば良いように思います。
これからいろいろ試行錯誤してゆけば良い写真が期待できそうで、こちらもブログ閲覧を楽しみにしております。
私はEQ6で800mmのオートガイドに苦しんでいます。
もしかしたら中華製の赤道義は相当手を加えないとダメなのかもしれませんね。

投稿: ecl | 2015年10月 6日 (火) 06時50分

けんちゃさん
どこをどういじったらいいか、皆目見当がつきません。
いろいろとチェックするところがあるのですね。私にできるかなー
まあ、気長にやっていこうと思っています。いろいろと教えてください。

投稿: まるひ | 2015年10月 6日 (火) 17時56分

 この手の分野は敷居が高くてなかなか踏み切れていませんので(前にST-4で一度挫折している)なんともいえませんが原因が特定できないのは困ったものですね。400~500mm撮影で海外遠征用にとりあえずGP2軸(中古)を手に入れました。それでぼちぼちやっていこうかと思ってます。「オートガイド」といいながら結構難しいのですね。また
教えてください。

投稿: satelight57 | 2015年10月 6日 (火) 18時02分

eclさん
覚悟はしていましたが、長焦点のガイドは思ったより難しいです。
EQ6をお持ちなんですね。私は8年くらい前、胎内で星まつり特価でSEⅡを9万円ちょいで買いました。となりでEQ6が13万円くらいで売られていました。今の価格の半額です。無理してそっちを買っておけばよかったなあと後悔しています。
800mmでも大変なんですね。私は相当無謀なのかもしれません。まあ、やれるだけやってみます。

投稿: まるひ | 2015年10月 6日 (火) 18時03分

ひょっとして今晩も出撃ですか?
一旦始めてしまうとある程度の成果が出るまで気になって仕方がないのではないでしょうか?流れていると言っても比較的きれいな星像ですよね。何とかなりそうな気がします❗頑張ってください。
私は今日はGPDで撮影していますが、タブレットから自動導入出来ずに根性の手動導入で撮影中です。180mmですけどね。

投稿: tantan | 2015年10月 6日 (火) 20時00分

satelight57さん
500mmですらまともなガイドが出来ていないので無謀の極みです。でも小物銀河を撮るのが夢なのでなんとか頑張ってみたいです。
GP2は軽量の割には2軸だし、しっかりした作りで500mmくらいのガイドには最適ですね。ああいういいものが製造中止になるのは残念です。使用レポート楽しみにしています。

投稿: まるひ | 2015年10月 6日 (火) 22時23分

tantanさん
はい、あたりです。しかし今日は家族に無申告だったので20時には早々に撤収してきました。
確かに気になって確認せずにいられません。少し進歩があったみたいです。
そちらは久々のガイド撮影だったのでしょうか。タブレットで遠隔操作ってなんか格好いいですね。私もWin8タブレットが欲しいです。

投稿: まるひ | 2015年10月 6日 (火) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 卓上観望 | トップページ | 眼視もいいもの »