« ひとすじの光跡 | トップページ | 海の日に山へ2015その2 »

2015年7月20日 (月)

海の日に山へ2015その1

ほぼ恒例となっている休日の撮影地下見ドライブ。今回は2年ぶりの山古志。結構行く機会はあるのですが、まだ行っていなかった金倉山が目的です。

駐車場。割と広いし、見晴らしもいいのですが、南側を見るためには展望台まで歩かなければなりません。

Img_1396_r

37.348882, 138.869478

山道を歩くこと5~10分。比較的楽ですが1人だと心細いので熊鈴鳴らしながら登っていきます。頂上には立派な展望台。これだけの資材を歩いて持ち上げたのでしょうか。

Img_1378_r

上からのパノラマ。南側

Img_1394_stitch

北側

Img_1387_stitch

ここからの星景は素晴らしいでしょうが、昼でも熊と出会いそうで怖いのに夜はとても無理。足下もあまり良くないので星見に命までかけなくてもいいです。

次に向かったのが風口峠。こちらはあまり観光化されていないですが、山古志の写真集見て良さそうなところがあったので探してみたくなりました。こういう鯉の養殖池が至る所にあります。

Img_1399_r

目的の場所はたぶんここです。

Img_1400_r

37.349670, 138.90566

標高は480mくらい。ストリートビューでも見ることができます。峠道中、見晴らしが利くのはここだけです。ガードレールもあるし、ここなら撮影できそうです。ただちょっと道が狭い、すれ違いができません。まあ、夜ここを通る車は皆無だと思いますが。

この先をさらに進んで蓬平に抜ける途中にこんなところが。

Img_1401_r

37.359032, 138.903776

ちょっと登ってみました。

Img_1402_r

松之山の美人林っぽいです。森のコンサート会場というところがありました。そういえば以前新聞で見たような気がします。なかなかアクセスがしんどいところですが、人が集まるのでしょうか。

頂上

Img_1404_r

弥彦山より高いんですね。東京スカイツリーよりも。この先にいっても眺望がなさそうなのでここで引き返しました。でも少し行くとイベント広場というのがあったんですね。頑張って行ってみればよかったです。

ここから蓬平に降りる道はペアピンが続くダートです。とはいえ、割と整備されているので乗りやすいです。しかし風口峠に行くには虫亀から入ったほうがいいですね。

明日以降に続きます。

|

« ひとすじの光跡 | トップページ | 海の日に山へ2015その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

金倉山へ行ってこられたんですね。展望台まで車が入れると撮影には良いのですがねえ、熊が心配ですが。

天空のブナ林、私も地図で見ていました。美人林の様ですが残雪の時期にもアクセスできるのでしょうか。

投稿: けんちゃ | 2015年7月21日 (火) 11時24分

けんちゃさんが行かれたのを見てずっと行ってみたいと思っていました。
夜ひとりであの展望台まで歩くのはちょっと勇気がいります。弥彦山なら熊はいないので平気なのですが、ここはいろんなものが出てきそうで怖いです。私は臆病なのですぐ逃げ込めるくらいのところに車を置いておかないとだめです。
天空のブナ林は正直、ちょっとがっかりポイントです。頂上の視界もよくないし、ブナ林もそんなに広大という訳ではありません。でも松之山のように人に踏み荒らされていない、という点ではいいかもしれません。道の感じだと雪は溶けるに任せて除雪はしないと思います。わかりませんが・・・

投稿: まるひ | 2015年7月21日 (火) 20時00分

上は何人かでも三脚を広げられそうですね。
金倉山へは誘いあって、、というパターンでしょうか?
一度は撮ってみたい場所です。

投稿: 小太郎 | 2015年7月21日 (火) 20時44分

小太郎さん
そうですね。ここはお誘い合わせて行くところでしょうね。確かに結構広いです。10人は大丈夫です。星景写真の集いとかしたら楽しいかもしれません。
一度ぜひ下見に行かれてみてください。

投稿: まるひ | 2015年7月21日 (火) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひとすじの光跡 | トップページ | 海の日に山へ2015その2 »