« パレイドリア効果 | トップページ | 佐渡に没する »

2015年6月 4日 (木)

冬に逆戻り

昨日まで夏のような暑さだったのに、今日は一転涼しいを通り越して肌寒い感じ。夕方、透明度は冬のように抜群。そのかわり雲も冬型の気圧配置のようなちぎれ雲が飛んでいます。

Img_1234

ガイドカメラ用に買ったGHY5LⅡのテストがしたくてちょっと近間まで。このあたりは開けているところはだいたい田んぼのあぜ道か畑の農道です。しかし、今の時期、暗くなっても水の様子を見に来るのか結構車がよく通ります。で、見つけたのがここですが、村はずれの鎮守様の脇といったところで田んぼや畑ではないです。川沿いの堤防の上ですが、舗装路の終点なので車が通ることはまずないはず。ただ、たまに散歩の人が通ります。このときも1人脇を通っていきました。

Img_1240

道が仄明るいのは散歩の人が通ったあと、左の光はそのあたりの田んぼの水を見に来た軽トラだと思います。

さて、ガイドテストですが、まあまあです。

Img_1742

M13を撮りました。200mmで5分、SmartEQ Proでペンシルボーグ(175mm)でガイドしました。ガイドソフトはPHDです。PHD2を試したら星の動きが少ないとのことでキャリブレーション出来ませんでした。画素ピッチとか入力しなければいけないようですが、無視したからでしょうか。少し勉強してみます。評判通り、ペンシルボーグでもどこに向けてもガイド星があります。しかし、さすがにSmartEQ Proは柔いです。カメラのケーブルスイッチを触っただけでグラフが飛んで星がダルマになります。ガイド中はアンタッチャブルです。しかし、さすがに設営、撤収は早い。撤収なんて1分で終わります。思えば1年間SEⅡ使っていません。なんかこれがメインシステムになりつつあります。

|

« パレイドリア効果 | トップページ | 佐渡に没する »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本当に寒い1日でした。
透明度が良くてとても美しい夕景が撮れましたね、こういう写真が撮りたい、でも寒くて体が動きません。

新しいガイドシステムで撮った200mmの画像も針で突いたような星空で素晴らしいです。

投稿: けんちゃ | 2015年6月 4日 (木) 23時57分

GHY5LⅡとペンシルボーグでSmartEQ Proは。いよいよ本格運用ですね。

確かに柔らかそうですが、超軽量コンパクトなのに両軸ガイドというのは魅力です。自動導入も可能でしたっけ。
魅力的なシステムですね。

投稿: tantan | 2015年6月 5日 (金) 08時04分

けんちゃさん
まるで冬のような透明度でしたね。この季節にこれだけクリアな金星は見たことがないかもしれません。
とりあえず試し撮りです。使えることがわかったので一安心。早く無光害地で撮影したいです。

投稿: まるひ | 2015年6月 5日 (金) 21時42分

tantanさん
軽量化もできて持ち出す機材が格段に少なくなりました。週末はバッテリーも持っていこうと思います。そのときはパソコンはネットPC使います。電源が12Vなので電圧コンバータも不要です。
自動導入できるのは大きな強みです。ω星団とか。自動でなければ導入不可能です。最近ポタ赤も高機能化が進んでいますね。でもポタ赤は手軽なのがいいと思います。ナノトラッカーにもオートガイド端子つきましたが、なんか違うような・・・

投稿: まるひ | 2015年6月 5日 (金) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パレイドリア効果 | トップページ | 佐渡に没する »