« 気になるソフト | トップページ | 台風一過・・・ですが »

2015年5月 8日 (金)

惑星二態

7日は水星東方最大離角を迎え、観望好機です。望遠鏡を向けてみましたが暗すぎ、小さすぎ。とても写真に撮れません。透明度が良ければなんとかなったのかもしれませんが、肉眼でやっと場所が確認できる程度。写真は諦めました。代わりに金星にカメラを向けてみました。

22

まだ半月以上ですので撮影好機ではありません。7月頃には三日月型になります。しかし明るいです。ISO200でも余裕です。動画で撮り、REGISTAX処理しました。色収差がすごいのは光学系のせいだけでなく低空なのも影響しているのだと思います。模様は見えませんね。

木星も撮ってみました。

11

シーイングは最悪でもなかったようで、一応模様は写ってくれました。大赤斑がこっちを向いています。私にしてはラッキーでした。エウロパが左にわずかに写っています。その影が木星に落ちています。こういうのが撮れたの初めてかもしれません。

89EDにK9mmで拡大撮影して撮りました。めんどくさがって架台はSmartEQ Proです。手軽に持ち出せるのはいいですが、非常に弱い。ちょっと指で触っただけでも視野から大きく外れてしまいます。当たり前ですが、こういう用途には向きません。今度はちゃんとSEⅡ使います。惑星撮るとつくづく欲しいものがいくつか出てきます。頑丈な赤道儀(ドームに据え置きならばなお可)、大口径長焦点の望遠鏡、質のいい接眼レンズ、ピント合わせの電動もしくはフェザータッチフォーカサー・・・などなど。どれも今の手持ちの軍資金では買えません。歳取って遠征がきつくなったら機材を入れ替えようか、などとも考え始めています。

|

« 気になるソフト | トップページ | 台風一過・・・ですが »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

良く写っていますね。木星の模様は口径の限界まで出ているのではないでしょうか?
水星は天文館のお手伝いをしていた頃30センチで観たきりです。惑星は本気で始めたら機材にお金がかかりそうですね。

投稿: tantan | 2015年5月10日 (日) 06時01分

tantanさん
今日は薄雲がちでしたが水星を撮ろうと挑戦してみました。
しかし1枚も撮れずにタイムリミット。
望遠鏡に導入はできたのですが、SEⅡの調子が悪く、頻繁にリセットがかかってしまいます。それに暗すぎ。ライブビューでは映ってくれませんし、動画撮影するにも感度が低くすぎます。静止画を何枚も撮ってコンポジットするしかないようです。今週いっぱいは頑張ればもう一度くらいチャレンジできそうですが台風が接近していますしだめでしょうね。西の水星は春前後が好機ですので1年後までお預けです。

投稿: まるひ | 2015年5月11日 (月) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気になるソフト | トップページ | 台風一過・・・ですが »