« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月30日 (土)

軽量化計画

こんなものが届きました。

Img_1220_r

QHY5LⅡ、ガイド用モノクロカメラです。国内代理店から買おうと思ったのですが、少しでも安い方がいいと、オークションで購入しました。保証を考えると正規販売店のほうが安心とはわかっていますが、リスクを承知でポチしてしまいました。

色の指定はできない、とのこと。国内代理店はシルバーのみらしいですが、色付きが欲しかったのでちょうどいいです。

Img_1221_r

結果は青でした。

ペンシルボーグが余っているのでそれに取り付けてみました。

Img_1222_r

今までのガイド鏡と並べてみました。違いは一目瞭然。重さも5分の1くらいです。このあとテストしてみました。PHD Guiding 1.14.2でカメラも選択でき、マウントもon cameraを選ぶとちゃんと動作します。とりあえず初期不良ではないので一安心。

SmartEQ Proに載せるとこうなります。

Img_1224_r

ガイド鏡も小型軽量になったし、USBのリレーボックスも不要になったので非常にシンプル。赤道儀は電池内蔵で動くし、ノートパソコンもある程度バッテリーで動作します。2~3時間なら外部電源不要です。平日用ちょい撮りシステムと名付けたいと思います。ペンシルボーグはカメラネジ止めしてありますが、取り外しが不便。このあたりは何とか工夫したいです。また1点止めというものやや不安なのでなんとか2点止めにしたいところ。でも重さは100gにも満たないので普通ならまず動きません。面倒ならこのままでいくかもしれません。
満月期なので撮影は再来週でしょうか。でも晴れれば来週にでもテスト撮影してみたいです。

| | コメント (2)

2015年5月28日 (木)

ステラショット発表

ステラショットがアストロアーツのHPで正式に発表されました。

Stellashot2

だいたい機能はこの間の情報の通りみたいです。6月19日発売予定。

気になる価格は39,744円(税込み)。

買いません。

高いです。2万円くらいと予想していましたが、その倍とは思いませんでした。あれば撮影が楽にはなりますが、なければ困るというものでもありません。直焦点メインのハイアマチュア向けですね。私はよほどお金が余って使い途に困ったときか、大幅値下げでもしなければまず買わないと思います。このお金があったらレンズの1本でも買います。とはいえステラナビやステライメージユーザーに半額特典サービスでもしてくれることをちょっと期待しています。関係者のかた、もしご覧になったらよろしくお願いしまーす。

| | コメント (11)

2015年5月27日 (水)

北に接近

ラブジョイ彗星が28日に北極星に最接近します。天気もわからないし、2日前倒しで26日深夜に撮影してみました。

201505261

mini Borg 60ED+0.85レデューサー+EOS 60D、ISO3200、1分×18枚コンポジット、SmartEQ Proノータッチガイド、27日0時頃

新潟市西区の四ツ郷屋浜で撮りました。半月がありましたが、ほぼ地平に近かったのであまり影響なかったと思います。海は結構もやが出ていました。双眼鏡でも見てみましたが、確認できません。撮影したのを見て位置を確認してもどうしてもそこにあるように見えません。ちょっと目が悪くなったのでしょうか。

これだけ北極に近ければガイドしなくてもいいかと思ったのですが、考えてみると撮像素子上の見かけの回転半径が同じならば広角だろうと望遠だろうと同じ角度流れるんですよね。星景でも1分は割と流れるのでやっぱりしなければと思いました。

さすがに小さくなりました。まあ、記念撮影です。またそろそろ次の彗星が出てくれませんかね。

| | コメント (0)

2015年5月26日 (火)

大気光か?2015

先日の魚沼市での星景写真の元画像を見ていたらどうも大気光らしいものが写っています。

201505227

小太郎さんやぱんださんの記事で教えていただいたのですが、私の写真にも写っているとは思いませんでした。天の川の東側に緑の光が見えますね。たぶん間違いないと思います。時間は23日0時半頃です。22日の22時頃の写真には写っていませんでした。ガイドしたものをコンポジットするとほとんどわからなくなります。日周運動で移動しないので固定のほうがよく写ります。謎なのがアンタレス付近にある流星のような放射状の光。このときの撮影ですべてのコマに写っています。カメラのゴミか傷のような気もしますが、ガイドすると横に走っている方は比較的くっきり写っているのに、縦に走っている方は淡くなっているので静止しているようです。ゴーストかもしれません。似たようなものはいて座の左上にも見えます。よくわからないのでうかつに断定できませんが、これも大気光に関係ある現象なのでしょうか。

タイトルに2015が付いていますが、同じような記事を過去にも書きました
http://hoshimi.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-1929.html

珍しくない現象らしいですが、そんなにお目にかかったこともありません。ラッキーな1枚でした。

| | コメント (10)

2015年5月25日 (月)

越後三山天の川

普通に見れば光害地での変哲のない星景写真。でも私に撮ってはこの光景、特別な思いがあります。

201505226

私は高校時代をここで過ごしました。家はちょうど真ん中あたりの住宅地の一角です。天の川の下にあるのが越後三山。右から八海山、中ノ岳、越後駒ヶ岳。私の部屋からこれらの山々がよく見えました。朝起きて見えるか確認するのが日課でした。あの上に天の川が立つのはわかっていましたが、当時一度も見た記憶がありません。ましてや写真もありません。今考えるとなぜだかとても不思議です。そんなわけでその光景を一度見て、写真に撮りたいとずっと思ってきました。それがやっと40年目にして叶いました。撮っている間18歳の自分に戻って故郷の原風景をずっと眺めていました。

| | コメント (5)

2015年5月24日 (日)

こころの舞台

先日の八海山麓での撮影のとき、どこにしようかとさまよっていたのですが、適当に農道から外れたあぜ道に入ってみました。ちょうど川に橋が架かっていて足場も良さそうですしロケーションもいいのでそこに決めました。ふと脇を見るとなにやら観光地に良くある説明の看板があります。

201505224

なんの変哲もない川と橋です。しかしよく見ると

201505225

おお、NKHの朝ドラ「こころ」の撮影地です。そういえばそんなシーン何となく記憶にあります。ここだったんですね。

これがその橋

201505223

震災前の山古志が舞台でした。六日町でのロケも行われていたので興味深く観ていました。ゆかりの地で星景撮れてうれしいです。結構ミーハーです。

| | コメント (0)

2015年5月23日 (土)

八海山に横たう天の川

22日は全県的に晴れました。週末ですし、久しぶりに望遠を使いアンタレス付近でもと思ったのですが、夕方から急に気が変わりいつかは撮ってみたいと思っていながらずっとチャンスがなかった、南魚沼で八海山に登る天の川を狙おうと出かけました。

18時半に出発。節約のためオール下道です。21時頃着きました。あらかじめグーグルマップで下見していましたが以前にも2~3回来たことがあります。八海山が眼前に広がる素晴らしいところです。昼間はそうですが、夜は結構灯りが多い。星景的にはちょっとなのですが、なんとか撮影場所を探しました。こんな山間の田んぼ道と思っていましたが、結構車の通りがあります。道がいいのでバイパス代わりに使っているみたいです。とはいえ20~30分に1台くらいなのですが。アルタイルが昇らないのでしばらく時間つぶしです。昇った頃月も沈みちょうどいい位置に天の川が横たわりました。

201505222

マスク合成しました。街灯が結構上に向かって光を放っているのでちょっと興ざめでしたが、逆に八海山をライトアップしている感じにもなりました。強すぎるので少しレタッチしました。私のイメージからして80点です。もうちょっと構図を下にしたかったですがベガがはずれますし、街灯が入ってしまいます。でもいいですね。ようやく念願叶ったという感じです。

さそりから大三角形まで

201505221

こんなところです。割と明るいでしょう。もう最近はどこに行っても街灯があって、ないところ探すのが難しいです。この後八海山スキー場のほうに行ってみたのですが、その道中もすべて街灯があります。スキー場はゲートが閉まっていて入れませんでした。

この近くだと五日町スキー場も良さそうです。魚沼スカイラインの栃窪峠あたりもいいと言われています。これらも行ってみたいですが、それはまた次の機会に。

| | コメント (6)

2015年5月21日 (木)

絶景がブーム

この間本屋さんに立ち寄って写真集コーナーを見たところ、絶景・・・というタイトルの本が多いこと。カメラ雑誌も絶景特集でしたし、まさに絶景ブームといった感じです。私はへそ曲がりなので人が認定した絶景というものに興味がありません。そういうところはまず人が多いです。そんな大多数の1人に混じって同じような写真を撮りたくありません。で、人が集まればルールを守らない人も一定数現れますので、そこに集まる人がみんな同じ目で見られてしまいます。そんな風に思われるのもイヤです。ですので私は誰もまだ目を付けていない絶景を探すのが好きです。至高の風景を独り占めするという気分は最高です。

この風景だって絶景といっていいと思います。

Img_1639

まだメジャーポイントでないので私以外誰もいませんが、もしかしたらそのうち絶景ポイントにされるかもしれません。まあ、そうなったら新たな絶景を探すのも楽しいものです。

| | コメント (8)

2015年5月20日 (水)

でかい!さそり

昨日(正確には0時を回っていたので今日)の深夜、寝る前に外を見てみたらよく晴れています。透明度もいい。玄関前から昇るさそり座が見えます。

Img_1212

しかし普段の撮影地で見るさそりよりでかく見えます。イメージ的には奥の家の屋根くらいの感じです。でも街中から見ると見上げるような大きさです。不思議ですね。これも地平線の夕日や月が大きく見えるのと同じ原理なのでしょうか。あの謎って本当はあまり解明されていないそうですね。それだけを書いた本もあります。地平線に近いと比較対象物があるので大きく見えるというのが一般的です。私はもっと複雑な人間の心理みたいなものがあると思っています。子供に地平線の月は手を伸ばして持った五円玉の穴にすっぽり入ると教えたら信じなかったのですが、実際にやらせてみたら驚いていました。

なんだか天気がいいような悪いような日が続いています。弥彦山は全体がもやに覆われているようで見えないのですが、雲がないところはわりと透明度がいいです。ボツにしよういと思いましたが、職場の窓から撮った月齢2の月もアップしときます。

Img_1641

| | コメント (2)

2015年5月18日 (月)

ゴミか宝か

先週末、一念発起し職場内の雑多なものを処分しようと思い立ちました。手始めにケーブル類を集めてみました。

Img_1206

出るわ出るわ、全部集めたらこんなになりました。総重量20~30kgくらいありそうです。ケーブルだけでこれだけというのはどんなにすごい量かおわかりいただけるでしょう。

電源ケーブルが多い。たくさんあってもしょうがないので半分以上は処分しました。ACアダプター。プラグとか天体機材の工作で思いもかけず役立つ事があるので全部捨てるのは惜しい。ダブっているのだけ捨てて他は取っておくことにします。USBケーブル、LANケーブル、シリアルケーブル、プリンタケーブル・・・これらもたまに機材に必要になるので全部は捨てられません。邪魔なのがSCSIケーブル。太い上に種類がたくさんあって、全部捨てたいところですが、たまーに古いSCSI機器をつなげなければならないことがあるのですべての種類のものを1本ずつ取っておいて残りは捨てました。マウスやキーボードは使えるものが多いのですがきれいなものだけ1~2個残して処分。ADB仕様のApple Keyboardも2個出てきました。一時人気のあったもので捨てるには惜しいので取っておきます。

2/3くらい処分しました。だいぶすっきりしました。他にもパソコンとかプリンタとかモニターとかたくさんありますが、上司の管轄なので勝手に捨てられません。上司もモノを捨てられない人間なのでたまる一方です。ほとんどはゴミですが、欲しい人にはお宝が含まれているのかもしれないですね。

| | コメント (2)

2015年5月15日 (金)

街中の幽谷

今日行ったお客さまの近くにこんなところがあったので行ってみました。

Img_1182

Img_1186

Img_1187

まるで深山幽谷ですが、れっきとした新潟市内のど真ん中、東区のじゅんさい池です。

久しぶりに来ました、20年ぶりくらいかもしれません。前はホタルを見にきました。新潟市内では珍しくホタルが飛び交う池です。そのころでもホタルシーズンは混雑していましたので、今はさらに混み合うのでしょうね。

歩く人はごくわずか、本当にここが海の近くで飛行場の脇だとは想像できません。あんまりきれいにしすぎないでちょっと荒れた感じもいいものです。ちょっと気に入ってしまいました。また季節の折々に来てみたいです。

| | コメント (2)

2015年5月13日 (水)

台風一過・・・ですが

台風一過といえば澄み渡る青空ですが、今日は様子が違います。久しぶりに遠征しようかと期待していましたが、晴れてはいますが黄砂のような空。それに朝はさほどではなかった風が午後から急に強くなりました。吹き返しっていうんでしょうか。でもせっかく晴れているのでなにか撮りたいとこの時期しか見れない田んぼの水鏡に写る夕日を撮りに行きました。

しかし風がものすごい。田んぼ道なのに海沿いのような波しぶき。なにかと思えば用水路の水があふれて風で飛んでいます。絶好のロケーションを見つけましたが風が強すぎて三脚立てるなんてとても無理。車から外にでるのも怖いくらいです。仕方が無いので少しだけ窓を開けて車内から撮りました。

Img_1631

この場所は初めて見つけましたが人工物がほとんど写らない素晴らしいところです。植えたばかりの稲の苗が風でざわめいています。

200mmの望遠

Img_1635

内陸からでも佐渡に沈む夕日が撮れます。どうせならもう少し透明度が悪いほうが夕日と風景がきれいに撮れたかも。透明度はやや良くなったので水星も撮れたかもしれません。しかし望遠鏡をセッティングするなんてとてもとても無理です。せめて明日までは天気が持って欲しい。

話は変わって、最近県内外の天文ブログが寂しい感じです。天気が悪いので更新しようにもできないのかもしれませんが、もしかしたらみんなフェイスブックのほうに移っちゃったんでしょうか。フェイスブックにはいればまた違った世界が広がるのかもしれませんが、私はどうもなじめそうにありません。もう少しブログで頑張ります。

| | コメント (6)

2015年5月 8日 (金)

惑星二態

7日は水星東方最大離角を迎え、観望好機です。望遠鏡を向けてみましたが暗すぎ、小さすぎ。とても写真に撮れません。透明度が良ければなんとかなったのかもしれませんが、肉眼でやっと場所が確認できる程度。写真は諦めました。代わりに金星にカメラを向けてみました。

22

まだ半月以上ですので撮影好機ではありません。7月頃には三日月型になります。しかし明るいです。ISO200でも余裕です。動画で撮り、REGISTAX処理しました。色収差がすごいのは光学系のせいだけでなく低空なのも影響しているのだと思います。模様は見えませんね。

木星も撮ってみました。

11

シーイングは最悪でもなかったようで、一応模様は写ってくれました。大赤斑がこっちを向いています。私にしてはラッキーでした。エウロパが左にわずかに写っています。その影が木星に落ちています。こういうのが撮れたの初めてかもしれません。

89EDにK9mmで拡大撮影して撮りました。めんどくさがって架台はSmartEQ Proです。手軽に持ち出せるのはいいですが、非常に弱い。ちょっと指で触っただけでも視野から大きく外れてしまいます。当たり前ですが、こういう用途には向きません。今度はちゃんとSEⅡ使います。惑星撮るとつくづく欲しいものがいくつか出てきます。頑丈な赤道儀(ドームに据え置きならばなお可)、大口径長焦点の望遠鏡、質のいい接眼レンズ、ピント合わせの電動もしくはフェザータッチフォーカサー・・・などなど。どれも今の手持ちの軍資金では買えません。歳取って遠征がきつくなったら機材を入れ替えようか、などとも考え始めています。

| | コメント (2)

2015年5月 7日 (木)

気になるソフト

なにやらアストロアーツより新しい天文ソフトが出るようです。

http://www.stellashot.com/

Stellashot

ステラショット

望遠鏡コントロールとカメラコントロールを統合したソフトで、天体写真撮影を支援してくれるようです。詳しい仕様とか値段はまだわかりません。う~ん、欲しいかも。しかしすべてソフト任せにして人間の工夫が入る余地がなくなるというのも味気ないような気もします。とはいえ、出たら買うと思います。値段次第ですが。

| | コメント (2)

2015年5月 4日 (月)

二王子星景ロケハン

GWは山菜(アケビの芽)を摘みに新発田方面に行くのが恒例です。新潟県内でもアケビの芽を食するのは魚沼地方だけのようで、この辺は見かけてもほとんど採られたあとはありません。道ばたで摘み放題です。家族全員の一食分くらい採ることができました。そのあとで二王子岳星景を撮れるベストなスポットあるということでそこに行ってきました。

Img_20150504_125630

Satoさんが発見したところです。行ってみて実感、素晴らしい!小高い丘から二王子岳が眼前に広がっています。場所はここ
37.945862,139.411301

墓地の隣ですが、墓地は通らずとも上れる道があります。車でも上がれそうですが、Satoさんの話では止めたほうがいいとのこと。裏から上れる道もありますが、さらに狭いので歩きのほうがいいようです。こういうとき昔乗ってた軽ワゴンは便利だったなあと思います。ぜひ天の川の季節に行ってみたい。

ほかにもいろいろ探してみました。見渡せるところはたくさんありますが、人家の灯りが入りそうで夜に来てみないとわかりません。こんなものも目立ちました。

Img_20150504_123844

恐ろしいことが書いてあります。山菜採りの人間用なのか動物用なのか考えながら走っていたら猿を見かけました。猿用なんでしょうね。たぶん・・・

5月5日追加
------------------------------------------------------------------------

Satoさんがコメントされていました、もう一つのお勧めと思われる場所です。

Img_20150504_123827

37.950813,139.414459

逆さ二王子岳が写りよさげです。天の川も写りそうです。しかし稲が伸びるまでの短い期間ですのでチャンスが限られそうですね。

| | コメント (4)

2015年5月 3日 (日)

ご要望にお答えしました

今から39年前、私のようなものでも天ガに写真を拾ってもらえる時代がありました。これがその時のことを書いた記事です。
http://hoshimi.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/m51m101_9c40.html

評には星名をいれたほうがいい、といわれましたが、当時の私の技術でそんなことできる訳がありません。しかし現代では簡単にPhotoshopで描くことができます。39年目にしてご要望にお応えしてみました。

201504252

写真は先日ω星団を撮ったとき、ついでに撮ったものです。大体当時の写真と画角と構図を同じにしてみました。案内線と文字の記入はPhotoshopでちょいちょいとあっという間。あの頃だと写真用修正ペンとかレタリング使うことになるんでしょうかね。とても職人技すぎてできません。こんなところでもいい時代になったものだと実感します。

| | コメント (0)

2015年5月 1日 (金)

すばると水星

今日は水星とすばるが最も近づいた日でした。うまい具合に日没後に雲がなくなりました。しかし透明度が悪いです。肉眼では水星を見つけるのが精一杯。しかしなんとか写真に撮ることができました。

2015050111

コ・ボーグ36EDで撮りました。約200mm、若干トリミングしています。ファインダー越しにはこんなイメージだったでしょうか。まあ、記念撮影です。透明度が良ければもう少し沈んだころに風景を入れられたんでしょう。メローペの周りの星雲が写れば凄いですが、さすがに無理でしょう。

GWに入りましたが、満月ですし取り立てて星景も撮る対象がないですからゆっくりします。新月期になったら春物の銀河でも撮りたいです。

| | コメント (2)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »