« 2年越しの処理 | トップページ | 寒さをついて »

2015年1月 8日 (木)

発掘調査

まだ世間的には正月気分なのか、ヒマです。ヒマなので職場内を探訪してみました。そうしたらこんなものが発掘されました。

Oldpc

オールドPCの数々・・・わかりますか?

  • EPSON HC-40、ノートパソコン以前のハンドヘルドコンピュータと言われていた物です。ハードウェアが公開されており、これでずいぶん計測器とか作りました。今こういうコンセプトのマシンがないのが寂しいです。
  • Old Macはたくさんあります。これは一部。他にもたくさんありましたがみんな処分しました。これもそのうち捨てられる運命だと思います。
  • なんと!Apple //eが出てきました。しかしテンキー付き。Apple純正にはこういうのなかったと思うのですが。当時たくさんあったコンパチ機の一つなのかもしれません。しかしAppleロゴはちゃんとあるし、裏面にもAppleのラベルが貼ってあります。Apple製品は知り尽くしているはずですがちょっと謎。
  • PC-9801シリーズもいくつか。たまーに当時のデータを変換してくれ、という依頼があるのでなかなか捨てられません。5インチ、3.5インチどちらも読めるマシンが残っています。さすがに8インチのドライブはありません。
  • EPSONのPC-98コンパチ機も何台か。PC-286Lはラップトップと呼ばれていたものでノートパソコンの先駆けのようなものです。PC-286LSはラップトップと言うにはでかすぎ。とても膝には載せられません。持って歩けるデスクトップでしょう。でもこのマシンは南極に行って帰ってきたものです。こんな重いの持ってよく行けましたね。

他にも年代物のプリンタとかたくさんあります。捨てちゃえばいいのですが、私の管轄でないのでなかなか処分もできません。骨董的価値もないのでオークションでも売れないですよね。唯一価値のありそうなのはApple //eでしょう。FDDドライブもあります。以前出品したことがありましたが、結構いい値が付きました。マニュアルですら5千円くらいでしたから。ファンはいるものです。そのうち処分の機会があったらもらおうかと思います。

なかなかお天気が芳しくないので活動鈍りますね。去年おととしと1月に1日だけ晴れ間があったのですが、今年はどうでしょう。来週の新月期に入る頃、やや晴れる予報ですが期待しましょう。

|

« 2年越しの処理 | トップページ | 寒さをついて »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

確かに懐かしいPCがたくさんありますね。
自分は当初Macでしたが、お客さんのほとんどがWinだったのでそれを売ってそのお金で詳しい人に組んでもらいました。以来、ずっとWinです。
ただ一時、WinにMacを入れて遊んだ事がありましたが使い機会がなかったですね。

晴れませんね。撮れなくてもラブジョイ見たいです。

投稿: 小太郎 | 2015年1月 9日 (金) 00時32分

私のPCは、無線のパケット通信が流行った頃でPC9801VFでした。
結局FDD付けるから、PC9801VMを買うんだったと後悔しました。
すると直ぐにPC9801VXのHDD付きも出たりして翻弄されていました。

EPSONのラップトップは、結構発熱が有って長時間は膝にも載せて入られませんでしたね。
今は、逆にMACBOOKで良いから欲しいのですが、MACAirじゃぁ高いしと眺めているだけです。(笑)

投稿: 電球 | 2015年1月 9日 (金) 12時09分

小太郎さん
クリエイティブなお仕事のかたはたいていMacでしたよね。
私もMacには100万円以上お布施しました。そのお金を天文機材にかけていたらなあ、と思うことがあります。
WinでMacを動かすのってFusion使ったのでしょうか。もう一つあったような気もします。昔ながらのMacのソフト使って見たいので今度入れてみようと思います。

投稿: まるひ | 2015年1月 9日 (金) 21時08分

電球さん
おお、当時のPC事情にお詳しそうですね。VFはフロッピーが2DDだったのであんまり売れませんでした。VMはすごく売れました。HDDもあのころは10MBとか20MBでしたね。今なんて画像1枚でも入らない容量です。
VXで今のステラナビゲータの前身である超高速天文シミュレーションを動かしたときは速さに感動しました。マシン持っていないのにソフトだけ持っていました。
確かにEPSONのラップトップは熱くなりましたね。でもこれもたくさん売れました。動かすソフトは大体一太郎。
私もMac欲しいです。ノートは画面が小さいのでiMacかMac miniがいいです。でも結局Windows入れてデュアルブートになりそうです。

投稿: まるひ | 2015年1月 9日 (金) 21時23分

亀レスです。
宝の山の写真。購入当時の合計金額は1000万円以上ですか?
私の16ビットPC人生はVM2+一太郎から始まりました。やはりPCには100万以上はつぎ込んでいます。そうそう8ビット機であるBASIC MASTER LEVELⅢに50万近くつぎ込みましたね~~。エプソンのラップトップは会社で使っていました。電池の発熱&発火事故でリコール掛かりましたよね。使おうと思ったら無い!「何処もっていったん?」「リコールだってさ。」「やっぱり?」てな具合。 個人的にはPC98VMが最初で最後の98シリーズでした。その後Windows95が出るまでPCの更新は行わずWindows95からPC-ATマシーンになり、牛さんにも大枚を貢ぎました。今はWindowsXP時代に買ったクアッドコア機をWin7x64にして使ってますが今のところ速度その他で不自由はしていないので「オレのPC人生もここまでか?ま、いいか!」と思っています。

投稿: 先 | 2015年1月13日 (火) 23時56分

先さん
確かに1000万円以上にはなるかもしれません。MacⅡcxとかそれだけで100万円くらいだったかも。私のPC人生は最初にPC-8001から始まりFM-7とかMSXとかになったりしました。16ビットはビジネス色強くて買わなかったなあ。Macintosh SE/30を買ったのが運の尽き。カラーモニターやらプリンタやら買い込みました。何もかもが高かったですね。よく嫁さんが出て行かなかったものです。DOS/Vも20年間くらい作り続けてきました。完全に入れ替えたことはなくてウナギのたれみたいにちょっとずつパーツ替えては今に至っています。もう性能的には不満ないので数年グレードアップしていません。私のPC人生も先が見えてきました。

投稿: まるひ | 2015年1月14日 (水) 19時10分

まるひさん、このIIeは純正ですね。10キーも付いています。私のIIとIIeはコンパチ機で亀田の実家にあります。動かないだろうなぁ。その他IIci、SE30、Qudra700などなど骨董品が亀田にあります。今はMacBookPro RetinaでWindowsをしています。撮影用はMacBookProでWindowsにしてあります。キーボードが光るのが撮影には便利です。でもディスプレイ背面のアップルマークが明るすぎるのでテープを張って光らないようにしています。(^^)なぜかWindowsでもメニューバーは上にあります。

投稿: 天狼星 | 2015年1月16日 (金) 22時57分

天狼星さん
//eはテンキーあったんでしたっけ。基板も覗いてみましたが、確かにApple純正らしいのでコンパチ機ではなさそうですね。
写真にある以外でもいろんなMacがありました。たいていお客さんから引き取ったものでほとんどは処分してしまいました。全部残しておいたら博物館ができそうなくらいでした。
天狼星さんも私に負けないくらいのマカーなのですね。しばらくMacユーザーから遠ざかっていますが、最近欲しくなりました。MacBookを星用に使うかたも多いようですね。私は暗闇で落っことしたりするのが怖いので持っていても使わないかなあ。中古のWindows機が撮影用です。

投稿: まるひ | 2015年1月17日 (土) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2年越しの処理 | トップページ | 寒さをついて »