« 雪迎え | トップページ | 北へ出張 »

2014年12月 4日 (木)

真似てみました

2015年の天文年鑑が発売されました。アストロアーツの星空年鑑もでました。どちらの表紙にも見覚えのある月食の写真。思った通り沼澤さんの写真でした。今までにない月食の写真なのですぐにわかります。ブルーバンドをきれいに見せるのが今後の流行になるでしょうね。

私も真似てみました。

201410080

結構近づけたと思います。暗い空で透明度が良くないとなかなかこのグラデーションは出ないと思います。今回は運がよかったです。来年は春なのでこんなにきれいに出ないかもしれません。

講演会のとき質問コーナーでどうやってあの写真撮ったのか、質問しちゃいました。わかりやすく教えていただきました。要はHDRですね。HDRという言葉は使いませんでしたが。何枚の写真使ったのかと尋ねたらたった2~3枚だそうです。ちょっとこれは意外。もっと何枚も使うのかと思いました。ならば私も露光変えて何枚か撮っていたので出来るはず、と処理したのがこれです。イメージ通りになりました。

とうとう冬になっちゃいました。しばらく星空は拝めそうにありません。このブログもネタなしが続くかもしれません。なにか書かないと・・・

|

« 雪迎え | トップページ | 北へ出張 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

ああー、美しいですぅー。
もう、他に言葉は入らない。

投稿: けんちゃ | 2014年12月 5日 (金) 01時02分

HDRですか、、少しだけ無料版を使った事がありました。SNSではかなりのHDRコミュニティーがありますよね。流行りかな?
使い方によっては面白い表現方法だと思います。

冬ですね。晴れませんね。
まぁ怪我の回復がまだなので焦りはないのですが、新月期は晴れて欲しいと思っています。

投稿: 小太郎 | 2014年12月 5日 (金) 12時27分

けんちゃさん
ありがとうございます。
きれいですよね。こういう表現方法があるとは思いませんでした。
真似ですが、真似るのも大事ですよね。

投稿: まるひ | 2014年12月 5日 (金) 23時38分

小太郎さん
HDR、流行ですね。HDRという言葉を知らないときステライメージの加算コンポジットを使って同じようなことをしていました。あれもある意味HDRです。最近はHDRをアーティスティックに使うのが流行で本来の目的と外れている気もするのですが。
とうとう雪が降っちゃいましたね。今年の冬は積もりそうな予感がします。少しでも晴れれば早出の撮影地でオリオン撮りたいです。

投稿: まるひ | 2014年12月 5日 (金) 23時44分

はじめまして。
eclと申します。
けんちゃ様のブログから、ときどきお邪魔させていただいていました。

沼澤先生の講演会で質問された方だったとは知りませんでした。
けんちゃ様を通して、今後お会いすることもあるかと思いますが、そのときは宜しくお願いします。
月食の写真、凄く神秘的に仕上がってますね。
私も試してみましたが、1枚画像では、どう頑張っても綺麗なブルーは出ませんが、HDR合成すいと浮かび上がります。
なぜなのでしょう?

投稿: ecl | 2014年12月 6日 (土) 23時59分

eclさん
こんばんは
けんちゃさんのブログでお名前は存じておりました。コメントいただき、ありがとうございます。
講演会にいかれていたんですね。質問するの見られていましたか。お恥ずかしいです。今までに見たことのない月食写真にどうしても方法を知りたくて質問してしまいました。
参考になったのは2枚の画像でいい、との答えでした。今までもっと何枚も必要なのかと思っていました。そうしたらなんとか真似することができました。たぶん露光がアンダーな部分に青成分が潜んでいるのだと思います。HDRすると階調が飛んでしまったようになってしまうので、そこで諦めていたのですが再度やってみたらイメージ通りの作品になりました。沼澤さんのヒントがなければたぶんできなかったと思います。
けんちゃさんたちとよく撮影に行かれるようですね。いつかお会いすることもあると思います。その時を楽しみにしています。

投稿: まるひ | 2014年12月 7日 (日) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪迎え | トップページ | 北へ出張 »