« 一夜明けたら | トップページ | 補正してみました »

2014年12月 8日 (月)

フォトショップ雲

フォトショップ雲(Cumulus Photoshopppus)という言葉があるそうです。雲の写真をことさら画像処理で強調してドラマチックに見せたものらしいです。

こんな感じ?

Img_0683_1

元画像はこんなものです。

Img_0683

実は私もちょくちょくやります。学術的意味があるのならいけないことなのでしょうが、私の場合観賞用ですのでまあいいかなと。珍しい雲の写真集を図書館で借りて見ているのですが、フォトショップ雲否定していました。でもある程度画像処理しないと見栄えしないですよね。どこまでならいいのでしょう。この話題になると天体写真のねつ造問題にまで及びそうなので適当に聞き流してください。

|

« 一夜明けたら | トップページ | 補正してみました »

一般写真」カテゴリの記事

コメント

こういうドラマチックな雲はよいですね。私も雲をムキムキに処理するの好きです。学術的な物で無ければフォトショプ雲は良いと思います。でも、元画像の雲も綺麗だと思いますよ。

雲の画像処理は、何となく星雲に通じる物があるような気がして、老後は「雲」かなとか思っています。

投稿: tantan | 2014年12月 9日 (火) 08時43分

私もやります。観賞用にはいいですよね! 見た目に近くなってくる様に思います。写真に撮ると意外とコントラストが低く写ってガッカリします。見ている時は頭の中でコントラストを上げているのかもね。

投稿: けんちゃ | 2014年12月 9日 (火) 09時39分

tantanさん
そういえば星雲も雲ですから、フォトショップ雲の最たるものですよね。この写真集の著者が見たらなんというでしょう。
雲の撮影も面白いと思いました。常に空を見上げる観察力と運がものをいいますね。老後と言わず、これからは空を注意深く眺めたいと思います。

投稿: まるひ | 2014年12月 9日 (火) 22時39分

けんちゃさん
確かに見た感じはこうでした。写真にすると感動が薄れますが、画像処理で見たときのイメージに近づけることができます。まあ、観賞用ですからガンガンぶ画像処理してもいいと思います。せっかくならみんなにすげーと思われるような雲の写真にしたいですね。

投稿: まるひ | 2014年12月 9日 (火) 22時42分

皆さんがおっしゃるように学術目的(賞品や賞金が出る物も含め)以外ではありだと思います。カメラ自体に補正や強調機能が付いた物もたくさんありますし、フォトショ雲を否定したら巷に溢れている画像のかなりはいわゆる「ねつ造」になってしまいます。
自分の中ではある種の「表現方法」だと思ってますので、それを否定したくはないです。

投稿: 小太郎 | 2014年12月10日 (水) 00時14分

小太郎さん
鑑賞写真は作品ですからね、なにやっても私はいいと思います。それが物議をかもさなければ。
私は説明もしませんが、ブログに載せる写真で鉄塔とか、電柱消しているもの、多いですよ。こないだの雪景色は電柱消しています。
誰かに迷惑かけるなら別ですが、そんなこともないでしょう。

投稿: まるひ | 2014年12月10日 (水) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一夜明けたら | トップページ | 補正してみました »