« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月31日 (水)

今年のお気に入り2014

2014年も今日でおしまい。前半はあまり天気に恵まれませんでしたが、後半はそれなりに晴れる日が多く、まあまあ満足のいく1年でした。

恒例の自分の中でのベストショットですが、今年はまずこれを挙げたいと思います。

10月8日の皆既月食

20141008

月食はそんなに珍しい現象でもないと思っていましたが、考えてみるとまともに皆既を見たのは30~40年ぶりだったかもしれません。ましてや望遠鏡使ったカラー撮影は生涯で初めてでした。わざわざ遠征までして気合いを入れて撮ったものなので満足感が大きいです。これはボーグに投稿しましたが、中川さんから過分なコメントをいただき、それもいい記念になりました。

とはいえ、月食写真はみんなが撮ったので個性がないといってしまえばそれまでなのでナンバー2にはこれを選びました。

201404231

どっちかといえば風景写真に近いですが、非常に幻想的に撮れたのでお気に入りです。実は撮影時間など結構計算しています。ただ、もやが多かったのは予想外でしたので来年はもう一度このモチーフでベストなものを撮ってみたいです。

正統派の天体写真としてはこれもはずせません。

201408025

暗い空で無理をしない拡大率で撮ったのが功を奏したのだと思います。自分では何十枚と撮ってきたM31ですが、最も気に入っています。来年はこの135mmの画角を使っていろんな領域を撮ってみたいと思っています。

今年はいろんな人との出会いもあり、とても楽しい1年でした。一人で撮ることの多い天体写真ですが、皆さんとの交流も大切にしていきたいと思っています。本年はいろいろとお世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2014年12月28日 (日)

急遽遠征

天気図を見ると27日の夜は高気圧が日本の上にくるもよう。予報は芳しくはないのですが、こういうときは単純に天気図のほうを信じることにしています。この先は冬型も強まるし、満月期になるし、ダメ元と遠征に出かけることにしました。月が沈むのが22時30分なのでゆっくり出ることにします。夕方はやや晴れ間がありましたが出かける20時頃は上空一面の雲。でも東の方ほど晴れているようなのでそれに期待を賭けて出発しました。22時にいつもの早出に到着。雲一つない快晴です。信じれば願いは叶うものです。

まずはうさぎ座にいるラブジョイ彗星

201412271

SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX HSM(70mm F3.5)、EOS 60D、ISO1600、2分×3枚、SmartEQ Proでノータッチガイド、Photoshopで現像、RAP2でダーク減算、SI7でコンポジット、フラットエイドでフラット補正、Photoshopで色調調整、ちょっとピンぼけでした。

双眼鏡ではすぐに見つかりました。肉眼では見えると言えば見えるかな、といったところ。この日は出かける寸前まではどこにいるのかも知りませんでした。skameさんに教えていただきました。ありがとうございました。

この日の狙いは冬の天の川付近と「ある物」。ついてから30分くらいすると雲が西から押し寄せてきました。このあと雲は出たり消えたりでしたが、0時頃になって消える気配がなくなったのでそこで撤収です。「ある物」はたぶん失敗です。雲で思うような結果になりませんでしたが、まあ冬場の収穫としてはそこそこかなと。残りも早く処理したいのですが年賀状も作らなければなりません。正月にのんびりやりたいと思います。

| | コメント (10)

2014年12月24日 (水)

P・R・E・S・E・N・T

だったらいいな・・・というお話です。

Img_0722

こんなものが我が家に来ました。MacBook Pro 13インチ Retina Core i7 16GBメモリ 1TB SSDという最高スペックマシンです。値段は締めて30万円なり。

クリスマスプレゼントならいいんですが、お客さまに納品するのでセッティングのため開封させていただいたものです。わずか一日だけのユーザーでした。Retinaすごいですね。ドットが見えません。本来27インチモニターの解像度を13インチに凝縮しているので、普通のモニター用にデザインしているソフトはマジで文字が見えない。虫眼鏡持ち出しました。いーなー欲しい。でもパソコンで出来ることって3万円と30万円で10倍違う訳でもないし、ちょっと自分にはもったいないかな。これだけのお金があったら高級レンズ買うか、フルサイズデジカメか、冷却CCDか、赤道儀のほうを買うでしょうね。でもどれ買うか迷ってなにも買わず貯金してしまいそうです。貧乏性です。

| | コメント (2)

2014年12月22日 (月)

今日は冬至

今日は冬至です。星屋的には今日を境に夜が短くなるのであんまりいい日じゃないですかね。今朝も降りました。確か夕べの天気予報では海岸地方は最大10cmの降雪と言っていたはず。20cm以上あります。

Img_0719

重い雪なんでなかなか車を出すのが大変のようです。息子の車が出られないと起こされました。でも着替えている間に何とか脱出できたようです。家にいるときでも数台の車がもがいている音が聞こえました。

街を走っていると時々雪を道に投げている人がいます。ちょっと腹が立ちますが、考えてみると私も昔はそうしていました。といっても30年以上も前、豪雪地でのことです。向こうは消雪パイプが完備しているので、道に出しても勝手に消えてくれます。車が踏んづけるのも雪消しの効果がありますのでみんな出していたと思います。車乗っている自分でもあんまり気にしませんでした。ですので私以上の歳の人はたぶん抵抗感ないのだと思います。でも今となってはやっぱり迷惑ですね。もうしません。

しかし毎日よく降りますね。今年は里雪が多い。山も多いようですけど。気象庁は暖冬予報を撤回しないようです。でも別に当たらなかったからってペナルティがある訳じゃないしね。今までって当たっていたのでしょうか。50%以上なら当てにはなります。50%以下なら逆と取ればいいのでこれも当てになります。50%なら予報しないほうがいいってことですよね。星ネタがないと雪ネタにならざるを得ないですね。でもこれで記事が書けちゃうと言うところが雪国の強みでしょうか。

| | コメント (2)

2014年12月19日 (金)

撮り納めかな

夕方のコメントには今年はもう晴れることはないのでは、とか書いてしまいましたが、職場を出るとき空を眺めたら満天の星ではないですか。GPVとか予報は曇りですが、高気圧が真上に来ているので晴れそうな気もしていました。案外予報よりも単純に天気図を頼りにしたほうがいいのかもしれません。

昨日と同じところに行ってみました。

Img_0716

晴れとはいえども薄雲混じりです。透明度も昨日より悪い。せっかくの新月期ですが遠征するほどでもないです。

Img_0715

まあ、でも昨日よりは雲も少ないし、だいたい満足です。来週は月もだんだん大きくなるし、加えて冬型も強まりそうなので今年はこれが撮り納めということになりそうです。

中越のほうは夕方よく晴れたようです。

Img_0710

そちら方面のかたはきっと素晴らしい星空に恵まれたのではないでしょうか。

Img_0704_stitch

こんな雲の隙間からカノープスが見えればいいな、と思うのですが弥彦山はもう登れません。

| | コメント (4)

2014年12月18日 (木)

冬型強まる

強い冬型が続いています。こんな気圧配置のときは山間部で大雪になっても新潟市では結構晴れ間も出ることがあります。とはいっても雲が強風で吹き飛ばされてできた晴れ間みたいなものですが。

Img_0703

あんまり星空にお目にかかれないと禁断症状で1個2個の星が見えただけでも写真撮りたくなってしまいます。

Img_0698

透明度は抜群でしたね。割と光害地ですが、結構暗い星まで写っています。

寒風吹きすさぶ中、いたのはほんの5分くらいですが、寒かったー。家に帰ったときはもう雪がちらついていました。

| | コメント (8)

2014年12月17日 (水)

グーグルマップで日食が見える・・・らしい

興味深いネットの記事を見ました。グーグルマップでは日食の時に地球に落ちる影をシミュレーションしている・・・らしいです。

Google_map

これは2013年11月3日の金環日食のようです。

出ていたサイトはここです。上の画像もここから拝借しました。

http://appllio.com/column/20130530-3660-new-google-maps-eclipse

グーグルマップでは日にちの設定ができず、パソコンの時計で見ています。パソコンの時計を変更して起動してみました。しかしSSLサーバー証明書の有効期限が切れている、といってブラウザが警告を出します。無視してグーグルマップを開いても地図が表示されません。近年はセキュリティが大変厳しくなっており、パソコンの時計が合っていないとネットができないようです。ちなみにこの記事は去年のものです。去年はそれほど厳しくなかったのかもしれません。

ただ、どうもネタっぽい気もします。イースターエッグの一つでこの記事の2013年だけのをシミュレーションしているだけのような気もします。

となるとこれを実際に試すのは次の日食の時です。地球レベルでいうと2015年3月20日の皆既日食です。日本時間で19時10分。グリーンランドの東に月の影が移動する様子が見える・・・かもしれません。

| | コメント (0)

2014年12月13日 (土)

やっとできた

10月8日の皆既月食のまとめがやっとできました。

2014100810_2

面倒なんで時間の表示はなし。写真を縮小して並べるのも面倒なのでフォルダを開いてサムネイルをキャプチャしました。

PowerPointのファイルにもしましたのでご興味のあるかたはこちらからダウンロードしてください。

http://www.hoshimi.halfmoon.jp/luna_eclipse.pptx

なんとか今年中に終わりました。とうに旬は過ぎていますが、記録だけは残さないと。

今日は一日雪でした。山沿いも降ったようで、山雪と里雪が同時に降るのってかなり珍しいことだと思います。来週もずーっと雪だるまです。再来週のクリスマスあたりが新月期なのでサンタさんはプレゼントに星空をくれないでしょうか。

| | コメント (2)

2014年12月11日 (木)

マザーシップ光臨

新潟市中央区にマザーシップが降り立ちました。

Img_0686

近くで見ると結構ド迫力です。本当に未知との遭遇に出てくるようなUFOの母艦が降り立った感じ。クリスマス時期のイルミネーションが大流行ですが、こういうちょっと変わったものは好きです。

やっぱりこれは星景がらみにしたいですね。しかし今後1週間は雪続き。そのあともどうなることやら。撮り納めも難しいかもです。星ネタでない話題が続きそうです。

| | コメント (0)

2014年12月10日 (水)

ヒキョーな夕焼け

夕焼けの写真って誰でも撮ります。写真に興味がなくてもそこに居合わせればスマホとかで必ず撮ります。なにも苦労しなくても自然がお膳立てしてくれた美しい色がそこにあります。シャッター押せば誰でも名カメラマンになった気分が味わえます。夕焼けはヒキョーです。苦労せずに会心の一枚を投げつけてくれます。でもそれでいいのか・・・

Img_0690

とかいいながらやっぱり写してしまいます。カメラ趣味ならなにか工夫しろよ、と自分に問いかけて海岸を後にしましたとさ。

| | コメント (4)

2014年12月 9日 (火)

補正してみました

今月号の天ガを立ち読みしていたらこんな記事が目に止まりました。

広角レンズで星を撮ると四隅が流れてしまいます。私のTOKINA AT-X116 PRO DX 11-16mm F2.8はそれが顕著に出ます。初めはジャンクレンズゆえの不良かと思いましたが、考えてみれば四隅を引き伸ばして樽型をまっすぐにしているのですから当然のことと思い受け入れることにしました。天ガの記事によるとこれは周辺減光補正?のためだとか。あんまりよく理解できませんが、要するに避けられないそうです。で、補正するならこうしろと言うのが載っていましたのでやってみました。

補正前

201410187

補正後

2014101871

Photoshopのフィルターの広角補正で遠近法を選びます。適当にスライダーを動かして四隅の星が点になるようにします。まあ、もともと樽型を引き伸ばして真っ直ぐにしたのを元に戻すということですね。ちょっと樽型はいただけません。トリミングしちゃうとせっかくの広角の恩恵がなくなりますし、私は四隅が伸びてもいいです。これなら最初から魚眼使います。でも魚眼はソフトフィルター付かないんですよね。う~ん・・・

今日久々にヨドバシ見てきました。欲しいレンズがたくさん。しかしいいレンズって高いんですね。どれも欲しいけど、どれか一つと言われると選べません。お金がないときは物欲も湧きません。

| | コメント (4)

2014年12月 8日 (月)

フォトショップ雲

フォトショップ雲(Cumulus Photoshopppus)という言葉があるそうです。雲の写真をことさら画像処理で強調してドラマチックに見せたものらしいです。

こんな感じ?

Img_0683_1

元画像はこんなものです。

Img_0683

実は私もちょくちょくやります。学術的意味があるのならいけないことなのでしょうが、私の場合観賞用ですのでまあいいかなと。珍しい雲の写真集を図書館で借りて見ているのですが、フォトショップ雲否定していました。でもある程度画像処理しないと見栄えしないですよね。どこまでならいいのでしょう。この話題になると天体写真のねつ造問題にまで及びそうなので適当に聞き流してください。

| | コメント (6)

2014年12月 6日 (土)

一夜明けたら

夕べ帰宅したときはごくうっすらと積もっていた程度。しかし一晩でこんなになってしまいました。

Img_0681

積雪30cmだそうです。前シーズンは一冬通してもこれだけ積もったことがありませんでした。12月初旬でこれですから先が思いやられます。昨日村上に行くのにまさかと思いましたが念のためにスコップを積んで出かけました。でも1%だって使うことはないだろうと思っていました。ましてや新潟市で使う事なんて100万分の1も思いもしませんでした。用意のいいことに長靴とオーバーズボンまで積んでいます。こういう事があると自分では予知能力があるのでは、と思ってしまいます。一汗かいて車を出しました。これからはもうスコップ、スノーブラシ、長靴常備です。運転も危ないし、車駐めるのも大変だし、燃費も下がるし、あ~やっぱり雪ってやだな~

| | コメント (4)

2014年12月 5日 (金)

北へ出張

今日は珍しく村上まで仕事です。週間予報で雪マークだったので今週初めにタイヤを履き替えました。普通は1回くらい降ってから替えるのですが、雪の降る地域なので危ないなと。行きからすでに新潟バイパスあたりから積もっています。新発田から高速に乗るつもりでしたが、渋滞して遅れるとまずいので亀田から高速に乗りました。村上あたりは20cmくらいありそうです。除雪車が出ています。仕事先は朝日まほろばインターを降りたあたり。一面銀世界です。仕事を終え、車に戻るとフロントガラスに雪が。スノーブラシ持ってきてよかった。ついでに長靴も。

せっかくなので帰りがてら雪景色でも撮ってみました。

Img_0673

ここは某新潟県の有名な風景写真家の方が撮られていた小山。星景にいいなと思っての下見でしたが、雪でその写真家の方が撮った場所に行くことができませんでした。結構面白い作品になりそうです。雪が溶けたら来てみたいです。

こちらはモノクロで仕上げてみました。

Img_0676

墨絵のようです。雪国育ちの私でも雪って美しいと思います。新潟県の人間が雪をきれいと言いにくい雰囲気があるのは好きではありません。結構災害をもたらす気象現象って美しいものが多いと思うんですが、そう思うのっていけないことなんですかね。

新潟に戻ったら雪はほとんどありません。確かに雪は降ると困るし、生活するにはイヤですが、全く降らないとなにか物足りないのは雪国育ちの血なのかもしれません。

| | コメント (6)

2014年12月 4日 (木)

真似てみました

2015年の天文年鑑が発売されました。アストロアーツの星空年鑑もでました。どちらの表紙にも見覚えのある月食の写真。思った通り沼澤さんの写真でした。今までにない月食の写真なのですぐにわかります。ブルーバンドをきれいに見せるのが今後の流行になるでしょうね。

私も真似てみました。

201410080

結構近づけたと思います。暗い空で透明度が良くないとなかなかこのグラデーションは出ないと思います。今回は運がよかったです。来年は春なのでこんなにきれいに出ないかもしれません。

講演会のとき質問コーナーでどうやってあの写真撮ったのか、質問しちゃいました。わかりやすく教えていただきました。要はHDRですね。HDRという言葉は使いませんでしたが。何枚の写真使ったのかと尋ねたらたった2~3枚だそうです。ちょっとこれは意外。もっと何枚も使うのかと思いました。ならば私も露光変えて何枚か撮っていたので出来るはず、と処理したのがこれです。イメージ通りになりました。

とうとう冬になっちゃいました。しばらく星空は拝めそうにありません。このブログもネタなしが続くかもしれません。なにか書かないと・・・

| | コメント (6)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »