« ぎんなんの里へ | トップページ | ライトアップ銀杏 »

2014年11月21日 (金)

山岳遠望

今日はよく晴れました。冬に入る前、1回くらいある天が授けた快晴です。遠くの山々はもう雪景色。滅多に見られない山も見えました。

鳥海山

201411211

新潟からは160km、超遠望の部類に入ります。年に数回くらいしか見ることができません。手前の温海岳をよく間違えますが、雪の時期だと見つけやすいです。

月山

201411212

こちらは110km、あまり遠くないですが、雪をかぶっていないと見つけにくいです。今の季節だと最も探しやすいです。海岸沿いの夕日ライン青山あたりを通っていると正面に見ることができます。

小柴山

201411213

まあ、つまりは粟島です。約60km、結構近いですが霞んでいます。今日は海ほど視界が悪かったです。飯豊連峰もよく見えましたね。西区の国道からよく見えたのですが、こっちはちょっと仕事で急いでいたので撮れませんでした。miniBorg 45EDⅡに1.4倍テレコンバータを付けて撮影しました。グリーンフラッシュ狙いで車に積んだのですが、そっちは夕方雲が出てきたのでだめでした。まあ、仕事と重なったのでどのみち撮れなかったのですが。スチャラカ社員ですが仕事もしないとね。

|

« ぎんなんの里へ | トップページ | ライトアップ銀杏 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

いいですね。遠望。はやりこの時期雪をかぶってくると
見つけやすいです。
 当地は「白山」遠望ですが直線距離200kmくらいでしょうか。昔、近所のカメラマニアが撮影していたのでそれ以来、年に数回挑戦しています。今年は5月にかろうじて成功していますが、PM2.5の影響で快晴でも不調に終わることがあります。

投稿: satelight57 | 2014年11月22日 (土) 10時21分

こんばんは。
この日は飯豊山がよく見えました。
まるひさんのところからは日本海越しに鳥海山が見えるのですね。亀田からは村上の海沿いの葡萄山塊に隠れて見えません。かなり前のことですが、新潟山岳会が作った新潟市から見える山の展望図を見せてもらったことがあります。それには鳥海山が見えると出ていて半信半疑だったのですが、本当だったのですね。
昔は透明度の良い晴れた日が多かったのかなー。

投稿: skame | 2014年11月22日 (土) 21時01分

satelight57さん
そちらでは白山は遠望の対象なのですね。
satelight57さんも山望趣味がおありですか。私も少しそちらの興味があり「山に登らない山好き」としてちょっとはまり込んだことがあります。
200kmは超遠望ですね。先日も京都から富士山が見えたと話題になりましたが、見えたときのうれしさは格別でしょうね。

投稿: まるひ | 2014年11月23日 (日) 20時49分

skameさん
飯豊山は山肌が見えるくらいよく見えました。透明度抜群でしたね。こっちの写真も撮りたかったですが、取り損ねました。少し時間があったので日和浜の展望台に行けばよかったです。
私はいつもこのページを参考にさせていただいています。
homepage3.nifty.com/shin123/
この日の飯豊連峰の写真が載っていますね。「新山座同定法」に出てくる「まるひ」は私です。

投稿: まるひ | 2014年11月23日 (日) 21時13分

星景写真も風景写真の一種と考えています。高校生のころ
立山や白山および大山に登ったことがあり、山岳写真を心がけていました。しかし果たせず今日に至っています。
 毎年冬になると「南アルプスに1週間逗留して写真を」と願い出てますが大蔵大臣は許可しません。

投稿: satelight57 | 2014年11月24日 (月) 19時04分

satelight57さん
星景写真も風景写真でしょうね。
技術も重要ですが、なにより感性も大事だと思います。歳を取ると感性がにぶるといいますが、いつまでも風景に感動する心を持ちたいですね。
本格的な山岳写真は撮ったことがありません。車で行けるところしか登ったことがないので本当の山の美しさは知らないのだと思います。山好きな友人が近くにいれば連れて行って貰いたかったのですが、そういう友人も現れず今日まできました。あ、1回だけ学生時代、登山する友人に富士山に連れて行って貰いました。そのい経験だけが私の宝物です。

投稿: まるひ | 2014年11月24日 (月) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぎんなんの里へ | トップページ | ライトアップ銀杏 »